« 雨にもまけず粗茶一服 | トップページ | 月影の庭 »

南米の大湿原

ナショナルジオグラフィック 2005 8

「南米の大湿原」 文:スーザン・マグラス」

 アマゾン川のはるか南、パラグアイ川の上流に位置する大湿原。
 面積は19万1600平方キロ、日本の本州に匹敵するほど。ブラジル、パラグアイ、
ボリビアの国境が交わっている。
 何の変哲もない泥はラーマやバーボ。牧場の柵の周りで牛に踏みつけられた泥はマイアドゥ。
 牛の蹄の跡が残ったまま固まった泥はブロコトゥ。雨期はポルトガル語で満ちたという意味のシェイア。
 私の乗った馬が一度カイマンにつまずいた事があったが、馬は特に驚いた様子もなく、
 カイマンも横目でこちらを見ながら滑るように立ち去るだけ。
 市場で400ドルの値がつく体重500キロのコブウシが死んでいた。ジャガーの餌食。
 牛がジャガーに襲われるのは珍しくない。 
 ジャガー狩りはブラジルでは禁じられているが、牧場主はプロのハンターを雇って殺す。
 しかしここの牧場主はジャガーを守る環境保護団体と契約を交わしていて補償金を受け取る。

 大湿原の北側と東側の高地につくられた大豆や綿花を栽培するプランテーションからは有害な堆積物、
除草剤、化学肥料がじわじわと流れ出ている。
 こうしたプランテーションの所有者や作物を買い付ける多国籍企業は、
大型タンカーが通れるようにパラグアイ川の水深を深くしたり、
一年中通行できるハイウエーを建設するようにと政府に働きかけている。
 牛の飼育がブラジル各地で盛んになり、牛肉の価格が下落している。
 収入の減少を補おうと、牧場主の多くがエコツアーを受け入れている。

 ブラジルでは1967年に営利目的で野生動物を狩る事を法律で禁じたが、抜け道も多く、罰金は微々たるもの。 密猟者は好き勝手にカイマンを捕った。
 70年代後半世界中で売られた安価なワニ革製品のほとんどが、
ここのカイマンからはぎ取られた皮を使ったモノ。
 コウレイロと呼ばれるカイマン・ハンターは二人組になり夜陰に乗じて小型の平底船で浅瀬を移動し、
カイマン独特の目の光をたが狩りに居場所を突き止め密猟を続けた。
 主に取引されるのはカイマンだが、オセロット、カワウソ、ジャガー、アナコンダも捕った。
 珍獣をペットにする愛好家向けの動物売買も行われるようになり、80年代だけでも、
一万羽のスミレコンゴウインコが持ち出され、ほとんど姿を消した。
 カイマンは生息数が多かったため絶滅はまぬがれた。
 牧場にも密猟者達はやってき、牧場主達との戦いになる。
 その頃サン・パウロの新聞記者が闇取引の世界に潜入し、衝撃的な記事を書く。
 野生動物の密売でマリファナ、コカイン、武器の売買まで行われ、ボリビア、
パラグアイの軍部が関与しているという内容。
 ブラジル政府は国際的な圧力に押され、86年に特別森林警察を創設し、法律を強化した。
 92年にワシントン条約で動物の生皮および塩漬けにされた皮の輸出が禁止された。

 エコツアーにジャガーは不可欠。
 しかしジャガーに殺された牛の補償金は充分では無く、
「ジャガーのトニオ」というニックネームで知られているジャガー・ハンターは生物学者と一緒に、
ジャガーを追跡しては麻酔にかけ、研究用の無線発信機を取り付けているが、
牧場主に頼まれてジャガーを殺してもいる。

|

« 雨にもまけず粗茶一服 | トップページ | 月影の庭 »

ナショナル・ジオグラフィック(4) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/40856360

この記事へのトラックバック一覧です: 南米の大湿原:

« 雨にもまけず粗茶一服 | トップページ | 月影の庭 »