« アストラル・アパッチ | トップページ | 知りすぎた男 »

告白の行方

「告白の行方 EVERY DAY A LITTLE DEATH」デスパレートな妻たち Desperate Housewives 第12話 ☆☆☆☆☆
テーマ音楽:Danny Elfman 脚本:クリス・ブラック 演出:デビッド・グロスマン

 メアリー・アリス・ヤング(Brenda Strong声:小山茉美)“マーサ・フーバー(クリスティーン・エスタブルック Christine Estabrook 声:小宮和枝)は自分の人生に刺激的な事が起こるのをずっと待っていた。
 子供の頃は海賊の一団にさらわれたいと願っていたし、
十代はハリウッドのタレント・スカウトに発掘されるのを夢見ていた。
そして娘盛りはハンサムな御曹司との玉の輿を夢想して過ごした。
だが月日は飛ぶように過ぎ、彼女の人生は刺激的な事とは無縁なままだった。殺害されるあの夜までは。
最後の瞬間、彼女はこう思った、『人生は退屈なだけじゃない、とても残酷なものだと』
せめてもの救いは、死が思いのほか、慈悲深かった事だ”
 見つかったマーサ・フーバーの死体に話しかけるジャクソン巡査。
 「ねえ知ってる?あんたの事、大勢が捜してたんだ。州内の全紙があんたの顔、第一面に載せるはず。
わくわくしてこない?」
 “ジャクソン巡査は目を疑った。
 ほんの一瞬だが、マーサ・フーバーの死に顔に、ほほ笑みが浮かんだように見えたのだ”
(最後は刺激的だったもんね)

 マーサ・フーバーが殺されていた事はたちまちのうちに近所じゅうに知れ渡る。(そりゃそうだ)

 リネット(フェリシティ・ハフマン Felicity Huffsman 声:唐沢潤)は赤ん坊とパーカーを連れて、
ヨガクラスに行く。
 しかし付属の託児所は満杯。人気のクラスだから、他の人は早く来て託児所に託すのだった。
 「ねえ、ローレン、うち子供四人いるの。
今朝なんか五時に起きてお弁当作って、ご飯食べさせて、上の子学校に送って、
それからここまで赤ん坊と病気の子連れてきたの。
早めに来いって言われても、私には不可能に近いし、早めに来いとか言われる事で、ストレスがドトッと、
たまっちゃうのよ。
それでヨガが必要になるわけ。
なのにここまで来て、追い返されて、今度は早めにーなんて言われちゃ、悪循環の極み。どんなかわかる?」
 「わかります。でもあなた例外にしたら、他のお母さんにも頼まれる。
それ認めてたらルール守ってる人にねじこまれて、それかわしてたらあっと言う間に、
雑誌読む時間無くなっちゃう。悪循環」
 「…あなたにも山ほど、子供が出来ますように」(どちらの言い分もごもっとも)

 ガブリエル(エヴァ・ロンゴリア Eva Longoria 声:日野由利加)の夫カルロス・ソリス(リカルド・アントニオ・チャビラ Ricardo Antonio Chabira)が帰ってきた。
 しかしトランスミッター付き。装置から30メートル以上離れると警報が鳴り、それを無視すると保釈取り消し。
 で、仕事は出来ない。

 マーサ・フーバーの姉フェリシアの元には、
マーサの死体が見つかったと言う知らせを聞いたご近所の方が一杯集まってきた。
 「あさましい。ハゲタカ達。心配で来たんじゃない、どぎつい詳細が聞きたいだけ」
 警部(?)「それはうがちすぎだ。きっと善意ですよ」
 「ご冗談。人の不幸は蜜の味ってね。さて、せっかくだから期待に答えなくっちゃ」家の外に出るフェリシア。
 「どうも。こんなに大勢が心配してかけつけてくださった事、ホントに感謝しています。妹も同じ気持ちでしょう。
何があったか話せると良いんですが。担当の刑事さんから詳細はまだ不明だと聞かされた所です。
今わかっているのは、痛ましい死に方だった事」
 皆からおおっと言う声があがる。
 「ええ、ホント、辛い事です。
激しく、抵抗したようで、遺体には引っかき傷やあざが見られ、骨も折れていたそうです。
歯には土を吸い込んだ跡が。…おそらく埋められた時、妹はまだ生きていたと思われます。
さぞ、苦しかったでしょう。でも良いニュースが一つだけ。辱めを受けた跡は一切ありません。以上です。
みなさんどうかお引取り下さい。ご家族がお待ちよ」
 一旦家に入りかけるフェリシア、振り返り、
「そうだ。告別式の代わりに、明後日遺品のセールを開こうと思っています。どうか、現金のご用意を」
(さすがフーバーさんの姉)

