« 主人公は僕だった(BlogPet) | トップページ | 写真色付け »

主人公は僕だった(BlogPet)

tyantyanの「主人公は僕だった」のまねしてかいてみるね

「何だって?今、何って言った?何なんだ。なぜだ。僕が死ぬ?おい!答えてくれ!いつ?すぐに?」ハロルドとわかっても数年休暇を素早く計算でくれと音を合計76回みがいた日常を降り、税金が彼、ファイルの金属片がバス置き場までバス!!
アイフルは来ない!!
私のバスの老人がしゃべる文学的表現を投げ出す人間を助けるための歩数もポップな行為になろう?
居場所は悪いが語った文字を入れてもらう♪
ヨコに残った少年をされるがバスのその水曜日までバスタブに歌われてる?当たり前だ気に座って仕事に抱き締められる!
ケイリー医師(アナの友だちの死を予告しなかったのギター?
不思議だ!
入院は語る、手紙を訴えて仕事へ。
ついに見つけただろうが近づくと聞く。
正しい判断が鳴った男性(ハロルド、転ぶ!
だ”“ひどい世間話も数年休暇を振る。
257個の夕方、希望を追い払おうぜ“人生を力を入れていてか足りなかった男性は言いながら足では本当に特別な習慣がアナーキーな夜の事もなかったダンボール箱を口にあらずに浸かりながら足を見失った時間に、フェンダーの話しかけに飛び込む教授)最後まで書いて押された教授から、映画の教授は知る由も昨夜の調査のため27ブロック分進んで原稿をするカレン・TomHulce)監督:主人公をエマ・エッシャー)の運転手を助け、甘いクッキーの箱に飛び出し、声のために歌われ動揺するアニメも昨夜の声は思った少年(アイフルがあまり良くなかったの書類を知りたい時13分きっかりに落ちる。

*このエントリは、ブログペットの「ちっちゃん」が書きました。

« 主人公は僕だった(BlogPet) | トップページ | 写真色付け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/45455360

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公は僕だった(BlogPet):

« 主人公は僕だった(BlogPet) | トップページ | 写真色付け »

広告

けんさく


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

カテゴリー

Blog People



見てます