« アブソリュート・ディフィート | トップページ | バイバイ次郎 »

神は沈黙せず

「神は沈黙せず」山本弘 ☆☆☆☆

最後まで書いています。文字通りあらすじですが…。

 私、和久優歌は6歳の時、両親を豪雨による土砂崩れで亡くした。
 4つ年上の兄、良輔とは別々の親戚に引き取られた。

 中学一年の時、
世界各地のかわいそうな子供たちの実態を紹介した本についての読書感想文コンクールで優勝した。
 私の体験談が先生方の涙を誘ったからだ。
 私は自分の不幸を武器にした、アンフェアだったと自分がイヤになった。
 ある時図書室で本を借りようとしたら、図書委員の人にあなたの感想文は良かったと言われた。
 そしてちょっとアンフェアだったと思ってない?と言われぎくりとする。
 彼女、柳葉月には人の本音を見抜く才能があった。彼女は私の親友になった。

 ある時私と葉月はあるやらせ番組に出る。女子高生の援助交際についての番組だった。
 ファーストキスさえまだだったのに、バカな援助交際をやっている女子高生を演じた。
 もちろん顔も本名も出していない。
 しかしネットで私の名前と電話番号があのムカツく女子高生として出回ってしまう。
 映像を元に調べた人がいたのだ。
 兄がその情報をのせたホームページの作者にメールを送り、番組がやらせである事、
私の情報を取り下げて欲しいという事を丁重に要求したが、言論の自由の弾圧だという返事がくる。

 兄はコンピューターの道に入り、「ダーウィンズ・ガーデン」というゲームをつくる。
 私はライターになろうと小さな編集プロダクションに入るが、意に沿わない仕事をやるのがつらく、フリーになる。

 加古沢黎、ネットでの影響力が強い若き作家。私は彼へのインタビューの仕事を引き受ける。
 そして私が現代人と宗教の関わりについての本を書いたら、それを読んだ加古沢黎が連絡してきた。
 そして私は彼と付き合うようになる。そして加古沢黎は兄、良輔と会う。
 その頃兄は葉月と付き合うようになっていた。
 で、四人であったのだが、葉月は加古沢黎が自分より頭が良い良輔の事を嫉妬していて、
今に何か仕掛けてくると言った。
 葉月は良輔が何か悩みを抱えているらしい事を私に話す。
 兄の悩みはこの世界がシミュレーションゲーム「ダーウィンズガーデン」にそっくりな事だった。
 兄はこの世界を神のシミュレーションではないかと考えていた。私はその反例として超能力の事を調べる。
 そのさい大いに参考になったのが大和田省二という方がやっているサイトだった。
 しかし超能力については情報量が多く、どうまとめたらいいか分からないとサイトに載せていなかったので、
兄と一緒に大和田さん本人に会いに行く。
 その帰り、空から子供が降ってくる。38人の子供が死んだが、3人だけ生き残る。私は加古沢と別れる。
 兄と葉月は結婚し、、空から降ってきた子供の一人を養子にする。
 加古沢が発表した小説「仮想天球」は兄のアイデアを元にしたものだったが、何の断りも無く、
私は抗議するが、逆に加古沢ファンの攻撃を受けてしまう。
 そして過去の援助交際の事がネットで流れ、仕事が無くなる。そして神の顔が現れる。
 兄は「サールの悪魔」という言葉を残して失踪する。

 加古沢の新作「時の振り子」は最後まで読めばそうではないとわかるのだが、
日本の植民地支配を肯定するものとコリアの批判をあびる。
 「時の振り子」に対するテロが起き、日本人のコリアに対する感情が悪化する。
 在日朝鮮人の葉月は兄がいるとわかったオーストラリアに行く。ある日私は加古沢に呼ばれる。
 彼はテロを起こしたのが自分である事を告白する。
 彼はユニークな人物が神によってセーブされると思っていた。私は彼に兄が知ったこの世界の真実を話す。
 加古沢は空から大きな氷の塊が落ちる騒ぎに巻き込まれ死亡する。
 私は兄に会い、人は神なしで正しく生きることが出来ると信じると言い、兄も私の考えの信者になると言う。

感想:怖かったです。一番怖いのは日本の経済崩壊。ウワー!!止めてくれー!!
 ニュースで毎回今日の日本人一人当たりの借金を発表して欲しいと思います。
 政治家さんと経済界のお偉方には頑張っていただきたいと思います。
 あと、やっぱり死んだらそこでおしまいと考えるのも怖いなあ。そうかもしれないけど。
 後大絶滅が定期的に起きているというのも怖い。宇宙が書き割りなんて考えたくない。
 情報が多すぎるという批判がありますが、私はその情報が面白かったです。特に空飛ぶ帆船は良いですね。
 UFOより断然良いです。ぜひ見たい!私は不思議体験は全然ありません。
 でも嘘言うタイプではない人が頭上まじかにUFOを見たと言ってました。
 映画監督の岩井俊二さんはスプーン曲げたそうです。
 この話で印象的なのはやっぱり何かが落ちてくる現象ですね。
 確か最近も汚物が落ちてきた話があったような…。
 的場浩司さんは鳥人間や宇宙人や小人を見たそうですが(ちょっとうらやましい。妖怪体質)、
UFO見た人が怪物見るというのも面白かったです。
 実際霊感体質の人の中にはUFOを結構自由に見れて、
その人と一緒に車に乗っていたら小さなUFOが群がったなんて話も聞いた事があるから、
ちょっと宇宙人とは関係ないんじゃないかと思っちゃいますね。
 でも、怖いのは見たくないです。細部が楽しめました。
 大和田さんが言った愛国心についての言葉は私も普段思っていることなので、嬉しかったです。
 どなたかが書いてらっしゃいましたが、確かに葉月と主人公がやらせに関わるのはおかしいですね。
 私でしたら、援助交際をしている方々をよく事情もわからずに断罪する事は出来ませんし、
人を貶めるためのやらせは出来ません。
 私より遥かに正義感が強い葉月やヒロインなら絶対しないでしょう。
 でも作者はやらせが多い実態と、真実を知りたがらない人の性を描きたかったのでしょうね。

関連サイト
本宮ひろ志「国が燃える」捏造問題、山本弘「と学会」会長をウォッチングするHP
山本弘問題連絡会
山本弘のSF秘密基地
この頃の乱読(読書感想文)
BI@K:writings:書評


|

« アブソリュート・ディフィート | トップページ | バイバイ次郎 »

小説「あ~こ」(18)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/4444223

この記事へのトラックバック一覧です: 神は沈黙せず:

» 『神は沈黙せず』を読んだ! [YOURELIGION]
■□■ 神は沈黙せず■□■■『神様は人間のことなんか見ちゃいない』UFOも、怪奇現象も、超能力も、すべて「神」からのメッセージだった!現代人の「神」の概念を根底から覆す長編書き下ろしエンタテインメント一三〇〇枚。■■22-20sの感想■■これはオモロイ。超...... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 09:42

« アブソリュート・ディフィート | トップページ | バイバイ次郎 »