« 禍つ星 | トップページ | ラストダンスは誰と☆ »

七日七夜

「七日七夜」山本周五郎 「あんちゃん」新潮文庫 より ☆☆☆☆

最後まで書いています、注意!

 本田昌平は三千石ばかりの旗本の四男坊。彼は戯作の筆写で小遣い稼ぎをしていた。
 内職は禁じられていたが小遣いが足りない。しかし腹が減って手が振るえ字がうまく書けない。
 いつまで待っても朝食のお呼びが来ないのでこちらから行く。どうもこちらに飯を出すのを忘れていたらしい。

 長兄は結構収入があるのだが、吝嗇家で、次弟は町奉行の書記に出し、三弟は家扶の代役に使い、
昌平は下男同様の扱いだった。
 小遣いは下男の給金より少ない。
 外へ出るな、みっともないとよく言われるが、着る物は順送りのお下がりで満足な品は一つも無い。
 兄嫁にもいざ合戦の時のために縫い繕いや洗濯などを自分でしろという意味の事を言われる。
 おかげで召使達も彼には冷淡だった。

 出された飯と汁はすっかり冷え切っていた。さっき来た時は暖かい飯と味噌汁の匂いがしたのにである。
 昌平は切れた。膳をはね返し、兄嫁の所に行き、金を出させた。

 昌平は新吉原の遊女屋へ上がった。
 遊女も他の者も皆彼に世辞を言い、彼は嬉しく涙ぐみまでしたが、朝目が覚めると皆の態度は一変した。
 ものすごい金を要求され(吉原は金がかかるから、ぼったくりでは無い)、辛らつな事を言われる。

 岡場所に行く。やはり最初は好意的だが、金を取れば鬼のように変貌した。

 雨でずぶぬれの彼は「仲屋」という店に入る。
 注文もしないのに品が出て、又金を強奪するつもりかと思ったが、つきだしは酒についてて只だった。
 昌平は感動する。店の者も客達も優しかった。昌平は酔い、自分の感動を話し、酔いが度を越し、喚き出した。
 とうとう喧嘩になり、何度も殴られ、最後に彼は思わず叫んだ。「お母さま 堪忍して下さい、もうしません」

 昌平がわれに返ったのは朝のことである。ひどい病気だった。
 彼に優しくしてくれた客達や、喧嘩相手の若者や、その親方が謝罪に来た。謝りたいのはこっちだった。
 「仲屋」の父娘(おやこ)の親切には言葉がなかった。
 どうも彼はお屋敷での彼への仕打ちを全部話していたらしく、
客達はそんなお屋敷へはお気の毒で返せないって云っていたそうだ。
 そして彼は此処で一生暮らすとも言っちゃったみたいで、その気で住む家の心配をしている者までいるという。
 彼は二十六年の暮らしぶりから、お金の事も、遊びまわった事も、ひどい目に会った事も何もかも話していて、
そして何よりも皆があっと思ったのは彼が言った「お母さま、堪忍して下さい、もうしません」という一言だった。
 それで彼の話が全部嘘ではないとわかったのだ。

 深川仲門前に「仲屋」というたいそう繁盛した居酒屋があり、
そこの千代という娘に武家出の養子を取ったそうである。

感想

 実はこれ読み解きに自信が無い。
 あの「お母さま、堪忍して下さい、もうしません」っていうのは彼が母親によく折檻されていたって事?
 でも千代さんが、自分も母に死なれて、いっそう共鳴したと書いてあるから、違うような気がする。
 あれは彼が普段からいじめられているから、何かと言うと謝り言葉が出てしまうということかな。
 男の人は危機に陥った時「お母さん」と脈絡も無く言っちゃうらしいが。
 何だかんだ言って、お母さんこそいざと言うとき助けてくれるヒーローなのかもしれない。

 誰に対しても敬意を持って対応した方が良いよね。尊厳を踏みにじるのは誰にとっても良くない。

あんちゃん


|

« 禍つ星 | トップページ | ラストダンスは誰と☆ »

山本周五郎(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/3537403

この記事へのトラックバック一覧です: 七日七夜:

« 禍つ星 | トップページ | ラストダンスは誰と☆ »