« スカイ・ロック・ゲート | トップページ | ひぐれのお客 »

うるわしきシチリア

「うるわしきシチリア」フルメタル・パニック! The Second Raid 第5話 ☆☆☆☆
原作:賀東招二・四季童子 シリーズ構成:賀東招二 キャラクター原案:四季童子 キャラクターデザイン・総作画監督:堀内修 音楽:佐橋俊彦 監督・コンテ・演出:武本康弘 脚本:志茂文彦 作画監督:池田晶子

 相良宗介(関智一)はいきなり千鳥かなめ(雪野五月)に殴られる。
 彼は見知らぬ車を解体していたのだ、爆弾でも仕掛けられてないかと思って。
 しかしこの車は神楽坂恵理先生(夏樹リオ)の新しい車で、不審車では無かった。
 宗介のケータイが鳴り、「こちらウルズ・セブン」と宗介は出る。ツーとシックスに何かあったらしい。
 「ルート・テンで現地に向かう」と、行ってしまう宗介。明日から中間テストなのだが…。
 神楽坂先生、解体された新車を見て泣き出す。

 ビンセント・ブルーノ(郷田ほづみ)はシチリアに逃れていた。
 ブルーノはマフィアのパーティーで、好みの東洋美女を見つけ、彼女と一室にしけこむ。
 しかしその東洋美女はウルズ・ツーことメリッサ・マオ(根谷美智子)だった。ブルーノは彼女に気絶させられる。 カーテンの影にはクルツ・ウェーバー(三木眞一郎)もいた。二人はブルーノを抱えて逃げる。
 クルツが見張りを全員眠らせたはずだったが、お庭でお楽しみをしようとしていたカップルに出くわし、
見つかってしまう。
 宗介が車で助けに来る。ヘリがピックアップしに来る事に変わったそうだ。
 マオの夜会服を見て、「変わった水着」と言う世間知らずにもほどがある宗介。
 13台の車に追われるが、車が古くて90キロ弱しか出ない。
 この苦境にマオとクルツは裏切り者ブルーノを殺してしまって捨てて、荷を少しでも軽くしようかと思い始めるが、それを聞いた宗介が、男だけでは不十分だから、後部シートの裏の武器もまとめて捨てれば良いと言う。
 そこにはマオとクルツ待望の武器があった。
 メリッサ、ルーフの上に顔を出して立ち上がり(危ないと思うが)、「ロックンロール!」と楽しそうに叫んで、
銃撃戦を始める。
 その様を遠くから見ているゲイツ(大塚芳忠)の部下、それをゲイツに報告する。
 ゲイツ、全員まとめて口を封じろと命令する。

 勉強しながら、恋人に楽しそうに電話している女子を横目で睨むかなめ。
 常盤恭子(木村郁絵)がやって来て、かなめが携帯でおどしたら、宗介がちゃんと来るかもと言う。
 恭子は宗介に電話をかけて、繋がった携帯をかなめに渡す。顔を少し赤らめて電話に出るかなめ。
 宗介、戦闘中の車を運転しながら電話に出ている。
 運転中の携帯は危ないから、一度どっかに止めろとかなめは言うが、
「そうもいかん。止まると追試も受けられなくなる」と宗介は答える(携帯を切れ!)。
 時々、気がついては、気絶させられる可哀想なブルーノ。
 話しがうまく、かみ合わず、最後に「バカ」と言って電話を切るかなめ。
 マフィアを何とか撃退したら、サベージ三台が現れる。ルーフを綺麗に剥ぎ取られ、エンジンもいかれる。
 そこに黒いMナインが現れ、宗介達を助けて去る。

感想:あの黒いMナインはテレサ・テスタロッサ(ゆかな)のお兄様?とか思っていたら、違いますね。
 テレサのお兄様ならきっと良い男との期待は裏切りませんでしたが、悪役なんですね。残念です。
 マオはブルーノの好みをリサーチしてから潜入したんでしょうね。
 せっかくのナイスバディをいつもは楽しめず、残念です。

終わるデイ・バイ・デイ 上
賀東 招二著
富士見書房 (2000.11)
通常24時間以内に発送します。
終わるデイ・バイ・デイ 下
賀東 招二著
富士見書房 (2001.4)
通常24時間以内に発送します。
関連サイト Old Dancer’s BLOGとても詳しいです。 Tolstoiの正直めどい。武器に詳しいです。 いろんなことブルーノのセリフが書いてあります。 甘崎庵別館マガジンについて書いてあります。

ちっちゃん俳句「俳優や 動かしている おとなしく」
「白泉社 寝かされていた ウランかな」
        「作り物 入ってみると 博士なり」

|

« スカイ・ロック・ゲート | トップページ | ひぐれのお客 »

フルメタル・パニック TSR(2) 」カテゴリの記事

コメント

ちっちゃんが、お客や、かなめと美輪を勉強したかった。


投稿: BlogPetのちっちゃん | 2005.08.20 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/5513841

この記事へのトラックバック一覧です: うるわしきシチリア:

« スカイ・ロック・ゲート | トップページ | ひぐれのお客 »