« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

「学園アリス」14、15、16 

51fczwttgzl__sl500_aa240_51rh0xp7nxl__sl500_aa240_51rja3gsavl__sl500_aa240_

「学園アリス」14、15、16 樋口 橘

蜜柑達は6年生になる。新生徒会長の五島は「風紀隊」の設立を発表する。

 蜜柑達の教室に教育実習生として櫻野秀一と今井昴と山之内静音が来る。
 静音のアリスは音色のアリスで音で相手の心を操るアリスだった。
 蜜柑は彼らから風紀隊に絶対捕まってはいけない、彼らとも必要以上に接触するなと言われる。

 小泉月(ルナ)と言う転校生が来る。
 彼女はアリスを使うと体調に著しく影響を与えるタイプで彼女にアリスを使わせる事は禁止させられた。
 ルナは棗の隣の席に無理矢理座る。

 春の体育祭。赤は潜在系と特力系。白は技術系と体質系。危力系はどっちとも決まって無かった。
 棗は月の白組に行く。体育祭では各自三回までアリスを使えた。
 3回(スリーカウント)シールを胸に貼り、アリスが使われるごとに1段階点灯していき、3段階点灯すると、
自動的にアリス制御になる。

 蜜柑はクラスメイトに小泉さんがアリスを使おうとすると無効化で邪魔していると文句をつけられる。
 運動用具が突然暴れだし、蜜柑は月に用具室に引っ張り込まれる。
 蜜柑はそこでへたな事を言ったりしたりすると周りの人間に被害が及ぶと脅される。
 用具を念力で暴れさせてた子達が蜜柑に唆されてやったと言うが、
蜜柑にはそれを否定する事が出来なかった。
 蜜柑は風紀委員に連れて行かれる。しかし顔を自由に変える能力を持つ生徒会長の五島聖に助けられる。

 翼は危険能力系に移っていた。

 蜜柑は障害物競争に選ばれる。
 動くハードルは何とかクリアしたが次の玉乗りで思わず大きな玉に触ってしまし、そのままよじ登り、
怒涛の勢いで転がり、蜜柑は怪我したが、1位で次の人にバトンを渡す事に成功する。

 騎馬戦。白の代表は小泉だった。蜜柑を襲う人の中に味方のはずの紅組がいた。
 蜜柑は思わず盗みのアリスを発揮、彼らにかけられていた小泉のアリスを取る。
 蜜柑は小泉を襲い、小泉は蜜柑にアリスを使おうとして、
蜜柑が無効化、二人とも3回アリスを使ったので気絶する。

 風紀隊に反抗する者達が現れていた。彼らが使ったシャッフル香のせいで蜜柑達の人格が入れ替わる。
 時間が経てば戻るそうだが、その時のためにお互い近くにいなければいけない。
 しかし心読み君の姿をしたベアが勝手にどこかに行ってしまう。みんなで探しに行く。
 蛍は蜜柑の姿になっていた。
 それを知らない小泉が蜜柑が盗みのアリスを得たせいで大事な人がいなくなると言って来る。
 その後ベア姿の蜜柑がやってきて、蛍は「あたしたちの絆は一生モノ。
 何があっても」と言い、二人の魂が入れ替わる。心や体にショックな事があっても入れ替わるらしい。
 蜜柑の姿に戻った蜜柑は具合の悪そうな鳴海先生を見つける。ペルソナにやられたあざが広がっているのだ。 蜜柑は鳴海にかけられたペルソナのアリスを取る。ベアがそれを見ていた。

 ベアは蜜柑に自分の魂を取って要に返して欲しいと心読み経由で伝える。要の具合が悪いのだ。
 中等部に蜜柑の盗みのアリスを証明したら星階級が上がると言う噂が立ち、
蜜柑は中等部の生徒達に襲われるが、ベアが守ってくれる。
 しかし、大けがをし蜜柑が必死で繕う。要はベアに僕の命じゃなく希望を注ぎ込んだんだと言う。
 「僕の代わりに君達がとびはねてくれるたび、ベットの中で僕もとびはねることができた。
君達が笑うたび僕も楽しくなって、そして君達が愛されることで僕も幸せな気持ちになれる。
それが僕にとってどれだけの喜びかわかるかい?」
 蜜柑とベアは仲良しになる。

