NANA(5)

「NANA」19、20、21 

518qlf12kyl__sl500_aa240_51ch4s4qpll__sl500_aa240_5164k5soncl__sl500_aa240_

「NANA」19、20、21 矢沢あい

 バレンタインデーの日、タクミはレイラからチョコをもらう。
 義理チョコかと一度は受け取ろうとしないが、
彼女が「タクミがこれを受け取ってくれなくても、もう寂しさに負けたりしないもん。
 あたしにはタクミが認めてくれた歌があるから」と言ったので、振りかえり受け取る。
 そのまま部屋から出て行こうとするタクミの背中に抱きつくレイラ。「もう強がりも疲れた」
 レイラを抱きしめながらタクミは言う。
 「レイラ、おまえはおれにとって、誰より特別な存在なんだよ。ただの愛人の一人に成り下がる気か」…
 「なりたい…」二人は口付けをする。

 レンは薬中がひどくなり、薬が切れると手が震えるようになる。

 シンは保釈で出て来る。「今度こそ本気でがんばって、きっとレンを越えてみせる」とナナに言うシン。
 しかしシンにはレイラにまで構う余裕は無かった。
 「大人になっても、もしまだ好きでいられたら、その時は迎えに行きます。約束は出来ないけど」
とタクミに伝える。

 タクミはレンの薬の症状がひどくなったのを知り、レンに薬を与えた社長成田を殴り、ナナに「レンを永遠に失いたくなかったら、今はそばにいろ」と言う伝言を伝えてもらう。

タクミはレイラの部屋に行き、シンが大人になるまで待ってやれと言う。
 しかし彼女は「会えないと寂しくて死んじゃう!」と泣き、タクミが「おれが死なせねえよ」と彼女に口付けし、」そのまま抱きしめて…。

 現代。タクミとナオキとレイラとタクミとハチの息子レンはロンドンにいる。
 レイラは歌えなくなっていたが、蓮のギターでなら歌えていた。

 蓮はハチの生まれて来る子のために皐(さつき)と言う名前を考えてくれる。

 東京に逃げてきた美里を詩音が保護する。

 蓮がトラネスを抜けようと思うとタクミに言う。
 薬のこともあるし、ナナに「あたし以外の女に曲なんか書かないで!」と言われた事も気になっていた。

 レイラは自分が失踪する事で、レンを休ませようとする。

 週刊サーチの倉田がナナの母親上原美鈴に美里のいる場所を教える。
 美鈴は空広(たかひろ)に連絡、しかし空広は美鈴に迎えに行かせる。

 美里は記者の嫌がらせだけでは無く、お兄ちゃんが取られるのが嫌で家出したのだった。
 その事を詩音に話し、彼女は喜んでくれる事をしていけばいいと言う。

 レンはレイラを迎えに行く。

 美鈴は美里を迎えに行く。

 レンは黒猫をナナに見間違え、雪道でもありスリップして、事故る。ノブは誰かのギターの音を聞く。
 週刊サーチの三宅と菅原が追いかけていたが、二人は自分達のせいにされるのが怖くて、
通報しないで逃げる。
 デスクの工藤に電話をかけた倉田がレンの自宅を見張る事を命じられ、行く途中でレンの事故車を発見する。
 社長からタクミに連絡が行く。タクミはヤスに知らせる。ヤスがナナに伝える。

感想:ハチの子供がどちらも超可愛い。特にレンは大きくなったらブイブイ言わせそうな…。
 ノブ、もう音楽はやらないの?美雨とヤスはいまだに付き合っている。良かった。
 なんとナオキには娘が出来たらしい。倉田さん、好み。やっぱり素直が一番と言うお話ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NANA」 16~18

「NANA」矢沢あい 16~18


512p3pkggzl__sl160_aa115_51k9ospduql__sl160_aa115_51pbugou74l__sl160_aa115_

 倉田はイギリスでナナを見つける。
 金髪にしていたが、蓮の刺青がしてあり、左手の薬指にはダイヤの指輪が光っていた。
 ナナはバーで歌っていた。しかし倉田は工藤にはナナが見つからないと報告を入れる。

 ブラストのファンクラブのイベントに上原美里が来る。それを聞いた都筑舞は困った顔になる。
 その様子に篠田美雨が事情を聞く。
 美雨が舞の代わりにイベントに行くが、
そこでヤスとは長年の友人で彼女がいる事も聞いていると言う詩音に出会う。
 美雨はヤスに美里ちゃんが大阪の上原美里をナナちゃんに近づけないようにと言っている事を知らせる。
 事情は話してくれなかった。

