コナン・ドイルの事件簿(3)

暴かれた策略

「暴かれた策略 The White Knight Stratagem」コナン・ドイルの事件簿 MURDER ROOMS 第5話 ☆☆☆☆☆
制作:アリソン・ジャクソン(Alison Jackson)演出:ポール・マーカス(Paul Marcus)脚本:ダニエル・ボイル(Daniel Boyle)音楽:ジョン・ラン(John Lunn)撮影:ピーター・シンクレア

  工場らしい場所。階段の上から下にいる男に向かって叫ぶ女。女は手すりに乗り出し、そのまま落下する。

 ベル教授(イアン・リチャードソン Ian Richardson 声:勝部演之)に呼ばれてケンブリッジにやって来たドイル(チャールズ・エドワーズ Charles Edwards 声:森田順平)。
ある貴族の息子が殺されたのだが、犯人がなかなか捕まらず、ベル教授が借り出されたのだ。
しかし捜査陣にはベル教授が以前手厳しく非難したダニエル・ブレイニー警部補(リック・メイオール Rik Mayall 声:磯部勉)が居、
ベル教授は二人の間の緩衝材になって欲しくてドイルを呼んだのだ。

 貴族の息子を殺したのは物取りと思われていた。
しかし現場に落ちていた高価な手袋には煙草の臭いが染み付いていたが、被害者は煙草を吸わず、
手袋は犯人の物だとベルは推測する。
つまり犯人はそれなりにお金を持っている人物で、物取りでは無い。
ドイルが両方の手袋に焼け焦げがあることから、手袋の持ち主は両手が利き、
外でしか煙草が吸えない人間と推理する。

 被害者に恨みを持つ者。
被害者は高利貸しで、アリシア・クレインという女性が被害者から借金をして返す事が出来ず、
工場も家屋敷も取り上げられて、自殺していた。
アリシアの家政婦に被害者に恨みを持ちそうな人物のことを訊くと、アリシアには恋人がいたらしいと言う。

 しかしベル教授は被害者の共同経営者が両手利きで、家で煙草を吸う事を奥さんに禁止されていた事を知り、
共同経営者が怪しいとにらむ。
しかし共同経営者には動機が無い。

 ブレイニーはアリシアの関係者による犯行を主張し、共同経営者に護衛を付けるべきだと主張する。
ベル教授はその必要は無いと言う。副長官はベル教授の意見を受け入れ、護衛は付けない事にする。

 ベル教授は被害者の部屋を調べて、ホテルからの手紙を発見する。被害者は共同経営者の妻と浮気をしていた。

 共同経営者の家に行くベル、ドイル、ブレイニー。共同経営者が殺される。

 これはホームズの鹿撃ち帽のルーツ話かな。
ベル教授がドイルの弟イネス(Ben Macleod)にプレゼントしてます。

 師弟の感情の行き違い&絆の深さが興味深く、ドイルの推理力向上が嬉しい話。
かつてはチェスの名手だったが、今は廃人同然のブレイニーの妻。
その妻に話しかけながら食事をさせるブレイニーが哀しいです。あのベル教授が一杯食わされるところでした。
いくらなんでもひどすぎると思います、やり方が。ベル教授、何も悪い事してないんだから。

 手袋、盗まれたのかもと思いましたが、どう見ても物取りの犯行に見せかけてるのに、
それは無いかと思ってました。
ベル教授目当てなら納得です。実に巧妙ですね。えらいぞ、ドイル!!(えらいのは脚本家です)

 磯部勉さんの声が素敵です。チェスで出会う男女というシチュエーションもナイスです。

 最後に敬意を込めてイアン・リチャードソンについて。1934年4月7日エジンバラ生まれ。
1983年にテレビシリーズでホームズやってます。
「未来世紀ブラジル」、「ダーク・シティ」、「フロム・ヘル」、「ゴーメンガースト(TVシリーズ)等々色々出てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惨劇の森

「惨劇の森 The Patient’s Eyes」コナン・ドイルの事件簿 MURDER ROOMS 第2話 ☆☆☆☆☆
脚本:デビッド・ピリー(David Pirie)監督:ティム・フィウェル(Tim Fywell)撮影:クリス・シーガー 音楽:ジョン・ラン

