« 特攻大作戦 | トップページ | 突入!死後の世界 »

惨劇の館 他

「MONSTER モンスター」原作:浦沢直樹 キャラクターデザイン:藤田しげる キャラクター原案:高坂希太郎 シリーズ構成:浦畑達彦 音楽:蓜島邦明 監督:小島正幸 エンディングテーマ「for the love of life」歌・作詞・共同作曲:David Sylvian 共同作曲:蓜島邦明

「惨劇の館」第7話 ☆☆☆☆☆
 脚本:浦畑達彦 絵コンテ:サトウシンジ 演出:井上茜 作画監督:山縣亜紀

 ニナ・フォルトナー(能登麻美子)と天馬賢三(木内秀信)がニナの家に帰ると家は静まり返っていた。
 マウラー(秋元羊介)が警察に電話しておくと言っていたのに警察の気配は無く、
入ってみると三人とも殺されていた。
 天馬は生き返らせようとするが、無駄だった。ニナはその時自分が兄を殺そうとした事を思い出す。
 電話は繋がらず、ヨハンが来るかもしれないとテンマはニナを連れて出ようとすると、
玄関に二人の男が立っていた。
 彼らは警察手帳を示し、通報を受けたと言った。テンマ達は彼らの車で運ばれる。
 しかしテンマは電話も繋がらないのに誰が連絡したのかとか色々疑問がわいてき、
ふと一人のコートに血が付いていることに気付く。
 その時検問で車が止まる。検問をしていた警官と二人の男は顔なじみだった。
 テンマがドクターと名乗っていないのに彼らがテンマをドクターと呼んだ事で疑惑は決定的になり、
ニナと一緒に川に飛び込み逃げる。

 テンマは川沿いにあった小屋にニナを残して警察に行くが、そこに例の二人がいた。
 テンマは警察は避け、マウラーの新聞社にニナを預けようと思う。
 しかし彼女は小屋にはいず、書置きが残されたいた。

 怖い、やはり。さっきまで元気に生きていた人がもう動かない。殺されている。
 実際家の人皆が殺されている事はあるんだが、この世のものではない気がするだろう。
 なんか足がフワフワガクガクし、現実感がわかないだろう。

「追われる身」第8話 ☆☆☆
脚本:浦畑達彦 絵コンテ:小島正幸 演出:中村亮介 作画監督:山本善哉

 エヴァ・ハイネマン(小山茉美)はルンゲ(磯部勉)の訪問を受ける。
 彼はハイデルベルク城で見つけたネクタイを調べていた。
 そのネクタイはある店の上得意に向けた限定生産品で、その顧客リストには彼女の名前もあったのだ。
 彼女はそのネクタイを知らないと言う。彼女は病院に行ってテンマを訪ねる。そして彼にやり直したいと言う。
 しかし彼はやらなきゃいけない事があると断る。
 彼女はネクタイの事を警察にばらすと彼に向かって言うが、彼は何も言わずに去っていく。彼女は警察に言う。
 テンマは辞表を出し、警察が来た病院から逃げる。

 エヴァ、まともにしてれば美人なのに、相変わらずのビッチぶり。
 彼女が本当にテンマを愛しているのかどうかわからない。
 彼といた時が一番幸せな時だったから固執してるのかもしれない。
 ルンゲ、原作よりすっきりとした顔になっている。
 声がメチャクチャ渋いから、声にあわせて顔もちょぴっと良くなったか。

「老兵と少女」第9話 ☆☆☆☆
脚本:浦畑達彦 絵コンテ:片渕須直 演出:池田重隆 作画監督:高岡淳一

 キーセン警察署の前、傘を差しながら水たまりに飽かずに何度もジャンプしている少女(田中真知子)。
 警察署の中では、ルンゲに事情徴収されているヒューゴー・ベルンハルト(山野史人)。
 ベルンハルトは外人部隊出身でセミナーを主催していた。5ヶ月前、テンマは彼に銃を習いに来た。
 まず縄跳びをやらされる。そこには無表情に縄跳びをやり続ける少女がいた。
 少女のようにはうまく跳べないテンマ。少女はベルンンハルトの子供でも孫でもなかった。
 ミャンマーで彼は少女の母親を少女の目の前で撃ち殺したのだ。母親は銃を構えていた。
 しかしそれ以来少女は笑顔を見せた事が無かった。ある日テンマはベルンハルト達に肉じゃがを御馳走する。
 木を削って作った箸も付けて。少女は箸をうまく扱えたが、ベルンハルトは惨憺たるものだった。
 思わずテンマが笑うと、彼を睨みつけるベルンハルト。

 5ヵ月後、テンマは書置きとお金を置いて出て行く。テンマは肉じゃがも作っておいていた。
 やはり箸がうまく使えないベルンハルト。すると笑い声が聞こえた。少女が笑っていたのだ。

 ルンゲにテンマの行方を聞かれてそれは言えないと答えるベルンハルト。
 警察署の前には少女が待っていて手を差し出し、にっこり笑っているのだった。

 本筋もすごいが、脇筋も良いのがこの方の特徴。思わず涙が出ちゃうよね。
 本筋は結構ホラーだが、随所に良い話が…。


有難う、助かります。基本情報はこちらへ
D2_STATION アニメ感想・情報データベース

|

« 特攻大作戦 | トップページ | 突入!死後の世界 »

モンスター(36) 」カテゴリの記事

コメント

きょうpapiは水たまりへデザインしたかったの♪
しかしきょう、ルンゲへ演出するはずだった。

投稿: BlogPetの「papi」 | 2005.03.18 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/3336583

この記事へのトラックバック一覧です: 惨劇の館 他:

« 特攻大作戦 | トップページ | 突入!死後の世界 »