« ビビット・ビット | トップページ | 学園を取り戻せ☆ »

さよならのバトン

「さよならのバトン」あいくるしい 第六話」☆☆☆☆
脚本:野島伸司 主題歌:「ベン」マイケル・ジャクソン 音楽:千住明 演出:吉田健

 お母さんの真柴由美(原田美枝子)が亡くなった。
 葬式が終わり、
真柴幌(神木隆之介)は南雲愁(本郷奏多)と明示(杉浦直樹)と一緒に喫茶店でチョコパフェ(よね?違うか?)を食べていた。
 喫茶店にこの前明示が由美さんと入った時に肩をぶつけてあやまらなかった傍若無人な若者も含めた四人組がいた。
 喫茶店には不似合いなほどうるさい四人組。
 明示はあの時由美が「やっちゃいますか」と言ってちょっといたずらっぽく微笑んだのを思い出し、
四人組に「バカ騒ぎしたかったら居酒屋にでも行け」とどなる。
 「するか、じじい。カンケーねえだろ」と若者が明示に近づく。
 すると愁が立上がり、その手にはビー玉が握られていた。
 他の喫茶店のお客さん方も一人一人黙って立上がる。気勢をそがれる若者。
 
 幌達、朝帰り。屋根の上に父親の徹生(竹中直人)がいた。昨日からずっとここで悲しみに沈んでいたのだ。
 ご近所の人も集まり、大騒ぎになる。
 豪(市原隼人)がはしごで屋根に上り父親を下ろそうとするが、
徹生は逆に豪から逃げようとして屋根から落ちてしまう
(幸い、大した事は無いみたいだ)。

 一人部屋に閉じこもり外を眺める父。幌が部屋に来てトランペットがなかな音が出ないと言う。
 幌は最後に母親が歌った母親が好きな歌をどうしてもお母さんに吹いてあげたいと思ったのだった。

 一方父親の事を嘆く豪やみちる(綾瀬はるか)に明示が言う。
 「お母さんいなくなって、お前達もショックだろう、つらいだろう。
しかし一方で想像しなさい、お父さんの立場になって想像しなさい。
自分以外、人の気持ちになれるかどうか、想像力がなければ人を思いやろうと思っても、その言葉は響かない。想像してごらん、もう長くない事を知りながら、夜毎あの二階の部屋で、お母さんの側に居たお父さん。
朝が来るたびに、目覚めるたびにまだそこに命がある、ホッとして、
しかし確実にいなくなるんだと又夜をむかえただろう。
そんなお父さん、お前達最低の父親だと思うのか。恥ずかしい男だと」

 告別式。幌と徹生が現れる。
 徹生はトランペットで「愛の賛歌」を吹く
(ピアフの歌。確か元の詩には「あなたが死ねば私も死ぬ」とか書いていると聞いたことがあるのだが…。
ピアフのボクサーの恋人が外国でお仕事をしていた時、彼女は彼に早く帰ってきてと電話した。
恋人は彼女に早く会うために予定と違う飛行機に乗り、飛行機事故で死んでしまう。その後に書かれた歌。
彼女、私と同じぐらいの背丈だったと思うが… Bar「鴇羽」にようこそ)。
 徹生は話す、由美がみちるを妊娠したと言ってきた時、おろせと言った事、
うだつのあがらないバンドをやっていて、結婚する気は無かった事、金も無いし、
どんな子になるかもわからないから。
 お前達がここにいるのは全部母さんのおかげだ、一万人に一人の女だ、
俺は分不相応にそんな女の手に入れてしまった、だから苦しい、代わりなんて永遠に見つからないからと。

 豪、墓参り。木崎ほのか(沢尻エリカ)に会う。世話をしていたお爺さんの墓参りだった。
 又付けてきたのかと思ったと豪。
 「ほれちまう気持ちもわかんなくもねえけどさ」と豪が言うと彼女は違うという手ぶり。
 「ビックリする程似てたの、しば犬」と書いてくる。
 頭をなでようとするほのか(確かにあの頭はなでたくなる頭だ)。
 「ちょっくら吠えたい気分だったんだ」と豪、夕日を見ながら吠え始める。その目には涙が光っていた。

 天文台。唄(松本梨菜)と幌を迎えに来るみちる。天体望遠鏡を見ている幌。
 「亡くなった人はね、みんな星になるんだって、お爺ちゃんが」「それはね」「だから、お母さんもなるんだよね」
 「うん、でも、いつなるのかとは…」「きっと、もうすぐだよ」
 「幌、だけど、お姉ちゃん、昨日は感心しちゃったな。お父さんの事連れてきてくれたでしょう。
幌は本当に人の気持ちがわかる子なんだなあって」
 「お姉ちゃん」「うん?」
 「僕ね、やっぱり涙が出なかったんだ。お母さんが死んじゃったのに、やっぱり涙が出なかったの」
 「気にする事ないよ」「でもね、一生泣かない人っていないと思うの」「うん、きっとそうだね」
 「だから僕もいつか涙をこぼすと思う」「うん」「でもさあ、何だろ?」「うん?」
 「お母さんが死んじゃうよりも悲しい事って」「幌」「それを考えるとちょっと怖い気持ちになるんだ」
 「幌、そんな事考えたらダメだよ」「でも、お母さんの星がいつも見えたら安心なのに」
 「幌、もう帰ろう。明日は学校でしょう」「うん」銀河を見る幌。「見えた」と嬉しそうに言う幌。「お母さんだ」「えっ」  望遠鏡から顔を離す幌。レンズから光が差し込む。「バトン」と言って光を手で包むみちる。
 その手には幌の目薬があった。光は消える。

感想
 田中幸太郎さん演じる瀬戸政希が良い人そうで、嬉しいです。
 ただ彼はなぜ矢口と離れてはいけないのでしょう。そこが不安です。婚約者もいたしみちるの恋が不安です。  豪とほのかも幸せになって欲しいです。

 杉浦直樹演じる明示はこのドラマの良心ですね。しかし人を叱るのは難しいです。
 まあ、人がうるさい事はさほど気にしない人間ですが。

 他人の立場に立って想像する事はおバカな発言をへらす効果もあります。優しくなくてもした方が良いですね。
(ちょっと自分だったらどうするかを考えれば言わない事を言って私に後々までのイジメネタを提供してくれた人達がいます。
ふだん人にすぐに失礼無礼を言う人達ですが、
自分が間違った事で人を非難したとわかってもそういう人達ってあやまらないのよね。
自分こそ失礼な人間のくせにといじめる事が出来るようになりました)
 
あいくるしい オリジナル・サウンドトラック
ベン

関連サイト
どらま・のーと
気ままなNotes
本日のおすすめメニュー

|

« ビビット・ビット | トップページ | 学園を取り戻せ☆ »

あいくるしい(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/4252182

この記事へのトラックバック一覧です: さよならのバトン:

« ビビット・ビット | トップページ | 学園を取り戻せ☆ »