« ヤサコとイサコ | トップページ | バッド・エデュケーション »

青春のいじわる他

「かみちゅ!」
原作:ベサメムーチョ 監督:舛成 孝二 脚本:倉田 英之 キャラクター原案:羽音 たらく
 キャラクターデザイン:千葉 崇洋 プロダクションデザイン:okama 音楽:池 頼広 
アニメーション制作:ブレインズ・ベース

第1話「青春のいじわる」
脚本:倉田英之 絵コンテ:舛成孝ニ 演出:舛成孝ニ/畑博之 作画監督:千葉崇洋

一橋ゆりえ(MAKO)は四条光恵(峯香織)に神様になっちゃったと報告。昨日の夜なったそうだ。
神様という単語に反応して三枝祀(まつり 森永理科)が来る。今日から心の友だそうだ。
祀の家は神社だった。何の神様かわからないゆりえを調べるため、祀はゆりえを屋上に連れて行く。
ヒーローは掛け声やポーズで力を発揮するから、ゆりえもそうする事を強制される。まずはラジオ体操。
恥ずかしさしか感じない。それに付き合っている光恵は木の下にいるカップルを見て、潤いが欲しいと思う。
すっかりばてたゆりえの体の上に「おまえはもう死んでいる」という書が描かれた半紙が落ちてくる。
上を見上げるともう2,3枚半紙が舞っていた。
屋上の階段上に上がるとそこには書道部と書かれた板が置いてあり、一人の少年が書道をしていた。
彼は二宮健児(宮崎一成)。「もう少しがんばりましょう」と書いている。
しかし自分の書が気に入らないらしく、「ちっが~う」とその書を投げる。
それを受け止めようとしたゆりえ、落ちそうになり、二宮、彼女の手を捕まえる。
(二宮に引っ張られ、はしごに頭をぶつけるゆりえ、かなり痛そう)
二宮、同じクラスなのに、ゆりえの事をまったく覚えていなかった。
書道部は二宮一人なので、部室を取り上げられたそうだ。で、ここでやっている。
(ところで、あの木製の小タンスや小机はどうやって上げたんだ?男の子って、すごいな)
二宮、去る。光恵が「二宮君って、変人」と言うと、「天才だってば」と主張するゆりえ。
そう、ゆりえは中学入ってからずっと二宮に恋していたのだ。(わかるぞ、私も好きだ!確かに変だが)
祀、風の強い日、屋上で告白するとその恋はぜったい実るという話を教える。風を起こせと祀。
思いを込めて、呪文を唱える。「何って言うの?」「神様で中学生なんだし、かみちゅ、で良いんじゃない」
「なんか変」「とりあえずよ。ほら、ラブな思いを込めてやってみて」
ゆりえ、ラブな思いを込め、「か、み、ちゅ!」と両手を上げ、はねる。
その思いは遥か沖縄の海に浮かぶ船に吊るしている青いシャツを揺らす。

 ゆりえと光恵、祀に連れられ、階段を何段も登って来福神社へ。
(ここは尾道だそうだ。こうしょっちゅう階段を上がっていれば、ヒップが上がるな)
ゆりえ、振って出すおみくじを見つけ、振る。光恵は吉、恋愛、ゆるやかにゴーゴー。ゆりえ、85番は小吉。
恋愛は嵐の予感。祀、妹の巫女姿のみこ(野中藍)を連れてくる。おかっぱの超可愛い子だ。(私好みだ!)
みこにはその手の力があるのだが、ゆりえが何の神様かはわからない。八島様に聞けないかと祀。
八島様、今はダメだそうだ。祀、イベントを行う。ゆりえを祀りたて、儀式を行うのだ。
祀の太鼓とみこの鈴の音に反応するゆりえ。彼女のはっくしょんで、部屋の中の物が吹き飛ばされる。