 森の一本道を自転車で走る女性。森のはずれには首吊り用の柱。女性が後ろを振り返る。
ナズグルみたいな格好の奴が(顔が見えん)自転車で追って来る。スピードを上げる女性。

 ポーツマスの駅に降り立つドイル(チャールズ・エドワーズ Charles Edwards 声:森田順平)。
学友のターナヴァインが一緒に診療所をやらないかと誘ったのだ。診療所には「診療代は頂きません。
薬代だけ頂きます」という紙が貼ってある。
ドイルが患者を診て、薬は要らないから良いものを食べて栄養を取れとアドバイスする。すると友達が怒る。
薬代でかせいでいるのだ。

 週に一回の有料の日。ミス・ヘザー・グレイス(ケイティ・ブレイク Katie Blake 声:森永明日夏)が現れる。
彼女は時々目がかすむのだ。
そして彼女は森で自転車にのった顔が見えない人間に追いかけられる事をドイルに話す。
彼女は両親を殺人鬼イアン・コートレーに殺されており、彼女自身も当の森の中に裸足で逃げた過去があった。
そして彼女は良くイアン・コートレーの夢を見る。おかげで周りの人間には妄想と思われていた。
ドイルはヘザーが一人、森の中を自転車で行くとき、森を張る事にする。誰もいなかった。

 友達が自分の患者を獲ったとドイルを責める。ドイルは一人で診療所を開く事にする。

 ドイルは又森を張る事にする。今度はナズグル野郎が現れる。しかしドイルがちょっと目を離した隙に見失う。

 ドイルがヘザーの事を手紙に書いたのでベル博士(イアン・リチャードソン Ian Richrdson 声:勝部演之)が来る。

 ヘザーは間もなく両親の遺産を受け継ぐ予定だった。グリーンウェルと言う先生が彼女に求婚していた。

 ドイルは又森で張るが結局ナズグル野郎を見失う。夜、ドイルは森の近くの空き家の二階に人影を見る。
屋敷に入るドイル。窓辺にひるがえる布を見て、窓辺に近づく。後ろから押されて窓から落ちる。

 ヘザーが現在身を寄せている叔母夫婦の家に行くドイルとベル教授。
叔父のコレクションは電気うなぎ(多分)とかタランチュラとか蛇とか怪しい生物ばかり。
叔父の外套はあのナズグル野郎と同じものだった。

 自ら志願して例の道の見張りをやっていたターナヴァインの助手ベインズ。
そのベインズが森に生き埋めにされていた。

 ドイルとベル教授はグリーンウェルに会いに行く。
ヘザーと両親が住んでいた屋敷、イアン・コートレーが両親を殺した惨劇の屋敷に今夜来てくれれば、
ヘザーに私が必要な証拠を示すと言うグリーンウェル。
屋敷に行ったら争う声がして、二階に上がったらグリーンウェルは血を流して倒れていた。不審な影を追うドイル。
反対にやられてしまう。

 ヘザーがいなくなる。

 グリーンウェルが持っていたメモ帳にあった「一つの愛」という文。そして木に刻まれた文字。
ベル教授は森を探索する。森には資材置き場に通ずるトンネルがあった 。
ヘザーを手ひどく振ったという海軍の男ホーラー。彼がナズグル野郎だったのだ。
しかしベル教授にはまだ気になる事があった…。

 面白かったです。イギリスのドラマは私の好みです。もちろん時代の雰囲気が良く出ています。

 ヘザー役のケイティ・ブレイクはジュリエット・ビノシュ似の美人。ドイルは彼女と良い雰囲気になるのですが…。
ホームズの女嫌いのルーツはこれだと言う話なのかな。

 第一話の「ドクター・ベルの推理教室」のドイル役のロビン・レイン(Robin Laing)。ヘイゼルの瞳。赤毛。
177センチ。1976年2月16日生まれ。既婚。息子一人。その他の情報は下記のサイトで
Robin Laing - The Actor (not the folk singer)
結構ハンサムだったので、補足です。イアン・コートレー役の方も誰だか知りたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

