« 手のひらを太陽に | トップページ | 全ての血を超えて »

あした天気になあれ

「あした天気になあれ」BLOOD+ 第46話 ☆☆☆
監督・シリーズ構成:藤咲淳一 キャラクターデザイン:箸井地図 アニメーションキャラクター・総作画監督:石井明治 音楽:Mark Mancina 脚本:森田繁 絵コンテ:神楽坂時市 演出:立仙裕俊 作画監督:阿部恵美子 松井誠

 謝花真央(小清水亜美)はアパートの窓際に置いてある鉢に水をやろうとして、
音無小夜(喜多村英梨)とハジ(小西克幸)がアパートの入り口で手を握り合っているのを見てしまう。
(窓際の鉢は、危ないので止めてね)
 部屋に宮城カイ(吉野裕行)が入ってくる。「相手が悪すぎるかなあ」とつぶやく真央。
(どう見ても、顔と雰囲気に差がありすぎる…)
 小夜にちゃんとコクったのかと聞く真央。カイの反応はどうみてもまだの様子。真央、カイに買物を頼む。
 カイ、買物に行く。真央、小夜にも買い物を頼む。財布はカイに預けてあるからと、カイを追いかけさせる。
 そして立ち上がろうとしたハジの腕を掴み、頼みたい事があると捕まえておく。
(もちろん、真央の策略だ。しかし、ハジは小夜の護衛として必要だと思うぞ)
 追いついてきた小夜に、買物なら自分がするというカイだが、
小夜に頼まれた物は確かに男は買いにくいものだった。
 カイ、結局小夜も一緒にと頼む。
 小夜、あのめまいが来、線路に倒れこみそうになるが、カイが落ちないように捕まえる。

 ハジに高い所の電球変えを命令する真央。テレビでコープスコーズの映像が流れていた。
 「昨夜ブルックリンで起きた暴動事件の詳細です。
先ほどニューヨーク市警から発表された情報によりますと、この暴動を起こしたのはSZS、
いわゆる突発性獣化変異症候群の患者であり、ニューヨーク市警は陸軍に隔離部隊の出動を要請、
事態は無事に沈静化し、なんの問題も無いとの事です。
政府はSZSの原因究明を約束すると共に、SZSは伝染病ではないと言う専門家の意見を発表しております。
又当面の事態収拾には隔離部隊で対応するとの発表もなされました」

 「この国は、つねに敵を必要としている。
敵がいるからこそ国民が団結し、アメリカという理想を体現する国家が成り立っている」とブレッド(一木美名子)。 「つまり、恐怖と幻想こそがアメリカ合衆国の本質、と言う事ですね」とヴァン・アルジャーノ(諏訪部順一)。
 「フランス生まれの君には理解しがたい事かもしれんがね」とグラント(西前忠久)。「これは失礼」
 「翼手と言うのは、私たちにとって理想的な敵と言えるわ。
私たちだけが作り出すことが出来、私達だけが倒す事の出来る全人類の敵」
 「それを作り出すのが我々、サンクフレシュの製品です」
 「世界の、飢餓、貧困地域に、援助物資として送りこまれたサンクフレシュの食品は、膨大な量に上る。
それを口にした者達の中から、いずれ翼手に変貌する者が現れるだろう」
 「その結果アメリカは国内のみならず、世界をもその力によって服従させる事が出来る。
なにしろ逆らえば、翼手を倒せる唯一の手段であるコープスコーズを、送ってもらえないのですから。
完璧な計画です。悪魔的と言ってもいいぐらいに、素晴らしい計画だ!」

 ジュリア(甲斐田裕子)によると全人口の約3%がサンクフレシュの製品を口にしていた。
 そのうちの1万分の1がSZSを自然発生させる計算になる。
 およそ2万人の人間が翼手になる潜在性を秘めている。そしてディーヴァの歌声の存在…。

 歌を歌っているディーヴァ(矢島晶子)。
 彼女の傍らには、アンシェルがおなかを切って取り出した繭に包まれた子供達がいた。
 彼女の前にネイサン(藤原啓治)に連れられて現れるソロモン(辻谷耕史)、ディーヴァを襲う。
 しかしもちろん、ソロモンはディーヴァの敵ではなかった。

 サンクフレシュで得た研究記録によれば、ディーヴァの録音音声をD塩基の保有者に聞かせても、
翼手の発症は確認できなかった。
 にもかかわらず、空軍基地での感謝祭では、サンクフレシュのキャンディーバーを食べた観客の中から、
ディーヴァの歌声をきっかけに翼手が発生している。
 つまりあの会場にいてD塩基を保有し、かつディーヴァの歌を聞いた人間が翼手に変異した。
 ディーヴァがライブで歌を歌っている場所で歌声を聞き、その姿を確認する事が必要。
 ディーヴァの歌声の影響で発症確率は100%に限りなく近づく。30人に一人が翼手になってしまう。
 今度のメットのプログラムは全世界に衛星生中継される。このままでは2億人が翼手になってしまう。

 夕焼けに照らされたケーブルカー内。カイは小夜に小夜の好きなピンクにしてもらった鍵を渡す。
 OMOROの鍵だった。一緒にいてもらいたいんだと言うカイ。
 小夜はかつてハジに全てを終わらせたらあなたの手で私を殺してと頼んでいた。涙を流す小夜。

感想:ウワァー、いくらなんでもアップおそすぎ。もう終わったのに…。まあ、いいや……。
 ハジファンの怨嗟の声が聞こえてきそうな真央嬢の行動。
 しかしハジも良いとこみせたし、ハジファンへのフォローもばっちり。
 翼手を生まれさせるにはやっぱり人間の血が必要か。シュヴァリエの血ではダメかな。
 ディーヴァは早く子供達を見たくないのか。どっか恐れてるかな、そんな感じは無いが。
 やっぱりどうみてもディーヴァの方が小夜より遥かに強そうだ。きっと対決以外の解決策を取るよな。
 私あーくんファンでして、あーくん&真央嬢のコンビが大好きですが、今回思いました、
カイと真央が一緒になるというのが良いかなと。
 小夜はどうせ眠り姫だしね。ほとんどが生き残る最後もありうると思うよ。
 ディーヴァは難しいかなと思うが、彼女にとっても悪い終わりではないと言う終わらせ方も出来ると思う。

関連サイト
(それでも)好きなんだからしょうがない
ねこにこばん
ネコミミアンテナ

|

« 手のひらを太陽に | トップページ | 全ての血を超えて »

BLOOD+(41) 」カテゴリの記事

コメント

ちっちゃんは作画しないです。
にもかかわらず宮城へtyantyanが演出したかったの♪

投稿: BlogPetのちっちゃん | 2006.10.02 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/12053060

この記事へのトラックバック一覧です: あした天気になあれ:

« 手のひらを太陽に | トップページ | 全ての血を超えて »