光恵、ゆりえを自転車の後ろに乗せて、自宅まで連れて帰る。ゆりえは疲れ果てていた。

ニュースで目覚めるゆりえ。台風ゆりえが観測されたのだ。つまり、台風の目がゆりえの顔。光恵から電話。
(テレビはブラウン管。電話は黒電話にカバーつき。北斗の拳がはやった時代らしい)
彼女も台風のニュースを見たのだ。二人、学校に行く事にする。外はゆりえ台風が接近中。
風で転がる空き缶を追いかける空き缶のもののけ(空き缶ころがし 中村大樹)。
(もののけ、神はokamaさんデザインだそうだ)
豆腐屋の看板ではとうふの物の怪(かわいい とうふちゃん 神田朱未)。
ちぎれるっと葉っぱの物の怪(コノ葉カマイタチ 大原崇)。
そして、風を表すのか、飛ぶ吹き流し付き目玉(ちび風 久保田恵)や超巨大金魚(先端に目玉 親玉風 うすいたかやす)が空を飛んでいる。
学校につくゆりえ。ゆりえ台風の顔がはっきり見える。学校には祀がいた。
示し合わせたわけではないが、心の友だから来るとわかったそうだ。光恵も来た。
祀、神社の知識を駆使して、儀式の場を作る。
ゆりえは台風が消える事を必死で願うが、願いは通じず、儀式の場は壊れる。
看板は飛ばされ、電線にひっかかって、停電。
「神様なのに、何にも出来ないのっ」、嘆くゆりえの腕に半紙が張り付く。上を見上げると半紙が舞っていた。
なんと、二宮君、台風から部室を守ろうとしていたのだ。二宮、竜巻に吸い上げられる。
ゆりえ、二宮君を助けたい一心で、思いっきりのラブを込め、「か、み、ちゅっ!」と言いながら、
はしごから手を放し、落ちるに任せる。
彼女の髪が伸び、風の物の怪が、彼女を二宮君の所に連れていく。ゆりえは二宮君を捕まえる。
竜巻は消え、ゆりえ台風は笑顔になる。消える台風。ゆっくりと落ちていく二人。
ゆりえ、祀の言葉を思い出し、「好きです」と告白。しかし二人が到着した先は屋上ではなくプールだった。
「あんた、誰?」二宮君、ゆりえの事を覚えていなかった。

起きてみると昼。街は台風の後始末中。神様になった事をみんなに知られる。
二宮、「いち、はしさん?」と以前より進歩。正解は「ひとつばし」だが。
「神様、ネットが倒れてるの。なんとかできな~い」と女子生徒。「気楽に頼るな!神様だって大変なんだ!」

感想:主人公が可愛過ぎて、好みではないが、まあ、神様だから、良いか。
みこちゃんが超可愛くて好きで、主人公は可愛過ぎると文句を垂れるのはなぜ?基本地味だから、私向きね。
もののけ達、超可愛い!ありがとう、okamaさん。
ゆりえと二宮が落ちる所はもろ、千と千尋の神隠しを思い出したが、まあ、みんな基本考える事は同じだから。
題名は菊池桃子の歌から。知らない歌だ…。
MAKOさんはド新人さんだそうだが、声が気に入ったので、採用との事。
おかげで「かみちゅ」のちゅの部分がうまく言えないと何回も取り直すとかしたらしいが…。
良いんじゃない、声は大事だ。

