逃亡者(4)

逃亡者 第11話

「逃亡者」第11話 9月26日☆☆☆☆

 警察に追い詰められる永井(江口洋介)。真犯人は郡司(別所哲也)と国枝(加藤浩次)だった。

 しかしそこに八木(近藤芳正)が現れ、郡司と国枝を逮捕しようとする。
八木と一緒に峰島(阿部寛)や尾崎カオル(水野美紀)も現れた。
藤堂ナツミ(黒川智花)の違法な移植手術の事がばれたのだ。国枝は拳銃で自殺する。

 永井は看護師長(片平なぎさ)によって匿われていた陸(鈴木宗太郎)と再会する。

 永井は淳子(戸田菜穂)の墓参りに行く。
そこで淳子の患者に出会い、その子から淳子がうさぎと喧嘩していたという話を聞く。
その頃、峰島とカオルも事件に疑問を抱いていた。

 淳子が喧嘩していた相手は淳子の父来栖慶介(原田芳雄)だった。来栖こそ事件の黒幕だった。
来栖が移植手術をしたのだ。淳子は父親を告訴しようとしていた。峰島やカオルも現れ、来栖は逮捕される。

 実の父親が娘を殺す。病院がそんなにも大事だったんでしょうか。
今の御時世、確かに良い小児科病院は貴重です。でも娘を殺すほどのものかどうかは疑問です。まあ、お話だし。

 楽しんで見てました、このドラマ。
最終回はやっと見ましたが、9話、10話を見てなかったりするいい加減なドラマ好きです。

ぱぱの背中
「逃亡者」のことならこちらのサイトかと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃亡者 第8話

「逃亡者」第8話 9月5日放映 ☆☆☆☆

 永井(江口洋介)は峰島(阿部寛)から「陸(鈴木宗太郎)を返して欲しくば、
約束の場所へ来い」というメールを受け取り、心当たりの場所へ行く。
そこは峰島の子供を殺した少年(伊藤隆大)が一人で峰島にあやまりに行ったはずの場所だった。

 心当たりの場所、倉庫には峰島がいず、携帯電話が鳴り、出たら峰島だった。
峰島に少年というだけで、殺人犯なのに手厚く保護される理不尽を説かれる永井。
永井は少年は殺すつもりは無く、充分な殺傷力があるくせに、
花火程度の威力と書かれていた悪意有るホームページを信じて作ったんだと言う。
少年は充分後悔していたと。

 永井は突然誰かに冷蔵庫に閉じ込められる。意識を失いそうになった時、峰島が助けに来る。
峰島は永井の息子を攫っていず、峰島もメールで呼び出されたのだ。
倉庫の入り口には誰かがいて銃で撃ってきて、なかなか外には出られない。
ついに火を投げ込まれ、倉庫の荷物に火がつく。なんとか外に出る二人だが、峰島は重症を負う。
 
 その様子を遠くから見つめる田所(田中要次)。田所からの電話を受けた人間は長い髪をしていた。

 ウワー!!前回書いたのを削除したいです。恥ずかしいです。間違ってました。

 峰島、犯人一味じゃ無いんですね。
前回展開が無理があると書きましたが、都留さんは末期癌で自暴自棄の逆恨み、
田所は誰かさんに頼まれて、自分も恨みがあるからやったと言うならば無理では無いと思います。
二人義手の男が関わっているというのは無理っぽいけど、現実には偶然があるからいいや。
黒幕の誰かさんは永井より院長関係で永井の奥さんや陸君を狙ったんだと思うし…。
(ああ、又恥をかきそう…)

 とりあえず峰島が犯人じゃなくて良かったです。峰島、最後まで生き残ると信じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃亡者 第6話

「逃亡者」第6話 8月15日放映 ☆☆☆

 北海道に行った男が犯人らしいので永井(江口洋介)は北海道に行く。

 義肢造りの会社で永井は尾崎カオル(水野美紀)につかまる。
手錠をかけられカオルが警察に連絡を入れようとしたら、
後ろから義肢の男都留(遠藤憲一)に殴られ、意識を失う。
永井も同様に殴られ、意識を失い、別のところに引っ張られる。

 男は永井のせいで人生が駄目になったと言い、自分は末期癌だと言う。
永井の妻淳子(戸田菜穂)を殺したのは自分だと言い、一生逃亡しろと永井に言って自殺しようとする。
永井はそれを止めようとし、都留ともみ合いになる。そこに銃声が響き、都留は撃たれて死ぬ。

