« 「ラブ・シャッフル」第4話 | トップページ | 「鋼の錬金術師」18,19,20 »

ラブ・シャッフル 第7話

「ラブ・シャッフル」第7話
脚本:野島伸司 主題歌:アース・ウィンド&ファイアー「FANTASY」演出:山室大輔

 「ええと、菊リンの恋人は、Oちゃんに似ている、ここまでは良いよな」「うん」「で、菊リンは男で、相手も、男」
 「あっ」「でことは、要するに菊リンは…」「うんっ」
 明かりがともり、「何してるの」と笑顔の菊リンこと菊田正人(谷原章介)。
 「ゲーイ!」とすごい形相で叫ぶ宇佐美啓(玉木宏)と逢沢愛瑠(香里奈)だったが、
「正確に言うとバイなんだ。どうしても女性がダメと言うわけでは無い」
 「あっ、あの、誤解しないでね、菊リン。あの私達別にそういうのに偏見とかあるわけでは無いからね、ウサ」
 「あっ、あのちょっと、驚いただけっていうか、はっ」

 ロビー。世良旺次郎(松田翔太)が菊リンにカメラの説明をしている。
 その様を中止するうさの耳を引っ張り「あんた、見過ぎ!」と注意を与えるアイアイ。「そう?気を付ける」
 「だから素人にも良い写真撮れるんだ。ホント最近のデジカメは」「芸が細かいから」
 ビールを吹いてしまう敏感すぎるうさ。「あっ知ってた?菊リン一輪車に乗れるんだってさ」
 「へえ、意外と芸達者なんだ」その言葉に吹くアイアイ。菊リン、論文を仕上げたいと部屋に去る。「お休み」
 「お休みなさい」「バーイ」とO。二人とも吹く。

 O次郎の携帯にはいつの間にかタラちゃんズのストラップが付けられていた。

 O次郎と香川芽衣(貫地谷しほり)のデートの横に大石諭吉(DAIGO)が。ストラップは盗聴器だった。
 芽衣のジョギングについていけない旺次郎。その横を諭吉の自転車が駆け抜ける。

 うさが早川海里(吉高由里子)を家に送ったらお父様(早川毅 美木良介)がいた。
 ボーリングをしたと言うと付き指をしていないか確かめ、
「娘はアーティストなんだ。この指は芸術を生みだす源なんだ。それをボーリングなどやらせて!」とうさ怒られる。 「アトリエに戻って絵を描くんだ」とパパ。「パパ、あたし絵を描くと頭が痛くなるの」
 「それは薬のせいだ。あの藪医者の薬は止めれば良い」「薬は飲んでない!」
 「良いから描くんだ。描いて描いて描きまくるんだ!」と引っ張っていく。

 芽衣と諭吉は夕陽を見て綺麗と思う。

Capture1

Capture2


 芽衣と旺次郎は二人で夕食を作り始める。
 芽衣が啓以外の気になる人の名前を言いそうになる。
 旺次郎がタラチャンズのストラップが邪魔だと水が溜まった残飯入れに捨てる。

 うさと旺次郎と菊リンで海里の父親についてお電話。菊りんによると母親は蒸発したらしい。携帯も禁止らしい。 恋愛禁止。海里は死にたがる原因は父親か。最近明るくなってきたと思わないと菊リン。
 旺次郎が原因では無いか。海里はただのペットだと旺次郎は主張。「ペットなら死んでも構わない?」と菊リン。 「鬼だね。飼えなくて捨てる無責任な飼い主」とうさタン。そしてその話は夜にでもと菊リンは会話を終わらせる。 目の前には海里。「うさタンはホントに良い奴だ。単純で扱いやすい。
 Oちゃんも口ではああ言ってるが、さて、本心はどうだろう」

 一緒に料理を作ろうとしているアイアイと芽衣。芽衣は啓と元に戻ろうかと思っている話をする。
 アイアイの顔色が悪くなる。アイアイ倒れる。めまいで倒れたそうだ。

 諭吉には上条玲子(小島聖)の夫に見覚えがあった。区会議員から国政選挙に立候補すると言う噂。
 玲子の父の選挙区を継いで。

 旺次郎はラブホテルから出てきた車に玲子の夫裕也(尾美としのり)と知らない女を見る。

 啓さえ良かったら結婚してくださいと言う芽衣。「そりゃもちろん」と言う敬。「でも、どうして急に?」
 「少し、大人になったんだと」「大人に?」「うん」「いや、結婚してくれるならこの際何でも良いんだけど」
 「何でも?」「あっ、ううん、ごめん。つまり、俺の方はいつでも、ウェルカムだったって事」
 「私のわがままで今までずっと振り回してホントにごめんなさい。
それにいい加減にしろ、おまえなんかもう良いと思わないでくれてありがとう」
 「思うはずないさ。だって、俺は、芽衣の事が…」その先が言えなくなっている啓だった。

 旺次郎と芽衣が運動場でデートしてる横には草むしりのふりをしている諭吉。
 なんと芽衣の気になる人の正体は諭吉。

 啓は海里のモデルをしていた。

 「啓はほら、小学校の体育の時間、みんなの前で見本で跳び箱を跳ぶ男の子。
カッコ良い!って女子みんなが憧れる。だけど諭吉さんは逆上がりの出来ない男の子。
放課後一生懸命練習してる」
 「そっちの方が妙に気になりだした」「たぶん相性なんだと思う。
競争率の高い人は最初は選ばれた感じがして気持ち良いけど、
自分も背伸びをしなくちゃいけないからだんだん疲れちゃう」
 「諭吉は疲れない?」「頑張って、ほらもう少しで出来るって…」「ちょっと上から目線だ」
 「ううん。私もダメな所が沢山あるから。そう言う所は下から目線」
 「二人して頑張れ頑張れって違う部分を励まし合える」
 「啓の時みたいなドキドキは無いの。ビビッとも来ない。だけど、なんかキュンッってする。可愛いなあって」