 今泉が言ったいなくなる大事な人とは蛍の事だった。

感想:笑えるシーンと感動シーンが両立するこのマンガ。佳境ですね。悪役はあの初等部校長。
 蜜柑のお母さんが何かをあの校長に埋め込んだらしい。それを取れるのは盗みのアリスだけ。
 蜜柑、ますますピンチ。しかし蜜柑を支援する動きも水面下で進行しているのが救い。
 ジンジン、やっぱりこっちの味方だったし。棗の体の具合が深刻そうで心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NANA」19、20、21 

518qlf12kyl__sl500_aa240_51ch4s4qpll__sl500_aa240_5164k5soncl__sl500_aa240_

「NANA」19、20、21 矢沢あい

 バレンタインデーの日、タクミはレイラからチョコをもらう。
 義理チョコかと一度は受け取ろうとしないが、
彼女が「タクミがこれを受け取ってくれなくても、もう寂しさに負けたりしないもん。
 あたしにはタクミが認めてくれた歌があるから」と言ったので、振りかえり受け取る。
 そのまま部屋から出て行こうとするタクミの背中に抱きつくレイラ。「もう強がりも疲れた」
 レイラを抱きしめながらタクミは言う。
 「レイラ、おまえはおれにとって、誰より特別な存在なんだよ。ただの愛人の一人に成り下がる気か」…
 「なりたい…」二人は口付けをする。

 レンは薬中がひどくなり、薬が切れると手が震えるようになる。

 シンは保釈で出て来る。「今度こそ本気でがんばって、きっとレンを越えてみせる」とナナに言うシン。
 しかしシンにはレイラにまで構う余裕は無かった。
 「大人になっても、もしまだ好きでいられたら、その時は迎えに行きます。約束は出来ないけど」
とタクミに伝える。

 タクミはレンの薬の症状がひどくなったのを知り、レンに薬を与えた社長成田を殴り、ナナに「レンを永遠に失いたくなかったら、今はそばにいろ」と言う伝言を伝えてもらう。

タクミはレイラの部屋に行き、シンが大人になるまで待ってやれと言う。
 しかし彼女は「会えないと寂しくて死んじゃう!」と泣き、タクミが「おれが死なせねえよ」と彼女に口付けし、」そのまま抱きしめて…。

 現代。タクミとナオキとレイラとタクミとハチの息子レンはロンドンにいる。
 レイラは歌えなくなっていたが、蓮のギターでなら歌えていた。

 蓮はハチの生まれて来る子のために皐(さつき)と言う名前を考えてくれる。

 東京に逃げてきた美里を詩音が保護する。

 蓮がトラネスを抜けようと思うとタクミに言う。
 薬のこともあるし、ナナに「あたし以外の女に曲なんか書かないで!」と言われた事も気になっていた。

 レイラは自分が失踪する事で、レンを休ませようとする。

 週刊サーチの倉田がナナの母親上原美鈴に美里のいる場所を教える。
 美鈴は空広(たかひろ)に連絡、しかし空広は美鈴に迎えに行かせる。

 美里は記者の嫌がらせだけでは無く、お兄ちゃんが取られるのが嫌で家出したのだった。
 その事を詩音に話し、彼女は喜んでくれる事をしていけばいいと言う。

 レンはレイラを迎えに行く。

 美鈴は美里を迎えに行く。

 レンは黒猫をナナに見間違え、雪道でもありスリップして、事故る。ノブは誰かのギターの音を聞く。
 週刊サーチの三宅と菅原が追いかけていたが、二人は自分達のせいにされるのが怖くて、
通報しないで逃げる。
 デスクの工藤に電話をかけた倉田がレンの自宅を見張る事を命じられ、行く途中でレンの事故車を発見する。
 社長からタクミに連絡が行く。タクミはヤスに知らせる。ヤスがナナに伝える。

