« PLUTO 3~5 | トップページ | ブラッディ・マンデイ 第1話 »

働く女はすっぴん!?日本VS中国お仕事バトル勃発!!

Photo_4

チョー・リン役のタン・ジャースーさん

Photo_5


ヤンヤン役のローラ・チャンさん

Photo_6


リー・ダーロン役のフービンさん

「OLにっぽん」第1話 働く女はすっぴん!?日本VS中国お仕事バトル勃発!!
脚本:中園ミホ 主題歌「あしたの空」SPEED 音楽:池頼広

 中華人民共和国浙江省杭州市のアウトソーシング会社に神崎島子(観月ありさ)はいた。
 仕事の様子をビデオに撮る仕事だ。彼女の会社のお給料や経費もここで処理されている。
 機械のように黙々と仕事しまくる中国人達と対照的に日本では暇そうにしている彼女の部の人達。
 彼女は課の人々からお土産を頼まれていたので、買い回る。
 同僚の矢部桜(美波)からはバッタもんのブランド時計を頼まれていたので、それを探す。
 買うが、一休みして、気がついたらその時計は壊れていた。文句を言いに戻るが、店長は取り合わない。
 彼がやっていたマージャンの邪魔をしたら険悪な雰囲気に。
 そこにチビ(小旗健太 阿部サダヲ)とデカ(李大龍 リー・ダーロン フービン)の中国服二人連れが現れ、
助けてくれる。(ブルース・リーのまねをしながらね)

 総務部総務課のアウトソーシングが決まる。
 人事部と経理部はこの1年で全ての業務の50%以上を中国に移して結果を出していた。
 神崎は部長の富士田弥生(浅野ゆう子)から中国からの研修生を成田まで迎えに行く事を命じられる。
 彼女はそこで一人の中国人の少女(張琳 チョー・リン タン・ジャースー)に泣きながら助けを求められる。
 荷物が見つからないのだ。一緒に捜す神崎。
 少女は自分の名を名乗り、少女が例の研修生である事を神崎は知る。神崎は荷物を見つける。
 空港で彼女は先日助けてくれたチビの方に会う。彼は杭州有限人材公司のマネージャーだった。
 会社ではヤンヤン(楊洋 ローラ・チャン)が受付の人に入れてもらえず苦労していた。
 彼女は発音がおかしいが張より日本語が堪能だった。ダーロンも来ていた。彼は小旗の弟子だそうだ。
 みんなで課に行く。
 ヤンヤンは中国人らしく歯に衣着せぬ思った事をストレートに言う性格だった。(ブーチャンは部長の意味)
 小旗の見積もりだと79%削減可能。
 小旗は神崎の自分の歓迎会の事を聞くが、「おい、ちびた!」と野呂昭和(モロ師岡)。「こばたです」
 「歓迎会だと!?あつかましいにもほどがある!」「そうですよ、ちびたのくせに」と桜。

 神崎は課長の朝比奈国彦(東幹久)から結婚を申し込まれる。彼女はうやむやな返事しかしなかったが。

 総務課の者達は彼女達に仕事をろくに与えず、結局掃除をさせた。
 ヤンヤンはいやがったが、リンはもくもくとやる。

 派遣は切られた。

 仕事をろくに教えてくれないので、小畑は神崎に日本語のタイピング勝負を持ちかける。
 ヤンヤンが勝負をしたいと言って来る。
 「もし、勝ったら、掃除じゃない仕事も、良いですか?私達に、教えて、くれますか?
私達、中国に、帰らなくて、良いですか?」
 「負けたら中国帰るのか」と野呂昭和。「負けません」
 それでも神崎にやる気は無かったが、小旗が負けたら日本人のメンツ丸つぶれだから、
神崎さんはやらないと言って、神崎は受けて立つ。
 彼女は負ける。

 神崎にお礼したいとリンリンが言っているヤンヤン。神崎と桜は彼女達が住んでいるボロアパートに行く。
 リンリンの手作りの料理をご馳走してもらう神崎達。
 ヤンヤンによると中国では化粧して働くのはホステスだけとか。
(本当か?今にそうじゃなくなるね。あれは戦闘化粧だから)
 リンリンはわざと負けてくれたと思っていた。しかし、もちろんわざとではない。彼女はとてもいられず、帰る。
 アパートを出たらそこに小旗とダーロンの二人連れが。小旗はダーロンを先に行かせる。
 神崎はヤンヤンがどこで何年かかってあのスキルを身に付けたのか聞く。彼女は湖南省の山奥の子。
 お母さんとお父さんが身を粉にして働いたお金で大学に行かせてくれた。
 卒業してから小旗の会社で三か月の研修を受けてあれだけのスキルを身につけた。
 彼女は一人、家路につきながら悔しくて泣く。

 神崎は次の日すっぴんで会社に出る。
 神崎はリンに自分がわざと負けた事を言い、最初に挨拶を教える事から始める。
 そんな彼女に小旗は声をかける。
 「ああ、僕は、神崎さんを誤解していたようです。
あなたのすっぴんなんて見られたもんじゃないと思ってましたが、そうでもないですね」
 「ありがとうございます、ちびたさん」「チビは地球に優しいんだ!」と小旗。


感想:私もチビは地球に優しい理論を言っていたが、もしかして日本のチビ全員が言っていたのか。
 誰が言い始めたのか?みな、考える事は同じなのか?やあ、タン・ジャースー、可愛いなあ。すっぴんなのか? 三人とも本当に?しかし、怖いよなあ、アウトソーシング。英語の国ではインドにしちゃってるらしいけど…。
 日本でも、苦情質問で電話かけたら、日本の会社じゃなく、中国にと言う事があるらしいが、本当か?

|

« PLUTO 3~5 | トップページ | ブラッディ・マンデイ 第1話 »

テレビ(19) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/42768908

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女はすっぴん!?日本VS中国お仕事バトル勃発!!:

« PLUTO 3~5 | トップページ | ブラッディ・マンデイ 第1話 »