 倉田は奈々に匿名でナナの写真を送る。そこにはAGORADという看板を掲げた店の写真もあった。

 舞は真相をヤスに話す。彼女の祖父は都筑物産の社長、都筑源一郎で、彼女はお爺ちゃん子だった。
 祖父が亡くなった時はショックで、祖父の使っていた部屋に引きこもり、そこで日記を見つけた。
 祖父はナナの祖母の愛人だった。その日記でナナに興味を引かれ、ライブに行き、恋に落ちた。
 祖父はナナの母親が祖父に当てた手紙も残していた。舞はナナの妹の名前を知っていて名乗っていたのだ。

 ナナの母親の事が週刊誌に載る。上原美里の家にマスコミが来る。
 奈々は実家にいたが、ナナの所に駆けつける。
 ファンクラブが美里の兄に事情を聞くと、一時的にマスコミから避難するため父親は妹夫婦の所にい、
美里もその岡山にいた。
 一緒に帰ろうと言ってもいやや言うそうだ。彼には仕事があった。母親は逃げた。

 倉田はテープも送っていた。そこでしゃべられている言葉はイギリス英語。奈々は今着付けの仕事をしていた。 ノブは旅館に戻っていて、ライブハウスも経営していた。
 娘の皐は今実家にいるが、息子のレンはイギリスのタクミの所に行っていた。ギターばっかり弾いてるらしい。
 シンは俳優をしていた。連ドラの主演とか。美里ちゃんはシンのマネージャー。

 真一はひさしぶりに実家に帰り、自分の部屋が親父によって図書室に替えられてしまった事を知る。
 シンは凌子って女の人の部屋でマリファナをやっていた所を現行犯逮捕される。

 美雨はタクミに詩音て女知ってる?とカマをカケル。タクミはその事をヤスに話す。
 ナナはソロ活動をする事を決意する。ブラストはしばらく活動できないから。美雨、ヤスから詩音の事を聞く。

感想:16巻にはノブの、18巻にはタクミの話が載っている。
 ノブがいくら無視されてもあきらめずナナに話しかけたのには感動。
 タクミの困った考えが今は治っている事を願う。レイラと愛しあってるんだから、レイラとくっつきなよ!
 ナナが生きてて、歌ってて、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NANA」13~15

「NANA」13~15矢沢あい

 シンがレイラと付き合ってる事がタクミにばれる。ノブは香坂百合(本名 松本朝海)と付き合い始める。

 大阪の浪速ラジオの生放送ゲストに呼ばれるブラスト。
 ナナのファンの上原美里とその友、シンのファン、藤本千景は
ブラストに会って手紙渡せないかと浪速ラジオ前に行く。
 そこでブラストの筋金入りのファンで、ファンクラブ会長みたいな存在の詩音に出会う。
 彼女はヤスの女と噂されていた。詩音は美里達の手紙をちゃんとブラストに渡してくれた。
 美里のナナの格好をしてみた写真はナナに似ていた。

 偽上原美里、本名都築舞は四海コーポレーションの社員になる。
 ノブは百合が一週間行方不明になっている事をヤスから聞く。
 彼女はノブとはメールで連絡を取っていたが、その事は話していなかった。
 彼女が仕事を止めたいと騒ぐたびに男に逃げられていて、それでノブには話さなかったらしい。
 彼女は契約金二千万で四海と2年間AVに出続ける契約を結んでいて、後半年残っていた。
 彼女は男に貢いではすっからかんになって寮に戻っていて、契約金もすでに使っていた。違約金は四千万。

 本城レンとレイラは気晴らしに故郷までドライブに行く。

 四千万なんてとても払えないノブはあと半年がんばってやり遂げる姿をちゃんと見届けてやるよと
朝海を説得する。
 「そのあとは、朝海一人ぐらい食わせてやれるようにおれもがんばるから」

 週刊SEARCHのカメラマンがレンとレイラの仲良さそうな写真を撮り、それをナナに渡す。
 そしてデスクの工藤はトラネスが所属している会社の社長成田に連絡を入れる。
 タクミがうまく話を運んで、自分とハチ(奈々)の事を取材させる代わりに、
レンとレイラの写真は載せないと言う事になる。
 タクミとハチは婚姻届を出す。

