« 絶望という名の希望 | トップページ | アクペリエンス・1 »

漕ぎたい

「漕ぎたい」がんばっていきまっしょい 第一艇 ☆☆☆☆
原作:敷村良子 脚本:金子ありさ 音楽:吉俣良 演出:三宅喜重 主題歌「キラキラ」aiko

一部記憶で書いているので間違ってるかもしれません

 少女(瓜生みずき 悠城早矢)が浜辺の艇庫でボートを整備している。
 そこに一人の女性、大野仁美(石田ゆり子)が来る。
 ボートで海に出るから止めるなと言う少女に女性は思い出を語り始める。

 篠村悦子(鈴木杏)は松山高校の新1年生。
 中崎敦子(佐津川愛美)が地面にうずくまって泣いているのを見て、
彼女の近くにいた女の子三人組がいじめたと思う。
 その中のちょっと気の強そうな女、菊池多恵子(岩佐真悠子)が悦子に話す。
 敦子はコンタクトを落としただけだったのだ。気まずい彼女は新入式が始まっていたがコンタクトを捜す。
 そこに鄙には稀な美少年、中田三郎(名前は普通だな 内博貴)が現れ、彼も探してくれる。

 悦子はボート部に入ると決めていた。しかしこの高校にはボート部は男子部しか無かった。
 とりあえず男子部に行く悦子。さっそく入部。
 しかし彼女はマネージャーになる気は無く、女子部を作るまでここで頑張るつもりだった。
 男子部には幼馴染の“ぶー”こと関野浩之(錦戸亮)がいた。 

 悦子がボート部に入ろうとしたのは父親がきっかけだった。
 姉法子(浅見れいな)ばかり贔屓する父幸雄(大杉漣)に反発、
家出した先で真っ直ぐに進む夕日の中のボートを見たのだ。
 その時ふるふるしたから、その気持ちを忘れたくないから、ボートをやりたいのだ。

 悦子の友達、矢野利絵(相武紗季)はどうやら“ぶー”に一目ぼれ。しかし彼女は多恵子を見て隠れる。
 彼女のカンニングをちくった事があるのだ。
 多恵子は頭良いのに、いつもそんな感じでそこが気に入らなかったのだ。
 そんな時利絵はトイレで多恵子と会ってしまう。トイレに閉じ込められる利絵。
 悦子は助けようとするが、多恵子に騒ぎになったら部活は出来ないと脅される。
 思わず助けるのを躊躇する悦子。水をかけられた利絵は悦子の前を黙って通り過ぎるのだった。

 利絵との事が気になる悦子、ボートに乗せてもらえる、カウンター係りとして。しかしカウンターを落としてしまう。 水に飛び込む悦子。どうしてもボートをやりたくてあせってしまったと言う悦子に何かあったのかと仁美。
 「青い空、広い海。何やちょっと楽しそうやもんなあ。くさくさしてた事忘れられそうな気ぃするもんなあ。
でもそんな甘いもんやないよ、ボートは。なめんといて」
 半ば言い当てられショックの悦子、キヌ婆ちゃん(花原照子)に悩みを打ち明ける。
 「姉ちゃんやったらこんな思いせんのやろね」
 「牛は牛なり、馬は馬なり。馬も牛も立派に人の役に立つ。比べる事はないぞね」

 ぶーは心配してくれる。利絵とは気まずい。
 悩み多き彼女はぼんやりしていて体操の相手の中浦真由美(藤本静)の足をくじかせてしまう。
 彼女にしっぷを持ってきた悦子、真由美が三郎に振られるのを見る。その事をそのまま悦子に言う真由美。
 「よう言えるな。そんな普通簡単に言えんのと違う、好きや何て。
失敗して恥かいたり、みんなの噂になったり、怖いやない」
 「まあ確かにな。でも逃げるよりええんやない?自分ごまかして逃げるより。好きなら好き言うた方が。
ぐちゃぐちゃ悩まんと動いた方が。少なくとも後悔はない。ほらな又強なった」
 悦子は各教室に行って女子ボート部員を募集する。多恵子の教室で、多恵子にでてけとやじられる。
 「細胞は、人間に細胞は日々何万個も再生されるんよ。
一週間もすれば外見は同じでもどんどん違う人間になってしまうんよ」
 「それが何?」「うるさい、黙っとけ!」と三郎。
 「この自分は今しかない。一瞬の自分。今感じてる事ごまかしたくない。やりたいんよボート。
あんな風にピターって一つになってみたい。周りの顔色うががう様な毎日はいやだ。
その場しのぎの毎日送るいうのはいやなんよ。深い深い深い友達が欲しい。濃い濃い濃い高校生活を送りたい。やりたいんよボート。やりたいんよ。やりたいよ…」
 利絵、真由美、敦子が部員になってくれた。

感想:夏よね、海よね!青春よね!!方言は魅力的だ!しかし“ぶー”と言うあだ名はいやよね。
 変えてあげなさい、悦子。ぶーだって良い男じゃん。幼馴染過ぎて気づきにくいかもしれないが…。
 中田三郎は美少年過ぎる…。しかし中浦真由美は尊敬しちゃうな。
がんばっていきまっしょい
がんばっていきまっしょい オリジナル・サウンドトラック

がんばっていきまっしょい
敷村 良子
幻冬舎 (2005.6)
通常1~3週間以内に発送します。

関連サイト
SDPの日記
まぁ、お茶でも
画面に向かって裏拳でツッこむ。

 

|

« 絶望という名の希望 | トップページ | アクペリエンス・1 »

がんばっていきまっしょい(3) 」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
今期のドラマはかなり粒ぞろいですよね~~。
「スタンドアップ」みたことないんですが、機会があったら今度みてみようかな~~と思います!

投稿: さゆみ | 2005.07.11 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/4873336

この記事へのトラックバック一覧です: 漕ぎたい:

» がんばっていきまっしょい 第1話 [Born to Skip]
鈴木杏が主演だし、あまり好きじゃないから、見るのやめようかな!と思って [続きを読む]

受信: 2005.07.08 16:47

« 絶望という名の希望 | トップページ | アクペリエンス・1 »