関連サイト
ゆかねカムパニー2尾道
きてみんさい広島県尾道市尾道
隙間風R.O.D
アニメ『かみちゅ!』舞台探訪レポート
かみちゅ巡礼

第2話「神様お願い」

脚本:倉田英之 絵コンテ:舛成孝二 演出:高島大輔 作画監督:藪野浩二

英語の時間。英訳をやれと言われる神様ゆりえ。緊張感みなぎる英訳。
神様になっても変わらないとみなは笑うが、祀は一人不満顔。
「かみちゃ~ん、体操服貸して」とよそのクラスの子。その様子を見てやはり不満顔の祀。
「ティルミット反応」(聞いた事も無い。高度な授業だな)の授業。
どじをし、「どじだなあ、神様は」と笑われるゆりえ。「なめられてるわ」祀、消しゴムにシャーペンを突き刺す。
祀、前と同じでは駄目だと主張。みんなの前で神様らしい事をしてないから、なめられるのだ。
祀、ゆりえ祭りを企画。放課後、祀の神社に行く御一行。みこちゃんが帰ってくる。
(みこちゃんは弓道部かな。かわいいなあ~。私はオヤジか)
みこちゃんに本殿を開けてと祀。八島様にご挨拶するため。ゆりえがうちの専属の神様になるから。
祀が勝手に決めたのだが。「おいでませ」と本殿に拝む四人。出てきたか、みこちゃんに聞く祀。
みこちゃん、告白。八島様は三ヶ月前からいないのだ。お父さんが傷つくと思って言い出せなかったのだ。
それを聞いた父(光雲 岩尾万太郎)、宮司引退を決意。神社は娘達にゆずり、畑作りに専念。
父は神主の才能がまったくなく、家計は大赤字、家具も差し押さえられていた。
(神主の才能ではなく、経営の才能だろう。祀ちゃんは企画力があり、良い。
神主って確か学校かなんかで資格もらうんじゃなかったけ。和楽器も習うのよね)
祀達の窮状を聞き、何か出来る事ないか聞くゆりえ。祀、ゆりえに字を写してもらう。
八島様が他の町に行ったのではないかと光恵。そんな度胸は無いと祀。
「地元の神様だし、家出ごっこをしたがってるだけよ」子供の頃はよく話してたそうだ。
「いまでも八島様、お姉ちゃんの事が…」口ごもるみこちゃん。(えっ、八島様、祀にラブなの?)
字を書き終えるゆりえ。なんと神様ゆりえの書いた字のおふだを貼ると、普通人もオーラを見えるようになるのだ。光恵の目にもゆりえの後光がバッチリ見える。
ほんとは姿も変わって見えるそうだが、ゆりえの字が下手なので、そこまでの力が出ないそうだ。
四人、お札をつけて町へ。光恵の目にも物の怪達がバッチリ見える。誰も八島様の行方を知らない。
(とうふちゃんとなっとうさんは出来ているそうだ)
夕焼けの中、四人突堤のベンチに座る。彼女らの前に釣られた黒鯛(?)が落ちてくる。
はりせんぼんの物の怪が釣ったのだ。(食べるのか?)「大物ですぜ、兄貴」サメの兄貴が海から現れる。
サメの兄貴に神様の集まる場所を聞く祀。まんぼうの爺さん(マンボウじいさん 堀本等)が教えてくれた。

山の天辺の神様世界への入口に来る四人。「神様ご休息センター入口関係者以外立入禁止」の文字。
つまりゆりえしか行けない所。ゆりえ、入口に吸い込まれる。
(このモデルの山。蚊がたくさん出て大変だったそう。夏の自然に、虫よけスプレーはかかせない)
ついた先で、無様に倒れるゆりえ神様。目の前は瑞雲たなびく(そうか?)、水浸しの、所々山が出ている世界。鳥居が水の上に立っている。分福茶釜の狸の船頭(船頭茶釜 うすいたかやす)の小舟に乗るゆりえ。
水の下では、七色にきらめく竜神様が泳いでいる。たぬきさんは最近八島様を見てないそうだ。
鳥居の向こうは建物がいっぱい建っていて、神様達がいっぱい。
いっぱいいすぎて、八島様の事を知らない神様も。万物の数だけ神様がいるそうだ。
太鼓橋の上でなごんでいると鐘の音がする。うるさ過ぎるほど鐘が鳴る。三か月ほど前からこうなのだそうだ。
もしやと鐘のある所に向かうゆりえ。何度も叩かれて泣いている鐘カメ。(うまく叩けば泣かないそうだ)
溜息をつく犬和尚(杉山紀彰)。やはり、鐘をついていたのは八島様(岡野浩介)だった。
自分の中のビートを抑えきれないそうだ。

一方、光恵達。周りはすっかり暗くなっている。お札の効き目は切れている。
「もうちょっと字がうまくなってもらわないとねえ」と祀。
「良いけど、あんまり無理させないでよ。あの子、結構単純なんだから」と光恵。光恵の額を叩く祀。「蚊よ」
祀の額を叩く光恵。「ほんとだ」二人、にらみ合う。

