« 楽園 | トップページ | 走風火 »

ベルセルク 32 33

51xnp8zvhtl__sl500_aa240__351dh0kcjoal__sl500_aa240__3

「ベルセルク」32,33 三浦建太郎

 飛べるゾッドと有効な武器を持っているガッツはガニシュカに対して共同戦線を張る事にした。
 シールケからガニシュカの幽体は眉間にあると聞き、眉間を攻撃、霧の怪物を本体に後退させる。
 ガッツ達はロデリックの船に乗る。その船へ向かう小舟には爆睡していたアザンも乗っていた。

 ヴリタニスはクシャーン兵の大群に囲まれる。しかし鷹の軍が現れ、その進軍は止まる。
 ガニシュカはグリフィスに霧を払われ、なす術も無い。しかし霧になってしまうガニシュカを捕える術も無い。
 グリフィスは「決戦は王都にて。いかがか?」と言う。

 グリフィスは我らが国土に足を踏み入れる軍はすべて解放軍指揮官である我が命に従っていただくと言う。
 ミッドランド正規軍を名乗るグリフィスに異を唱える亡命貴族達。
 ミッドランドでは正規軍は貴族が率いるものだった。しかし実際に戦ってきたのはグリフィス達。
 しかも彼はシャルロット王妃も連れていた。彼女は彼を婚約者でミッドランド正規軍総司令官に任命したと言う。 しかしヴァンデミオンがこの戦はミッドランド一国の戦にあらず、
法王庁強圏国家群とクシャーンとの互いの神の名を冠した聖戦で、
国家の枠を越え法王猊下のもと戦いに臨むことこそが真の大義ではありませんかなと問う。
 しかしそこに法王猊下が現れ、天啓が下った事、すべてこの御方のよきに計らえと宣する。

 ファルネーゼはシールケの指導により幽体離脱する。

 王都。子供達が夢の話をする。月が見えなくなる夜に霧が晴れる。
 霧が晴れたら朝まで安全なのでその間に都から逃げろ。

 ガニシュカはグリフィスを超えるため、魔子宮、人造のベヘリットに入る。
 あふれ出た霧は触れた生き物全てを吸収していった。霧が晴れ、ラバンは動けぬ病人も含めて都脱出を図る。 獄舎に向かう生きている人間は誰もいない。
 しかし囚われていた女性達は鉄格子に目張りをして霧の脅威から逃れていた。
 そこらには中身がからっぽのクシャーンの兵装。ラバンはこれらを街の人達に着せて正面脱出を図る。
 門の所で部隊名と所属名を聞かれ、窮地に陥るが、
ジャリフと言うクシャーン人の鷹の団の工作部隊の者が来て助けてくれる。

 ガニシュカは巨大な化け物になる。

感想:グリフィスがガニシュカに負けるとは誰も思っていないでしょう。心配なのはガッツ達です。
 鎧さんも険呑だし。妖精達が力になってくれる事を願います。
 あんな化け物軍団に勝つのは無理としか思えません。
 ラバンさん達、良い人達なので、無事生き残る事を願います。本当にきついお話だ。
 ああ、シャルロットとアンナも無事でいて欲しいんだが。

|

« 楽園 | トップページ | 走風火 »

ベルセルク(3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/43360534

この記事へのトラックバック一覧です: ベルセルク 32 33:

« 楽園 | トップページ | 走風火 »