感想:ハチの子供がどちらも超可愛い。特にレンは大きくなったらブイブイ言わせそうな…。
 ノブ、もう音楽はやらないの?美雨とヤスはいまだに付き合っている。良かった。
 なんとナオキには娘が出来たらしい。倉田さん、好み。やっぱり素直が一番と言うお話ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鋼の錬金術師」18,19,20

51j0iiw3ckl__sl500_aa240_51buzmc1xl__sl500_aa240__551tqodu4xtl__sl500_aa240_

「鋼の錬金術師」18,19,20 荒川 弘

  リザ・ホークアイはセリム・ブラッドレイがホムンクルスである事を知る。彼はプライド。

  ウィンリィ・ロックベルを人質に取られたエドワード・エルリックはゾルフ・J・キンブリーから命令を受ける。
キンブリーと行動を共にする事。スカーの捜索。後始末は

キンブリーにまかせる。ドクター・マルコーの捜索。これも後はキンブリー。ブリッグズに血の紋を刻む。

 プライドから自分の正体をばらさない事を厳命される。
「私はいつでもあなたを影から見ていますからね」
プライドは影に目や手があり、どこまでも広がるような形状をしていた。

 エドワードはウィンリィに彼女が人質である事を話す。
 ウィンリィはメンテナンスをしなけらばならないとエドワードについて行く。
 エドとアルは一緒についてきた者を撒く。ウィンリィはアルの中に入っていた。アルフォンスをメイが見つける。
 ついでにメイを助けにきたドクター・マルコーも発見。スカーはキンブリーの部下のキメラ2人に発見される。
 しかしその戦いにエド達が参入。キメラ2人を倒す。ウィンリィはスカーに攫われた事にする。
 キメラ達は仕事に失敗したのでキンブリーの所にはいられないからエド達につく。
 ウィンリィ、スカー、ドクター・マルコー、メイ、ヨキ、キメラ組は坑道を使ってブリッグズの砦に向かう。
 アームスロング少将がセントラルから呼び出しをくらう。
 砦に行く事は危ない事を疲れも知らない凍え死にもしない体を持つアルフォンスが知らせに行く。

 リザはロイ・マスタングに暗号でセリム・ブラッドレイがホムンクルスである事を知らせる。

 イズミ・カーティスの所に軍の使いが来る。しかし夫婦は旅行に行っていた。
 その軍人がグリードを連れて行った奴らだと気付いた元仲間のビドーはその軍人の跡をつける。


 過去、クセルクセス。フラスコの中の生き物が奴隷23号に話しかけて来る。彼の血を使って生き物は作られた。 フラスコの生き物は奴隷に名前(ヴァン・ホーエンハイム)を与え、知識を教えた。
 フラスコの生き物はホムンクルス(フラスコの中の小人)と呼んでもらった。
 奴隷は読み書き計算を生き物から教えられ、それを他の奴隷達に教えていた所を主人に発見される。
 奴隷は錬金術師の主人の助手になる。

 ホムンクルスの望みはフラスコから出る事。彼はフラスコから出ると死んでしまうのだった。
 王が不老不死になる方法をホムンクルスに聞く。彼はそのやり方を教える。
 要所要所の村人が全員殺され、水路と称してその村々が繋がれる。そして練成陣が出来上がる。
 儀式が行われるが、結果は王、重臣達だけでなく、国中の人間をホムンクルスが殺し、
彼はヴァン・ホーエンハイムそっくりな体を得る。
 ホムンクルスはヴァン・ホーエンハイム自身をも死なない体にする。

