« ローサのぬくもり | トップページ | ビビを見た! »

コンスタンティン

「コンスタンティン CONSTANTINE」2005年 米 2h1 ☆☆☆☆
監督:フランシス・ローレンス(Francis Lawrence)脚本・原作:ケビン・ブロドビン(Kevin Brodbin)脚本:フランク・カペロ(Frank Cappello)撮影:フィリップ・ルスロ(Philippe Rousselot)美術:ナオミ・ショーハン(Naomi Shohan)音楽:ブライアン・タイラー(Brian Tyler)クラウス・バデルト(Klaus Badelt)衣装:ルイーズ・フログリー(Louise Frogley)視覚効果:マイケル・フィンク(Michael Fink)

この頃の私のブログは最後まで書く事を身上としておりますが、今回のは記憶に基づいて書いておりますので間違っている可能性があります(前後関係もあやふや)。注意!

 メキシコ。男が廃墟で槍の穂先を見つける。その穂先を持って歩いていると車がぶつかってくる。
 しかし男は穂先に力を得て無事立ち上がり歩いていく。

 ロサンゼルスのアパート。
 ヘネシー神父(プルイット・テイラー・ビンス Pruitt Taylor Vince)に呼ばれて現れるジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス Keanu Reeves)。
 少女(Johanna Trias)に悪魔が取り付いたみたいなのだ。悪魔を祓うコンスタンティン。
 しかし彼は今度の事に何かが起こりつつあるのではと感じる。
 コンスタンティンを階上から見ているメダルを指で玩ぶ影。
 コンスタンティンはヘネシーに探る事を依頼し、自分は病院に向かう。
 彼は長年の喫煙により肺癌にかかっていて余命幾ばくもなかった。

 一方アンジェラ・ドッドソン(レイチェル・ワイズ Rachel Weisz)は悪夢を見た。
 精神病で入院している双子の妹のイザベルが病院の屋上から身投げする夢だ。しかしそれは現実だった。
 アンジェラは刑事で、病院で妹の死体を見る。
 彼女がエレベーターに乗ろうとするとそのエレベーターにはコンスタンティンが乗っていて、
彼は彼女が乗ろうとしているのにエレベーターのドアを閉めてしまう。

 カソリックの教会にやや同時に現れるコンスタンティンとアンジェラ。
 コンスタンティンはそこにいるハーフ・ブリードの天使ガブリエル(ティルダ・スウィントン)に会いに来たのだ。
 コンスタンティンは一度自殺未遂をしており、彼の地獄行きは決まっていた。
 彼は自分が何度も悪魔祓いをしている事を訴えるが、ガブリエルはそれは全て自分のためだとにべもなかった。 アンジェラの方は神父に妹の葬儀を頼んでいた。しかしイザベルは自殺と思われ、神父は葬儀を拒否する。

 コンスタンティンは助手のチャズ・クレイマー(シア・ラブーフ Shia LaBeouf)の運転でミッドナイト(ジャイモン・フンスー Djimon Houitsou)が経営するクラブに向かう。
 彼のクラブはハーフブリードのためのクラブだった。
 ミッドナイトは中立を重んじ、コンスタンティンに協力する事を拒否する。
 クラブにはメダルを玩ぶハーフブリードの悪魔の男バルサザール(ギャビン・ロズデイル Gavin Rossdale)がいた。

 アンジェラは妹のビデオを見て、妹が死ぬ前にコンスタンティンと言っているのを見る。彼に会いに行く。
 地獄の化け物が現れどうやら狙われているのは彼女だという事がわかる。

 ヘネシー神父は沢山の新聞に手をかざしながらさぐっていた。彼はイザベルと言う声を聞く。
 イザベルの死体を調べるヘネシー。彼女の腕に何かを感じ見ると印があった。
 死体安置所から出て、酒屋に向かうヘネシー。
 いくら酒を飲もうとしても酒が出ず、狂ったように酒瓶を壊しては飲もうとするが、そのまま倒れる。
 酒を飲んでいないはずのヘネシーの口から酒が溢れる。その様を見守るバルサザール。