 ヤスは美雨と付き合い始める。

 レイラはシンとの関係がばれた時の影響の大きさを考え、シンと別れる。

 ナナにとって、やはりレンとレイラが抱き合っている写真はショックだった。
 レンは防波堤に引き上げただけだと説明するが、彼女は「あたし以外の女に曲なんか書かないで!」叫び、
その後過呼吸になる。
 レンはヤスに言われた通りにキスをして自分の呼吸を送り込む。

感想:はい、今だにレンは薬をやっています。困りましたね。コカインでしょうか。
 彼はレイラに自分のナナに対するやばい独占欲を告白。しかし独占欲ならナナの方がひどかった。
 ヤスはしっかりしているので最高に甘えさせてくれますが、ナナはレンが好きなので、
ヤスを自分の物にしておくのは不可能です。
 でも、ヤスが離れるのは耐え難いのね。ヤスだけじゃなく、いろんな人が自分から離れるのが耐えがたい。
 ヤスだってハチだってナナが一番なんだけど。でも側にいてくれないなら、寂しいわね。
 ハチがタクミと入籍したと聞いて、サングラスの後ろでショックを受けているナナ。
 偽上原美里ちゃんは、本物の上原美里ちゃんとナナの関係を知った上で、上原美里と名乗っていたのね。
 ばれたらヤバイんじゃないかな。しかし、ものすごい、調査能力。
 単なる友達関係でも、一々悪意で書き立てられるのは辛いわね。まあ、私も、ゴシップ、好きだが。
 シンちゃんとレイラの関係は確かにばれるとやばい。困ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NANA 11

「NANA 11」矢沢あい ☆☆☆☆

 ブラックストーンズはみんなで所属事務所の寮に移る。
 寺島伸夫の隣の部屋はAV女優の香坂百合で大崎ナナは無理矢理部屋を替えさせる。
 ハチを取り戻せと言うナナにノブはあいつの事はあきらめたと言う。
 ハチとどう繋がればいいかわからないナナはショックを受け、体の調子がおかしくなる。
 ノブはナナの異状に高木泰士を呼ぶ。
 「大丈夫だ…。心配するな…。ずっと付いててやるから…。おれはどこにも行かねぇよ…」
とナナを抱きしめながら言うヤス。
 その様を見た女性が過呼吸ではないかと言う。
 彼女美雨(ミュー)は売れない女優で、ノブの隣人、彼女も過呼吸になる事があった。
 病院に行ったナナは医者に不安を訴える。医者は一度精神科に見てもらうと良いと言う。
 ショックを受けるナナ(彼女は過呼吸がどういうものか知らなかった)。
 待合室で待っていたノブは「先生 何て?」てきく。「やっぱり頭がおかしいって」と笑顔で言うナナ。
 後ろから諸星銀平ちゃんが殴る。「あんたは人よりデリケートなだけよ。別におかしな事じゃないわ」
 ナナは軟弱な自分が嫌いだった。

 ナナ達のゲリラライブ。ナナはメールで小松奈々に知らせる。
(しかしノブのパンクな格好は実態を知ってるだけに似合わないと思っちゃう)

 生放送の歌番組「ミュージクスタジオ」にブラックストーンズとトラップネストが出る事になる。
 ナナの控え室には本城蓮がいた。レンはナナにプロポーズする。
 それには無理と言い、皆の所に行ったら、
レンがナナの控え室から出てくるのをヘアメイクの森尾美加さんが見ていて、皆にばれる。
 ヤスが動揺するどころかレンを心配しているのを見て、
ナナはヤスはあたしよりレンとの絆の方が強いんだと感じる。

 ハチがブラックストーンズのみんなを花火大会にメールで誘う。取材を断り行く事にするブラスト。
 ハチは行く途中でお腹が減りジャクソンバーガーに入る。そこには遠藤章司がいた。
 複雑な思いを抱え、ブラストのみんなに会いにいけなくなるハチ。

感想:週刊SEARCHのヘッド、
工藤さんがナナの母親らしき人物の前に現れたという事は母親の事が世間でクローズアップされるっていう事? それがショックでナナ失踪とか…。しかしナナは危なっかしい。レンもマリファナやってるし…。
 煙草もハッパも止めた方がいいに決まっているが、頼ってしまう精神状態なのだろう。
 ナナは自分で勝手に孤独にしている。それだけ幼少期の事がショックで、人を信じきれない。
 ハチが何にも気にせず、ナナの所に入り浸れば良かったんだけど、ハチもそこまでがさつでは無いわね…。
 ヤスもノブも岡崎真一も良い感じの奴らなんだが…。
(シンちゃんも危ない感じだが、ナナよりは大丈夫かな?乗り越えてくれ!
大変な人にガンバレと言うのはまずいか。共感の方が良いのか)

Nana 11
矢沢 あい
集英社 (2004.8)
通常24時間以内に発送します。

関連サイト
あとむの正直日記
+アイノトビラ+ ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NANA ナナ」10巻

「NANA ナナ」10巻 矢沢あい ☆☆☆☆☆
Nana (10)りぼんマスコットコミックス...