 ホーエンハイムはイズミに会い、彼女の体の症状を軽くする。
 そして自分その物が賢者の石である事を告白する。

 アルは無事、ウィンリィ達に出会う事が出来る。エドの隣にはブリッグズの者が入った鎧がアルを演じていた。
 キンブリーはブリッグズの者達が自分を狙っている事を感じていた。
 彼は逃げるが、その際、エドやキンブリーの部下のキメラ2人も巻き込んで建物を破壊する。
 エドは部下達を助けるが、自分は脇腹に鉄棒が突き刺さって重傷だった。エドは錬金術でとりあえず傷を治す。 キメラ達はキンブリーの下には戻らず。エドを医者に連れて行く。キメラは賢者の石を拾う。
 アルも又自分の体に引っ張られ、意識を失う。
 ウィンリィ達は、鎧を分解してそれぞれに分けて運んで行く事にする。工場の廃墟みたいな所でとりあえず休む。 メイ・チャンが研究書をバラバラにして、
無意味に多く使われている金とか不老不死を意味する語句の部分を重ねてみたらどうかと提案。
 出てきたのは賢者の石の国土錬成陣。国を救う物ではなかった。しかしアルがひっくり返したらと提案。
 錬丹術を組み込んで発動する新たなアメストリス国土錬成陣が出て来る。

 坑道を通っていたキンブリーはプライドからブリッグスに血の紋を刻む事を優先しろとの伝言を受ける。
 北のドラクマがキンブリーに唆され開戦宣言する。

 ウィンリィ達と行動を共にしていたキメラ、ザンパノがエンヴィーにドクター・マルコーの居場所を告げ口する。

 ドラクマの軍はブリッグズ軍に全然歯が立たなかった。
 キンブリーはその場に生き残ったドラクマ軍達を皆殺しにする。

 ザンパノの告げ口はエンヴィーへの罠。
 ドクター・マルコーは賢者の石の壊し方も知っていて、エンヴィーの沢山ある賢者の石を全部壊す。
 エンヴィーは大きめのミジンコ状の物に戻ってしまう。
 瓶に入れられたエンヴィーはメイに渡され、それを持って国に帰れば、死なないホムンクルスだから、
メイの一族は助かるかもしれないと言われる。
 メイは国帰る事にするが、みんなの事を思い、セントラルに戻る事にする。

 軍上層部に取り行ったオリヴィエは地下にある物を見せられる。人の形をした容れ物。
 戦場で魂を手に入れ、この容れ物に定着させ、死を恐れぬ命令のままに従う軍隊を作るつもりなのだ。

 アル達はリオールでホーエンハイムに出会う。

 ビドーはグリードに会うが、彼には昔の仲間の記憶は無く、躊躇なく殺す。
 しかし殺した後に、前世の思い出がよみがえり、混乱し、キング・ブラッドレイを襲う。

 ホーエンハイムはアルに自分やあのお父様と呼ばれるホムンクルスの事、
地下のトンネルにはプライドがいて危ない事を教える。

 エドは中央が自分を探している事を知り、ゴリラキメラのダリウスとライオンキメラのハインケルと一緒に逃げ、
アルがいそうな小屋に行くがそこにはアル達はいず、リンが表に出たグリードがやってくる。
 シンはお父様が来るべきその日に扉を開けるから
その扉に飛び込めばエルリック兄弟は体が元に戻るのではないかと言う。
 グリードが表に出て来る。ホムンクルスの仲間達の下に戻れないグリードに仲間にならないかとエドは誘う。
 手下になるならつるんでも良いとグリード。エドはグリードの手下になる。

 オリヴィエは両親や妹をバカンスに行かせ、アレックスと戦って家督を勝ち取り、家から追い出す。

 各地に散らばった仲間達にアルからのその日についての伝言が伝えられる。

感想:そろそろ佳境ですね。ホムンクルスにあの軍の重鎮達を不老不死にする気があるかどうか疑問です。
 あのロボット軍も作る気あるのかな。あればあったで、使いでがあるか…。エンヴィーがあんな姿に…。
 でかい姿も衝撃的でしたが、ちっこい姿も衝撃的。お父様、元は人間と思ってましたが、ホムンクルスでしたか。 しかし殺し過ぎ。エド達がどんどん仲間を増やしているのが嬉しい。エンヴィーといるメイちゃんが心配。
 でも、メイちゃんだから、大丈夫かな。ヒグマだかパンダだかもついてるし。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »