« 背中に告げた別れ | トップページ | 崩れゆく大軍 »

「NANA」13~15

「NANA」13~15矢沢あい

 シンがレイラと付き合ってる事がタクミにばれる。ノブは香坂百合(本名 松本朝海)と付き合い始める。

 大阪の浪速ラジオの生放送ゲストに呼ばれるブラスト。
 ナナのファンの上原美里とその友、シンのファン、藤本千景は
ブラストに会って手紙渡せないかと浪速ラジオ前に行く。
 そこでブラストの筋金入りのファンで、ファンクラブ会長みたいな存在の詩音に出会う。
 彼女はヤスの女と噂されていた。詩音は美里達の手紙をちゃんとブラストに渡してくれた。
 美里のナナの格好をしてみた写真はナナに似ていた。

 偽上原美里、本名都築舞は四海コーポレーションの社員になる。
 ノブは百合が一週間行方不明になっている事をヤスから聞く。
 彼女はノブとはメールで連絡を取っていたが、その事は話していなかった。
 彼女が仕事を止めたいと騒ぐたびに男に逃げられていて、それでノブには話さなかったらしい。
 彼女は契約金二千万で四海と2年間AVに出続ける契約を結んでいて、後半年残っていた。
 彼女は男に貢いではすっからかんになって寮に戻っていて、契約金もすでに使っていた。違約金は四千万。

 本城レンとレイラは気晴らしに故郷までドライブに行く。

 四千万なんてとても払えないノブはあと半年がんばってやり遂げる姿をちゃんと見届けてやるよと
朝海を説得する。
 「そのあとは、朝海一人ぐらい食わせてやれるようにおれもがんばるから」

 週刊SEARCHのカメラマンがレンとレイラの仲良さそうな写真を撮り、それをナナに渡す。
 そしてデスクの工藤はトラネスが所属している会社の社長成田に連絡を入れる。
 タクミがうまく話を運んで、自分とハチ(奈々)の事を取材させる代わりに、
レンとレイラの写真は載せないと言う事になる。
 タクミとハチは婚姻届を出す。

 ヤスは美雨と付き合い始める。

 レイラはシンとの関係がばれた時の影響の大きさを考え、シンと別れる。

 ナナにとって、やはりレンとレイラが抱き合っている写真はショックだった。
 レンは防波堤に引き上げただけだと説明するが、彼女は「あたし以外の女に曲なんか書かないで!」叫び、
その後過呼吸になる。
 レンはヤスに言われた通りにキスをして自分の呼吸を送り込む。

感想:はい、今だにレンは薬をやっています。困りましたね。コカインでしょうか。
 彼はレイラに自分のナナに対するやばい独占欲を告白。しかし独占欲ならナナの方がひどかった。
 ヤスはしっかりしているので最高に甘えさせてくれますが、ナナはレンが好きなので、
ヤスを自分の物にしておくのは不可能です。
 でも、ヤスが離れるのは耐え難いのね。ヤスだけじゃなく、いろんな人が自分から離れるのが耐えがたい。
 ヤスだってハチだってナナが一番なんだけど。でも側にいてくれないなら、寂しいわね。
 ハチがタクミと入籍したと聞いて、サングラスの後ろでショックを受けているナナ。
 偽上原美里ちゃんは、本物の上原美里ちゃんとナナの関係を知った上で、上原美里と名乗っていたのね。
 ばれたらヤバイんじゃないかな。しかし、ものすごい、調査能力。
 単なる友達関係でも、一々悪意で書き立てられるのは辛いわね。まあ、私も、ゴシップ、好きだが。
 シンちゃんとレイラの関係は確かにばれるとやばい。困ったね。

|

« 背中に告げた別れ | トップページ | 崩れゆく大軍 »

NANA(5) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/42339534

この記事へのトラックバック一覧です: 「NANA」13~15:

« 背中に告げた別れ | トップページ | 崩れゆく大軍 »