 ナナはハチと連絡を取ろうとするが、ハチのマンションのセキュリティーにはばまれて取り損なう。

 ナナとレンのツーショット写真が撮られ、スキャンダルになる。
ナナがブラストを売り出すためにレンを利用したみたいに書かれ、記者を殴ったヤスも悪口を書かれる。

 ブラストのデビューが決定!ナナ達は合宿する。

 ナナが心配です。前巻では精神状態がかなりやばかったナナですが、大丈夫でしょうか。
ハチはいつでもナナの味方(信者)なんだから、ハチと連絡取り合って楽しくやっていけないのかな。
ハチをナナから奪ったタクミがどうしても耐えられないかな。

 「NANA」には数々の切ないというか、キュンとする場面があってたまりません。ハチの幸福家族は良いですね。
お姉ちゃんの「じゃあ道を踏み外さないように神様が音楽の才能を与えてくれたのかもね」というセリフは私も嬉しかったです。
タクミは良い奴とはお世辞にも言えませんが、割と正直に「一番は仕事。
それがおれの脳みその9割以上を占めてて他は全部おざなりだ。」と言う所なんか好きです。
顔も良いし…。レイラに向かって「キミが世界で一番最高~とは思っているけど?」と言うセリフについては微妙です。私もレイラだったら「私なんか歌えなきゃ何の価値も無い」と思ってしまいそうで…。

 本当は皆に幸福になってもらいたいですが、そういうわけにはいかないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

あいくるしい(2) | あの日 昭和20年の記憶(12) | がんばっていきまっしょい(3) | アイ’ム ホーム(5) | アガサ・クリスティー・ドラマ(3) | アニメ(13) | エンジン(4) | ゲド戦記外伝(2) | コナン・ドイルの事件簿(3) | コミック(14) | タイガー&ドラゴン(3) | チャングムの誓い(5) | テレビ(19) | デスパレートな妻たち(2) | デュラララ!!(4) | ナショナル・ジオグラフィック(4) | ノエイン(8) | ハゲタカ(6) | ヒストリエ(2) | ヒミツの花園(5) | ファン・ジニ(5) | フルメタル・パニック TSR(2)  | フルーツバスケット(9) | ブリーチ(5) | ベルセルク(3) | ホーンブロワー(3) | マクロス・ゼロ(4) | モンスター(36) | ラストエグザイル(7) | ラピスラズリ(2) | ラブ・シャッフル(2) | 不機嫌なジーン(8) | 交響詩篇 エウレカセブン(37) | 京極夏彦(3) | 修作 | 太王四神記(16) | 好みのイケメン写真 | 学園アリス(20) | 安房直子(3) | 小説「あ~こ」(18) | 小説「さ~と」(10) | 小説「な~わ」(17) | 山本周五郎(2) | 携帯・デジカメ | 攻殻機動隊 2nd GIG(12) | 攻殻機動隊 S.A.C(13) | 救命病棟24時(6) | 新選組!(3) | 映画「あ~い」(10) | 映画「う~お」(11) | 映画「か~こ」(7) | 映画「さ~し」(13) | 映画「す~そ」(9) | 映画「た~と」(12) | 映画「な~ほ」(17) | 映画「ま~よ」(11) | 映画「ら~わ」(7) | 映画・テレビ | 武家用心集(3) | 百鬼夜行抄(2) | 絶対少年(26) | 絶対彼氏(7) | 自分のための文章 | 華岡青洲の妻(4) | 蟲師(2) | 超初心者のココログ奮戦気(3) | 輝夜姫(6) | 逃亡者(4) | 野ブタ。をプロデュース(9) | 鋼の錬金術師(8) | 電脳コイル(26) | 風人物語(4) | 黒塚(8) | BLOOD+(41) | GOTH-リストカット事件(2) | H2(7) | NANA(5)