 カオルがその場に着いた時、都留の死体のほかは誰もいなかった。
そこにはライフル銃の弾丸と峰島(阿部寛)が噛んでいたのと同じガムの紙が落ちていた。

 次の次の回は見ちゃったので
(順番に見たかったんだけど、この日は裏がジュード・ロウのインタビューだったんです)
展開はある程度分かっている。
義肢の男で永井に恨みを持つ男が二人もいるのは無理があるとは思う。
て言うか逆恨みで人殺しに加担する人間があんなにいるとは思えない。
でも、ドラマのサスペンスって大概無理目の展開になるような…。
峰島も永井に恨みを持ってたなんて…。
てっきり「モンスター」(Monster (1)ビッグコミックス)のルンゲ警部みたいに最終的には味方になってくれると思っていたのに~。

 どうも各サイトを見ると今の段階でも最終的な犯人はわかってないみたいだ。
わたしゃ郡司(別所哲也)が怪しいなんて最初思っていたが(根拠は何も無い)ホントは誰なんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃亡者 第4話

「逃亡者」第4話 8月8日放送 ☆☆☆☆

  永井(江口洋介)は殺された弁護士が残したリストに載っていた人々を調べる。
隠れ家で出会った保護観察中の少女咲(長澤まさみ)が協力してくれた。

 浮かび上がった怪しい人物を追って、永井は北海道に旅立つ。

 私、てっきり咲は犯人に協力しているんだと思ってた。違うんだね。

 今回カオル(水野美紀)と峰島(阿部寛)が永井の言う真犯人がいる事を信じ始めている。
峰島は「レ・ミゼラブル」のジャベールみたいに最後までしつこく(粘り強く)追いかけるのかと思ってた。

 もちろん、このドラマはアメリカのドラマ「逃亡者」の翻案だ。
ジェラードと言うしつこい(粘り強い)警部もいる。怪しい片腕の男も…。

 このドラマの元になった人は確かお医者さん。
結局、亡くなった後、息子がDNA鑑定(?)をして、無実を証明した。
(検察は当時現場は混乱していたし、確かじゃないと言っている
Cinema Clip
妻を殺した犯人の半分は夫だという。だからどうしても夫は疑われる
。日本でも夫が逮捕されてしばらくして、結局犯人は妻の愛人といったケースがあった。

 アガサ・クリスティに無実はさいなむという話がある。
真犯人を捕まえるより大事な事は、無実の人を有罪にしないことと書いている。確かにその通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あいくるしい(2) | あの日 昭和20年の記憶(12) | がんばっていきまっしょい(3) | アイ’ム ホーム(5) | アガサ・クリスティー・ドラマ(3) | アニメ(13) | エンジン(4) | ゲド戦記外伝(2) | コナン・ドイルの事件簿(3) | コミック(14) | タイガー&ドラゴン(3) | チャングムの誓い(5) | テレビ(19) | デスパレートな妻たち(2) | デュラララ!!(4) | ナショナル・ジオグラフィック(4) | ノエイン(8) | ハゲタカ(6) | ヒストリエ(2) | ヒミツの花園(5) | ファン・ジニ(5) | フルメタル・パニック TSR(2)  | フルーツバスケット(9) | ブリーチ(5) | ベルセルク(3) | ホーンブロワー(3) | マクロス・ゼロ(4) | モンスター(36) | ラストエグザイル(7) | ラピスラズリ(2) | ラブ・シャッフル(2) | 不機嫌なジーン(8) | 交響詩篇 エウレカセブン(37) | 京極夏彦(3) | 修作 | 太王四神記(16) | 好みのイケメン写真 | 学園アリス(20) | 安房直子(3) | 小説「あ~こ」(18) | 小説「さ~と」(10) | 小説「な~わ」(17) | 山本周五郎(2) | 携帯・デジカメ | 攻殻機動隊 2nd GIG(12) | 攻殻機動隊 S.A.C(13) | 救命病棟24時(6) | 新選組!(3) | 映画「あ~い」(10) | 映画「う~お」(11) | 映画「か~こ」(7) | 映画「さ~し」(13) | 映画「す~そ」(9) | 映画「た~と」(12) | 映画「な~ほ」(17) | 映画「ま~よ」(11) | 映画「ら~わ」(7) | 映画・テレビ | 武家用心集(3) | 百鬼夜行抄(2) | 絶対少年(26) | 絶対彼氏(7) | 自分のための文章 | 華岡青洲の妻(4) | 蟲師(2) | 超初心者のココログ奮戦気(3) | 輝夜姫(6) | 逃亡者(4) | 野ブタ。をプロデュース(9) | 鋼の錬金術師(8) | 電脳コイル(26) | 風人物語(4) | 黒塚(8) | BLOOD+(41) | GOTH-リストカット事件(2) | H2(7) | NANA(5)