死者の声

「コナン・ドイルの事件簿 Murder Rooms」死者の声 The Photographer’s Chair ☆☆☆
制作:アリソン・ジャクソン 演出:ポール・マーカス 脚本:ポール・ビリング 音楽:ジョン・ラン 撮影:ピーター・シンクレア

 まだエルスベスを失った悲しみから立ち直ったとは言えないアーサー・コナン・ドイル(チャールズ・エドワーズ 声:森田順平)は通りでエルスベスを見る。
エルスベスを追いかけ、男に襲われている女性をエルスベスと重ねて見てしまい、男と争い、
留置所に入れられるドイル。
ワーナー警部(?)によって出され、港で見つかった変死体の検死解剖を頼まれる。
警察医のイボットソンは具合が悪く休んでいた。 
死因は絞殺による窒息死だが、指の跡は無く、ロープによるものでも無い。死体は顔をつぶされていた。

 ドイルの下宿にジョセフ・ベル博士(イアン・リチャードソン 声:勝部演之)が現れた。
又変死体が出、ワーナー警部に呼ばれたのだ。以前のは中年の女性の死体だったが、今度のは男の死体だった。どちらにも首の後ろにあざがあった。

 女性の身元が判明、身内は兄のエルキンスだけだった。エルキンスに容疑がかかる。

 イボットソンの死体が発見される。

 エルキンスは容疑を晴らすために、降霊術で妹に話してもらうので、ぜひ来てくださいとドイルとベルに言う。
ドイルは降霊術に出席、そこでエルスベスを見、気をつけてと警告される。

 イボットソンの死体には写真で使う液体が付いていた。ここポーツマスには一人有名な写真家がいた。

 コナン・ドイルが晩年、降霊術にはまっていたのは有名である。
これはなぜドイルが降霊術にはまったのかという話だ。 
最後のシーン、私はゾッとしたが、ドイルにとっては嬉しい事なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あいくるしい(2) | あの日 昭和20年の記憶(12) | がんばっていきまっしょい(3) | アイ’ム ホーム(5) | アガサ・クリスティー・ドラマ(3) | アニメ(13) | エンジン(4) | ゲド戦記外伝(2) | コナン・ドイルの事件簿(3) | コミック(14) | タイガー&ドラゴン(3) | チャングムの誓い(5) | テレビ(19) | デスパレートな妻たち(2) | デュラララ!!(4) | ナショナル・ジオグラフィック(4) | ノエイン(8) | ハゲタカ(6) | ヒストリエ(2) | ヒミツの花園(5) | ファン・ジニ(5) | フルメタル・パニック TSR(2)  | フルーツバスケット(9) | ブリーチ(5) | ベルセルク(3) | ホーンブロワー(3) | マクロス・ゼロ(4) | モンスター(36) | ラストエグザイル(7) | ラピスラズリ(2) | ラブ・シャッフル(2) | 不機嫌なジーン(8) | 交響詩篇 エウレカセブン(37) | 京極夏彦(3) | 修作 | 太王四神記(16) | 好みのイケメン写真 | 学園アリス(20) | 安房直子(3) | 小説「あ~こ」(18) | 小説「さ~と」(10) | 小説「な~わ」(17) | 山本周五郎(2) | 携帯・デジカメ | 攻殻機動隊 2nd GIG(12) | 攻殻機動隊 S.A.C(13) | 救命病棟24時(6) | 新選組!(3) | 映画「あ~い」(10) | 映画「う~お」(11) | 映画「か~こ」(7) | 映画「さ~し」(13) | 映画「す~そ」(9) | 映画「た~と」(12) | 映画「な~ほ」(17) | 映画「ま~よ」(11) | 映画「ら~わ」(7) | 映画・テレビ | 武家用心集(3) | 百鬼夜行抄(2) | 絶対少年(26) | 絶対彼氏(7) | 自分のための文章 | 華岡青洲の妻(4) | 蟲師(2) | 超初心者のココログ奮戦気(3) | 輝夜姫(6) | 逃亡者(4) | 野ブタ。をプロデュース(9) | 鋼の錬金術師(8) | 電脳コイル(26) | 風人物語(4) | 黒塚(8) | BLOOD+(41) | GOTH-リストカット事件(2) | H2(7) | NANA(5)