 いつもの四人が集まってポーカーをしていたら、
イーディ・ブリット(ニコレット・シェリダン Nicollette Sheridan 声:安達忍)が現れる。
 火曜日はポーカーデイと聞き、私もポーカー大好きと言うイーディ。気まずい沈黙が流れる。
 イーディは告別式をしないと聞き、マーサの遺灰をトージ湖(?)まで持ってって、
撒いてあげようと思い立ったのだ。
 ご主人にプロポーズされた場所なんだそうだ。
 それで一緒に言ってくれる人が向こうでちょっとしたお別れ会をやろうかなと思っているとの事。
 イーディ、地図を置く。服装はセミフォーマル。
 ガブリエル「ごめん、イーディ。ぜひ行きたいけど、私モデルに復帰した所で。単なるひまつぶしよ。
でも明日も埋まってて、ドタキャンは無理」
 リネット「もっと早くわかればシッターさん頼めたけど」
 ブリー・バン・デ・カンプ(マーシア・クロス Mareia Cross 声:渡辺美佐)「残念。主人を検査に連れてかなきゃ」 沈黙が流れる。イーディ「はい、スーザン、あんたの口実は?」
 スーザン・メイヤー(テリー・ハッチャー Teri Hatcher 声:萬田久子)「ちょっと、明日は、無理、忙しいの」
 「そう。あんたの嘘が一番へたくそね」
(イーディ、良い男と見るとすぐ誘惑するから、同性の人気は最悪だろう。悪気は無いんだけどね。
でも、こういうのって考えちゃうね)

 パーカー、双子の兄達に髪の毛にガムをつけられてしまう。取れる物では無い。バリカンを持ち出すリネット。

 スーザン、マーサの姉を見かけ、お悔やみを言う。姉から日記の存在を聞くスーザン。
 日記に自分の火事の事が書いているかもしれない。
 娘のジュリー(アンドレア・ボーウェン Andrea Bowen 声:本名陽子)からブリットさんに打ち明けるしかないと言われる。
 足元にひれ伏して許しを請い、イーディ・ブリットにごますりまくるしかない…。

 リネット、十分前にヨガクラスに来るが託児所は満杯。
 しかしローレンはパーカーの丸坊主姿を見て、重い病気と誤解する。
 彼女は何とかすると言ってきて、リネットはその誤解を解かないで、お願いしてしまう。
(これはまずいよね。気持ちはわかるけど)

 イーディに話しかけるスーザン。イーディは自分の家の設計図を見ていた。
 「良いな、うらやましい。なんて言ったら不謹慎だけど」「意味わかんない。なんで?」
 「だっておうち一から建て直せるのよ、ただで。満足いく家を手に入れるチャンスでしょ。ある意味、ラッキーかも」 「ラッキーなわけ無いじゃない!思い出や写真は二度と戻らないし…。何しに来たの?」
 「あのね、実を言うと。…あたし、…あたし…」「あたし、あたし…、何?さっさと言って。忙しいの」
 「ちょっとその、ダイジョブか見に来ただけ。フーバーさんの事とかあったから」
 「一番の友達が殺されてゴミ袋に入れられてたのよ。その上誰一人として…!
散骨に付き合おうと言ってくれないし」
 「あっ、あたし付き合う」(うちが燃えるのはどう考えたって良い事じゃない…)

 ガブリエル、フライドチキンを買ってくる。子供を作ろうと言うカルロス。子供を産む気は無いガブリエル。
 一家の主はこの俺だと言う言葉を聞いて、チキンを持って外に出るガブリエル。カルロスは家を出れない。
 彼の前でおいしそうにチキンを食べるガブリエル。カルロスは思わず外に出ようとするが、警報が鳴る…。

 スーザンはイーディのタイヤの交換を一生懸命する。それを何もせずに見つめるイーディ。
 「高校時代チアリーダーやってたでしょ」「3年の時。なんでわかるの?」
 「チアリーダーってタイプだもん。清潔で優秀で人気者。
高校時代の私は倉庫裏で、不良仲間とつるんで、煙草吸ってた。鼻つまみ者」
 「もう高校時代なんて、遠い大昔の話よ」
 「そうでもないんじゃない。
私は今でも集まりに呼んで貰えない鼻つまみ者で、あなたは今も自信過剰のチアリーダー。
みんなの目をあざむけると思ってる」
 「何?」
 「一緒に来るわ、ガソリン代出すわ、ロードサービス使えるのにパンクまで直すわ、下心があるのはみえみえ」  「フーバーさんの事でまいってるってわかったら、ほっとけなくて」「嘘ばっかり」「なんで嘘だと思うの」
 「高校時代の法則が、そのままあてはまるからよ。人気者は何かある時だけ不良に話しかける。
あんたの狙いがなんなのかちゃーんとわかるまで車には乗せないから」
 「…わかった。実はその、あたし、…あなたに嫌な態度取ってきたから、それをつぐないたくて…」
 「ふん。それも真っ赤な嘘ね。…でも話してる時間もう無い」車に乗り込もうとする二人。
 スーザン「高校一緒ならわたし、話しかけてたわ」「どの嘘もひどいけど、ふん、それ最悪」(確かに嘘だ)

