« 御稜威 | トップページ | 神楽村 »

「NANA」 16~18

「NANA」矢沢あい 16~18


512p3pkggzl__sl160_aa115_51k9ospduql__sl160_aa115_51pbugou74l__sl160_aa115_

 倉田はイギリスでナナを見つける。
 金髪にしていたが、蓮の刺青がしてあり、左手の薬指にはダイヤの指輪が光っていた。
 ナナはバーで歌っていた。しかし倉田は工藤にはナナが見つからないと報告を入れる。

 ブラストのファンクラブのイベントに上原美里が来る。それを聞いた都筑舞は困った顔になる。
 その様子に篠田美雨が事情を聞く。
 美雨が舞の代わりにイベントに行くが、
そこでヤスとは長年の友人で彼女がいる事も聞いていると言う詩音に出会う。
 美雨はヤスに美里ちゃんが大阪の上原美里をナナちゃんに近づけないようにと言っている事を知らせる。
 事情は話してくれなかった。

 倉田は奈々に匿名でナナの写真を送る。そこにはAGORADという看板を掲げた店の写真もあった。

 舞は真相をヤスに話す。彼女の祖父は都筑物産の社長、都筑源一郎で、彼女はお爺ちゃん子だった。
 祖父が亡くなった時はショックで、祖父の使っていた部屋に引きこもり、そこで日記を見つけた。
 祖父はナナの祖母の愛人だった。その日記でナナに興味を引かれ、ライブに行き、恋に落ちた。
 祖父はナナの母親が祖父に当てた手紙も残していた。舞はナナの妹の名前を知っていて名乗っていたのだ。

 ナナの母親の事が週刊誌に載る。上原美里の家にマスコミが来る。
 奈々は実家にいたが、ナナの所に駆けつける。
 ファンクラブが美里の兄に事情を聞くと、一時的にマスコミから避難するため父親は妹夫婦の所にい、
美里もその岡山にいた。
 一緒に帰ろうと言ってもいやや言うそうだ。彼には仕事があった。母親は逃げた。

 倉田はテープも送っていた。そこでしゃべられている言葉はイギリス英語。奈々は今着付けの仕事をしていた。 ノブは旅館に戻っていて、ライブハウスも経営していた。
 娘の皐は今実家にいるが、息子のレンはイギリスのタクミの所に行っていた。ギターばっかり弾いてるらしい。
 シンは俳優をしていた。連ドラの主演とか。美里ちゃんはシンのマネージャー。

 真一はひさしぶりに実家に帰り、自分の部屋が親父によって図書室に替えられてしまった事を知る。
 シンは凌子って女の人の部屋でマリファナをやっていた所を現行犯逮捕される。

 美雨はタクミに詩音て女知ってる?とカマをカケル。タクミはその事をヤスに話す。
 ナナはソロ活動をする事を決意する。ブラストはしばらく活動できないから。美雨、ヤスから詩音の事を聞く。

感想:16巻にはノブの、18巻にはタクミの話が載っている。
 ノブがいくら無視されてもあきらめずナナに話しかけたのには感動。
 タクミの困った考えが今は治っている事を願う。レイラと愛しあってるんだから、レイラとくっつきなよ!
 ナナが生きてて、歌ってて、良かった。

|

« 御稜威 | トップページ | 神楽村 »

NANA(5) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/43199412

この記事へのトラックバック一覧です: 「NANA」 16~18:

« 御稜威 | トップページ | 神楽村 »