八島様、バンドをやりたいそうだ。ロックとか、パンクとか。今年の正月の弁財天様のツアーを見て思ったそうだ。(芸事の神様じゃん。神格が違うじゃん。まあ、やりたいと言うのなら…)
「自分の可能性を試してみたいって。
それで東京に出ようと思ったんですが…、一人じゃ心細いのでまずここでメンバーを集めようって」と恥ずかしげに言う八島様。(聞いてるこっちが恥ずかしい)
「祀ちゃんちじゃダメなんですか」
「あそこから出たかったんです。…新しい世界に行きたかった。
でないと、僕はいつまでも、田舎の神様で終わっちゃう気がするんです」
「みこちゃん、心配してましたよ」「そう、ですか」
「八島様の気持ち、難しくて、よくわからないけど、あたしは、町が、好きだから、…でも、あの、黙って家出するの、はいけないと思います。
みこちゃん、大変だったし、地元のみんなは八島様がいるって思ってお参りしてるんですから、そういう人ほっといていくのは、良くないかなあって。あっ、ごめんなさい、神様に向かって偉そうに」
「あなたも神様ですよ、ゆりえ様」「あたし、ただの中学生だし、なりたてだし、様なんて…」
「いいえ、あなたは私よりずっと大きな力を秘めていらっしゃる。それにまっすぐな心も。
ゆりえ様と呼ばせてください」
「じゃあ、戻ってくれますか」「はい、喜んで」「良かった」
「それが良い」と犬和尚、「おまえにはあの町が似合ってる。悲しいぐらい才能も無いしなあ」
「地元でもバンドは出来るさ」「あきらめてねえのかっ」「もちろんですよ。夢はメジャーデビューですから」

ゆりえと八島様、現実世界に帰る。みこちゃん、千尋のおにぎり場面のように「良かった」と泣く。
(こんなかわいい子を泣かせるなんて、私がしばいたろか)
あやまる八島様。祀、「ちょっと、私には謝罪なし?」と八島様に言う。「どうせ見えないじゃん」と光恵。
「気持ちの問題よ」「そう」二人にらみ合う。八島様、光恵の体を借りる。
立ち上がって、祀に対する光恵に、構える祀。「ご無沙汰してます」「えっ、八島様?!ほんとに?!」「はい」
「久しぶりじゃない」「どうも、ほんとに、ご迷惑をおかけして」「ううん、許してあげる」「すみません」

ゆりえちゃん祭り。大盛況だ。みこしに乗った恥ずかしそうなゆりえ登場。
(あんなに揺られて酔いそうだが、緊張感で酔わないか)
カッコよく射的をしている光恵様、神社の階段に座っているカップルを見て潤いが欲しいと思う。
みこちゃんに何か頼まれる光恵。ゆりえ、書をしたためている二宮君に会う。相変わらず、誰か忘れている。
名前を言われて、思い出しただけ進歩。彼がしているのはバイト。祭りで使う書を頼まれるのだ。「健児君…」
「あっ」「ええと、ええと、…二宮君は私が神様って信じます?」「えっ、そうなんじゃないの」「はい、一応」
「じゃあ信じるよ。どっちでも良いし」落ち込むゆりえ。「でも神様ってすごいな」「はい?」
「みんなをこんなに幸せそうに出来るんだから」祭りを楽しんでいる大勢の人々。八島様も楽しんでいる。
そして八島様、光恵ちゃんの体を借りて、ギターを弾く。手拍子をするみこちゃん。犬和尚もいる。
「俺もそんな字を書いてみたいよ」ゆりえちゃん、出番で祀に呼ばれる。
書を持って行ってくれと二宮に頼まれるゆりえ。一番上の書を見て喜ぶゆりえ。「恋愛成就」と書いてあった。
「このたび神様になりました一橋ゆりえです。なりたてです。新米ですがよろしくお願いします」
人も物の怪も拍手。「では一曲歌っていただきましょう。曲名は神様お願い。張り切ってどうぞ」「ええっ!」

感想:八島様、美形だが、頼りない。来福神社の未来はゆりえにかかっているな。
光恵ちゃん、これからも八島様に便利に使われるのか?少しは恩恵があるのか?
「神様、お願いいだあ~。僕の、あの人~に~、会いたいのさ~」ショーケンの歌らしい。これは知ってる。
ジュリーじゃなくて、ショーケンね。あっ、オープニングのスタッフの紹介の仕方が好きです。

関連サイト
ねこにこばん 画像
るるティー 光恵VS祀画像
アニメをレビュってこ~犬和尚画像

|

« ヤサコとイサコ | トップページ | バッド・エデュケーション »

アニメ(13)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/17718295

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のいじわる他:

« ヤサコとイサコ | トップページ | バッド・エデュケーション »