« 世界一のボス | トップページ | 穏やか?な日々 »

僕を食べるな

1378dff82e6b42a1aad0bde2408820ca

http://www.afpbb.com/articles/-/3035491?pid=15008547
僕は地球外生物。

エイリアンって言うと、なんか地球の人は敵対的な生物を思い浮かべるらしいから、
エイリアンとは言わない。

ちょっと地球に困った物を落としてしまったんで、今この男とお探し中。

その困った物は簡単に惑星を破壊できるものだから、それを手に入れようというエイリアン!もいて、
お探し&逃亡中。

なんで羊の姿をしてるかって、地上に落ちたら、羊しかいなかったんだ、周りに。

で、ここで、お探しに協力してくれる生物は小さめのものに弱いと聞いたので、子羊にしたんだ。

正解だったよ。こうやって運んでもらえる。

「正解じゃない!不正解だ!追ってるものはちゃんとスポーツ万能の人間に取りついたじゃないか。
おまえ、馬鹿?」

馬鹿じゃない。単に戦うのが嫌な平和的な地球外生物ってだけ。

惑星破壊の道具は好奇心で作っただけだよ。

「そんな馬鹿な理由か!やっぱ馬鹿!」

頭が良いから、作れたのに、こいつこそ馬鹿だ。

それにスポーツ万能の人間に取りつけばいいってもんじゃない。

現にあいつ、しょっちゅう食べ物に困ってる。

僕はエネルギーは独自調達できるように、その手の発明品も持ってきてる。

うふふ、僕の勝ちさあ。

「おまえを食べたい。お前は俺用のエネルギー調達はしていない」

それは…まあ…。なんとかなるって。サバイバー訓練受けてるんでしょ?

僕の発明品があれば、ばっちりさ。ほれ、歩け歩け。

でないと、地球破滅だよ?

「移動用の発明品は?」

ちょっとパニクッてたんで、忘れた。でも、君を調達できたし、楽勝楽勝。

「あ、来やがった。バズーカ砲持って」

では、竜巻!

「お前、物騒すぎる。早くその破壊物とやらを見つけないと…。」

物騒かなあ。でも、早く見つけるのは賛成。あと、2,3回山を登れば、その向こうにあるみたいだ。

がんばれ、運び屋。

「やっぱ、お前、後で食べるな」

|

« 世界一のボス | トップページ | 穏やか?な日々 »

自分のための文章」カテゴリの記事