 ヘネシーの死体を見るアンジェラとコンスタンティン。彼の死体に印しを見つけるコンスタンティン。
 彼はイザベルが手がかりを残していったのではと考え、アンジェラと一緒に彼女の病室を探る。
 そこで見つけたのはありえない聖書の章だった。
 それは悪魔の聖書にはある章でコンスタンティンは武器を提供してくれるビーマン(マックス・ベーカー Max Baker)にその章を読んでくれるよう電話で依頼する。」
 そこにはサタンの息子マモンが父親を超えようとする(?)と書いてあり、
マモンが人間界に現れる事を暗示していた(?)。
 ビーマンの様子がおかしいので急いで彼がいるボウリング場に向かうと、
彼はハエに覆われながら亡くなっていた。
 アンジェラはメダルを見つける。そのメダルはバルサザールのメダルだった。
 コンスタンティンはバルサザールに会いに行く。バルサザールは倒したが、アンジェラが攫われる。
 ミッドナイトに頼んで彼の遺物を使わせてもらうコンスタンティン。
 その力により事件の全容をつかみ、彼は病院に向かう。
 集まっていた悪魔のハーフブリード達を倒し、アンジェラを助けようとするが、
突然助手のチャズが天井に激突させられ死んでしまう。
 ガブリエルの仕業だった。
 ガブリエルは人間があまりにも簡単に神に許されるのを見て、
もっと試練を与えるべきだと悪魔をこの世界に解き放とうとしたのだ。
 コンスタンティンはガブリエルに対抗できず、彼は最後の手段とリストカットする。
 死んだ彼の目の前にサタン(ピーター・ストーメア Peter Stormare)が現れる。
 コンスタンティンから話を聞いたサタンは息子を地獄に戻し、
コンスタンティンの願いを一つ聞いてやることにする。
 コンスタンティンの願いはイザベルを天国にいかせる事だった。
 サタンは願いを聞き入れコンスタンティンを地獄に連れて行こうとするが、
天国の門が開き自己犠牲をした彼を連れて行こうとする。
 サタンはコンスタンティンを神にやるつもりはなく、彼を生き返らせ、ついでに肺癌も除去する。
 生き返った彼は翼を無くしたガブリエルをなぐり、槍をアンジェラに渡し、自分は禁煙する(と私は思ったんだが)。

感想

 私にとっては楽しい映画でした。
 教会にいた若い神父(Nicholas Downs)さんが結構ハンサムで嬉しかったです
 (神父の制服フェチとしては)。
 色々なガジェットが面白かったです。ラテン語が書いてあるメリケンサックとかとか…。
 聖水化した水をスプリンクラーで撒くというのはナイスアイデア。
 ロシアンブルー(?)のネコ、可愛い、可愛い(ネコなら何でも可愛いかな)。ハエと言ったらベルゼブブ。
 いかにも悪魔といった感じ。まあハエ自身は単なる昆虫だけど。頭半分無い悪魔達も良いですね。

 役者さんも魅力的でした。天使がぴったりのティルダ・スウィントン。
 悪魔が楽しそうなピーター・ストーメア
 (地獄は大人の遊びのテーマパーク。楽しそうですね。
 天国は退屈な人間ばかりだから地獄に行きたいとマキャベリも言ってるし)。
 バルサザール役の方はミュージシャンらしいですが、割とセクシー系(ちょっと昔の)かと思います。

 自殺は地獄行きというのはあんまりですね。葬式もあげてもらいたいです。

 

|

« ローサのぬくもり | トップページ | ビビを見た! »

映画「か~こ」(7)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/3746634

この記事へのトラックバック一覧です: コンスタンティン:

« ローサのぬくもり | トップページ | ビビを見た! »