« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | NANA 11 »

火葬

「火葬 The Cremation」クリストファー・プリースト(Christopher Priest) ☆☆☆☆
SFマガジン4月号より

最後まで書いています。注意!

 グライアン・シールドにとって個人の火葬に参列したのは、これが初めての経験だった。
 彼の国では火葬が行われるのは滅多に無かった。
 六週間前に腰を落ち着けた島フルートからここトリンに来てまだ数時間しか経っていなかったが、
すでにカルチャーショックを味わっていた。
 グライアンは一人の若い女性があけすけな視線をこちらに向けているのに気づく。
 彼は故郷でのもつれた女性関係から逃げ出してここに来ていて、
禁欲生活を自分に課したことで物事がよい方に動いていたのだったが、彼女に強い欲望を覚えてしまう。
 女の名はアラニア・マーシア。彼は彼女について行ってしまう。

 彼女によると故人はスライムという虫に咬まれて死んだので火葬にしなければならなかった。
 スライムの雌は寄生虫として幼虫を植えつけることの出来る宿主を探す。
 宿主は通常、動物の死体や落果、あるいは朽木の中だったが、生体でも可能であった。
 スライムは体長およそ15センチ、体毛に触れると痛みを伴う発疹が生じる事がある。
 極端に柔軟でおそろしく素早かった。グライアンはこの虫が病的に嫌いだった。(そりゃそうだろう)
 彼がフルートを落ち着き先に選んだ理由の一つはこのスライムがあまりいないからであった。
 アラニアが彼を導いた場所は有名な景勝地で、
少数の人間の私有地なので多くの人間が見られない所だった。
 彼女はあからさまに誘ってくるが、彼はそのような彼女が嫌になり、元の所へ戻ろうとする。
 しかし道がわからない。結局戻る。
 戻ってきた彼に彼女は「あなたはわたしとセックスすることと、わたしの一族が所有しているお金のことと、
わたしたちから奪い取るためのあらゆるもののことを考えていたのよ」などと言う。
 「わたしたちは復讐が好きなの」かれには島の習慣がわからず、彼の国は長い間島を搾取していた。

 屋敷への帰り道、のどが渇いたと言うグライアンにアラニアはそこに生えている果物を示す。
 スライムが巣をこしらえている木に生えるピュスライム。
 アラニアによると島ではもう友だちではないふたりの人間が、ピュスライムを一緒に食べる事で、
許しを示すんだそうだ。
 アラニアはおいしそうに食べるが、彼は食べる事を拒否する。
 屋敷に着いた彼に故人の長男ファーティンが会いたがっているとの伝言があり、
屋敷を出ようとしても使用人達が屋敷から出してくれない。
 のどが渇いた彼は水を飲ませてくれと頼むが無視される。とうとう彼はあの果物を食べる。
 非常においしいものだった。黄色くて丸い芯も食べてみる。
 おいしかったが、果肉が歯や口蓋にくっつきがちで、小さく黒い種は硬かった。
 噛み砕いてしまった種は苦くて腐敗臭がした。
 果肉の一部は喉を下っていったが、残りは歯にべとついていて、舌で種があちこちにあるのが感じられた。
 顔をあげると庭は弔問客でふたたびいっぱいになっていた。
 ファーティンに妻アラニアとの事を問いただされるグライアン。
 そしてピュスライムを食べてもらえば出て行けるとファーティンは言ってくる。
 グライアンはもう食べたと果実の残りを見せる。「なんてこと、この人、やちゃった!」とアラニアが言う。
 ファーティンが果物に火をつけると、種子は丸くなり、のたうち、急激に縮み上がり死んだ。
 人々の大半はあとじさりをはじめていた。
 グライアンの全身を耐え難い苦痛が走りぬけ、思わすのけぞり、空を見た。飛行機雲が螺旋を描いていた。

感想:文章がうまい。雰囲気だけで読ませる。不安感一杯。
 アラニア、いかにも運命の女って感じで最後まであやしさ満点。
 しかし確かに所変われば習慣が変わるわけで、知らない間に危険な雰囲気ということは現実でもありうる。
 知らないってこわい。でも全てを知るのは無理。知る努力はしないとね。
 グライアンの立場としてはあれで精一杯か。そもそも女関係のもつれで国を逃げ出したのがまずかったのか。
 いや、しかし、気の毒。この手の虫は確かにおぞけが走るよね。

奇術師
奇術師
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.22
古沢 嘉通 / Priest Christopher
早川書房 (2004.4)
通常24時間以内に発送します。

|

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | NANA 11 »

小説「あ~こ」(18)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/4664441

この記事へのトラックバック一覧です: 火葬:

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | NANA 11 »