« 女王ヴィクトリア2 愛に生きる S2Ep3 Warp and Weft 別れのワルツ | トップページ

女王ヴィクトリアS2Ep4 父の罪( The Sins of the Father)

父の罪ってアルバートの死んだ、困った父親の事かと思ったら、なんと、叔父上が、自分がおまえの父親だと言ってきやがった。

アルバート、ショック!

叔父上の息子のお相手はスペインの王女で、アルバートの兄の方のお相手は、あまりお付き合いしたくない感じの、家柄的にも落ちる感じで、アルバートの結婚相手はイギリスの女王である事を考えれば、実子とそうでないのとで、区別してるのではないか疑惑が…。

シーズン1見てないので、どういう経緯でアルバートがヴィクトリアと結婚したのかがわからないが。

ヴィクトリアは産後うつで、実の母親は、赤ん坊のそばにいないヴィクトリアをなじるが、ヴィクトリア付きのえらい女性が、自分も産後うつだったと、彼女に寄り添ってくれたので、救われた。

スケレットが、あの貧困で苦しんでいるいとこに、宮殿に入ってきた泥棒について話したらしく、いとこ、その情報を新聞社に話して、アルバートが宮殿の情報を話した者を探せと命令し、追い詰められる。

高い時計とかを持っていたシェフの人が疑われて、スケレット告白。

ヴィクトリアは彼女を止めさせるが、その事を知らないアルバートが、彼女を引き止めたので、彼女、残ることができたのかな?

次回にも出るみたいだが。

しかし、赤ん坊は、神だな。

神々しい。

なんとなく、2001年宇宙の旅の、神のような、赤ん坊を思い出した。

表情がダ・ヴィンチの絵の人物のようで、ほんと、神!

« 女王ヴィクトリア2 愛に生きる S2Ep3 Warp and Weft 別れのワルツ | トップページ

カテゴリー