 リネット、ヨガクラスで乳癌の生還者と言う人に話しかけられる。彼女はパーカーに話しかける。
 「坊やと同じ事に私も耐えてきたの。辛いけど、くじけないで。いい?勇気をもって戦い抜いてね。
絶対に生還できるから」
 泣きながら坊やを抱きしめる女性。「ママ、僕死ぬの?」リネットは真相を言わざるをえなくなる。
 “このようにして、リネットの精神の安定と悟りの境地への旅は、道を閉ざされた”(自己流でヨガをやろう)

 湖に着いたスーザンとイーディ。もちろんスーザンがボートを漕ぐ。
 湖の中央に着き、いざ散骨となったら泣き出すイーディ。「大丈夫?」「違うの、これは感謝の涙」
 「あっ、そっか、わかるよ、フーバーさん、良くしてくれてたもんね」
 「マーサの事じゃないって。あなたに感謝してるのよ」「私に?」
 「そう、ずっといじわるしてきた私に…、あなたはこうして散骨出来るようボートまで漕いでくれた…」
 「やあねえ、そんなもお、大げさだって」
 「そんな事無い。みんな知らん振りなのに、あなたは来てくれた。それをあたしったら下心があるだなんて…。
スーザンってホントに良い人」
 「あ…」「自分が恥ずかしい…」泣くイーディ。
 「ねえ、そんなに自分を責めないで。あたし良い人なんかじゃ無いから」「良い人だって」
 「ああ…、困っちゃったなあ」
 「マーサは亡くなったけど、神様は私を一人にはなさらなかった。こんな良い友達がいて、心から感謝してる」
 手を差し出すイーディ。「ありがとう、スーザン」「あなたの家燃やしたの」「はぁ」
 「マイク(ジェームズ・デントン James Denton 声:家中宏) と寝てるんじゃないかって心配で、
おうちにこっそり入って色々調べてたら、はずみでロウソク倒しちゃって、それで、火が…。
ホント、ごめんなさい。…許してもらえないよね」
 イーディ、遺灰をスーザンにぶっかける。(まあ、そうなるよな)

 イーディのうちに到着。スーザンは許してくれなくて良いと言う。
 警察に行っても良いし、蹴り飛ばしても、うち燃やしても良い。イーディは警察には行かないと言う。
 保険会社の調査し直しで保険金遅くなるから。彼女はお詫びの印にやって欲しい事があると言う。
 ポーカーデイに呼ぶ事。行くとは限らないし、お仲間に私を歓迎しろとも言わない。
 時々で良いから、声をかけて欲しい。
 「ええ、じゃあ、毎週火曜日よ。お昼は持ち寄り。何か食べ物持ってくるの」「私は持ってかない」
 「ええ、あなたはいい。…すごくほっとした。ありがとう…。じゃあこれで、シャワー浴びるね。
フーバーさん、洗い流してくる」
 「ちょっと待って。あたし許せない。マーサの遺灰が、下水溝流れていくなんて」「だけどこれ、洗い流さなきゃ」  「ああ、芝生綺麗にしてるのねえ。ここに安住させてあげましょ」「うちの庭に?」
 「良いじゃない。自分ち見ながらとわの眠りに着くの。近所の監視も出来るし。マーサにピッタリ。ここに立って。ホースで流すから」
 「それは遠慮しておく」「断れる立場?」仕方なく前の方に歩いていき、立ち止まるスーザン。
 「マーサ、安らかに」スーザンに水をかかけるイーディ。
(まあ、これで許されるなら御の字よね。イーディに感謝しなきゃ)

感想:いつも面白く笑わせてくれる「デスパレートな妻たち」。今回は考えちゃった。
 話しかけてくれると言うだけで、あんなに性格の悪い、悪口ばかりのマーサを好きだったイーディ。
 まあ、さすがに大人だから、無視ってほどではないんだけどね。まあ、嫌な人とは確かに付き合いたくないし…。 難しいなって…。
関連サイト
くまぷーの海外ドラマblog

|

« アストラル・アパッチ | トップページ | 知りすぎた男 »

デスパレートな妻たち(2) 」カテゴリの記事

コメント

家中で一家兄弟と芝生綺麗などを担当すればよかった?


投稿: BlogPetのちっちゃん | 2006.01.11 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/8099336

この記事へのトラックバック一覧です: 告白の行方:

» 米国TVランキング: 1/2(月)〜 1/8(日) [アメリカに暮らす]
米国TVランキング: 1/2(月)〜 1/8(日)のアメリカ合衆国の週間プライムタイムTVランキングをお伝えします。 【参考】 ☆アメリカの2005-2006年TVシーズン番組表:[ネットワーク別] [曜日別] [2005年秋のプレミア日程] [2006年1月のプレミア日程] ☆オススメ新番組(2004-2005年シーズン編=Lost、Desperate Housewives他) NFLのプレイオフや大学フットボールの最高峰ローズボウル等、フットボール関連�... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 07:08

« アストラル・アパッチ | トップページ | 知りすぎた男 »