 啓は海里が不幸な環境にいると思うと複雑だと言う。来週誕生日と聞かせられたし。
 「旺次郎に言ったんだ、せめて誕生日まで側にいて見守ってやったらって。
お前しかいないだろ、あの子が恋してんなら。だけどあいつホントに冷たいって…」
 「しっ」と愛里。お父様が聞いていた。
 「誰なんだ、そのオウジロウと言うのは。海里、そんな奴のせいで絵が進まないんだな。そうなんだな!」
 「痛いよ、パパ」「止めてください、絵なんてどうだっていいじゃないですか」「君は芸術を愚弄するのか」
 「芸術なんてなくたって人は死にはしない。だけど愛が無きゃ人は死ぬんだ」「二流モデルが何を偉そうに」
 「俺はモデルじゃない」「じゃなんなんだ」「スーパーモデルだよ」

 愛瑠は菊リンに紹介されたイケメン亀井五郎(袴田吉彦)とデート。しかしデートを楽しめない。

 「あんた娘が菊リンのとこ通ってんだから、おかしくなってる事知ってんだろ!?
何度もリスカしてんのわかってって、嫌がってるのに絵を描けっておかしいだろ。
何が描いて描いて描きまくれだよ。自分の背中でも掻いてろってんだよ」
 「芸術家は色んな物を犠牲にするものなんだ」
 「娘を殺す気か。ゴッホみたいに自殺すれば値段が上がるって商売根性か」
 「私達親子の事は私達にしかわからないんだ。そうだろう、なあ、海里」「あんたなんかもう親父じゃねえんだよ。娘を殺そうとする親なんか他人以下さ。海里ちゃん、出てった方が良い。こんな家なんか出てってどっか…」
 「無いよ」「えっ」「行くとこなんかないよ」「でも」
 「ハハハ、わかっただろう。出て行くのは貴様の方だ。不法侵入で警察を呼ぶぞ」旺次郎が来る。
 旺次郎に行くとこあるだろと言われ、彼の隣に行く海里。父親はスケッチブックを持たせ二人を見送る。
 その後嬉しそうなお父様。妻は蒸発では無く、海里を産んで亡くなっていた。海里は何度も死のうとした。
 ただ子供の頃から絵を描いてる時だけは夢中で何もかも忘れたかのように夢中で、
だから父親は海里が絵を描いてる時だけは安心で…泣き始める父親。啓は俺達が死なせないと約束する。

 啓は芽衣と結婚する事になったと携帯で諭吉に報告。
 おまえどこで何してるのと聞く啓に、諭吉は「鉄棒の練習です」と答える。彼はグラウンドの真ん中にいた。

Capture6


 シューマイを食べながら一人出てきた海里に後ろから菊リンが抱きつく。
 「予定通りだね。うまく潜り込めた。父親の束縛か。そんな物タナトスとは何の関係も無い。
いずれにしろ君は死ぬ。そうだね?海里」彼女はうなづく。

Capture12


 啓は愛瑠を探してプールに行く。海里が旺次郎の家に居候する事報告したら「ばっかじゃない」と愛瑠。「はっ」  「ブロイラーのニワトリみたい。近場ですぐにひっついちゃってさ」「そう言う言い方すんなよ」
 「卒業って映画あったでしょ」「ああ。ダスティン・ホフマンの?教会から花嫁連れ去る奴」
 「あの二人、その後絶対別れたと思わない?その時は盛り上がったけど」「何だよ、それ。夢が無いな」
 「…夢なんか無いのよ!恋愛に夢も希望も無いの!そんなの最初だけよ」
 「どうしたんだよ、おまえ。菊リンも言ってたけど、ここんとこマジでおかしいぞ」
 「おかしいのはアンタ達でしょ。離れてくっついったって、安い磁石みたいに、ばっかじゃないの。
もっと自分を見つめなさいよ。時には一人で自分を見つめなさいよ!」
 「アイアイ…」「嫌い!みんな嫌い!ラブシャーなんか嫌い。…ウサなんて…世界で一番…大嫌い」
 愛瑠、うさにキスする。「ごめん」「ごめんって…」愛瑠、満月に気づく。満月だからおかしかったんだと。

感想:菊リンが黒い…。愛瑠が死に、旺次郎が傷つき、その心の隙間に入り込むつもりか。怖い…。
 愛瑠は啓への気持に気づき始めたらしい。で、諭吉は芽衣を物にすると。
 海里ちゃんが死んじゃうのは嫌だなあ。うさ、頑張ってくれ。

|

« 「ラブ・シャッフル」第4話 | トップページ | 「鋼の錬金術師」18,19,20 »

ラブ・シャッフル(2)」カテゴリの記事

コメント

アーティストって…なんだろう…?

投稿: BlogPetのちっちゃん | 2009.03.04 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/44236954

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ・シャッフル 第7話:

« 「ラブ・シャッフル」第4話 | トップページ | 「鋼の錬金術師」18,19,20 »