« 遊びの時間は終わらない | トップページ | 学園祭がやってくる☆ »

エレファント

「エレファント Elephant」2003年 1h21 米 ☆☆☆☆☆
監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)撮影:ハリス・サヴィデス(Harris Savides)

 オレゴン州ポートランド。どう見ても危なっかしい運転の車。
 とうとうジョン・マクファーランド(ジョン・ロビンスン ジョン・ロビンソン John Robinson)が降りて、
アル中の父親(ティモシー・ボトムズ Timothy Bottoms)に代わり運転する。

 イーライ(イライアス・マッコネル Elias McConnell)はポートフォリアのための写真を撮っている。

 兄のポールにアル中の父を迎えに来てくれと連絡していると、
遅刻の事でルース校長(マット・マロイ Matt Malloy)に呼ばれる。

 ワット高校。美しい校庭。スポーツに興じる高校生達。
 ネイサン(ネーサン・タイスン ネイサン・タイソン Nathan Tyson)が校舎に入ると、
恋人のキャリー(キャリー・フィンクリー Carrie Finklea)がいて一緒に歩く。
 二人で事務局に外出届を出す。ジョンも車の鍵を預けに来る。誰もいない部屋でこっそり泣くジョン。
 そこにガールフレンドのアケイディア(アリシア・マイルズ Alicia Miles)が来る。
 彼女はジョンに軽くキスして「同性・異性愛会」に行く。

 廊下でイーライに会うジョン。イーライはジョンの写真を撮る。外に出るジョン。
 重たそうなバックを持って軍隊みたいな格好のエリック(エリック・デューレン Eric Deulen)とアレックス(アレックス・フロスト Alex Frost)に会う。
 「何するんだ?」「中に入るなよ。地獄になるぞ」「何が?」驚いた表情のジョン。

 物理の授業中、濡れたティッシュ玉(公式サイトより DVDではバナナと言っている)をぶつけられるアレックス。
 カフェテリアで何かメモをとっている。生徒達のざわめきが彼を押し包む。

 短パンを履いてくるよう叱られているミシェル(クリスティン・ヒックス Kristen Hicks)。
 更衣室で着替えていると「ダサイ子」と言う声が聞こえる。

 ブリタニー(Brittany Mountain)、ジョーダン(ジョーダン・テイラー Jordan Taylar)、
ニコル(Nicole George)の仲良し三人組。
 せっかく食べても、トイレで吐き戻している。

 アレックス、ネットで銃を注文する。エリックとナチスの時代のドキュメンタリーを見ていたら銃が届く。
 さっそく試射する。シャワーを浴びながら、キスしたことないからと二人でキスをする。
 着替えて、作戦を確かめて、学校に向かう。そして殺戮を始める。
 「こんな嫌なめでたい日もない」(シェイクスピアの「マクベス」のセリフだそうです)

 ベニー(Bennie Dixon)、何がなにやらわからず、学校の中をさまよう。

 結構綺麗な学校ですが、廃校になったばかりの校舎を使ったそうです。
 生徒達は現役高校生からオーディションで選びました。
 「エリーゼのために」はアレックス役の子が実際にアドリブで弾いた曲。
 「エレファント」と言う題名にどうしてしたのかと言うと、この作品を製作会社に提案した時、
「高校での乱射事件」がテーマだと話したら、重役に「エレファント」みたいな作品ならかまわないと言われ、
「エレファント」という作品はアイルランドの民族対立がテーマの作品で、
アプローチに共通点があると感じて同じ題名にしたそうです。
 ドキュメンタリーの「エレファント」は部屋に象がいても見ないふりとかいう話から取ったらしいですが、
こちらの「エレファント」は目が不自由な方々が象を触ってどんな動物か言うあの説話の意味もあわせているらしいです。
 イーライは実際にフォトグラファーを目指していて、ジョンには家族にアルコール依存症の人がいて、
ネイサンはスポーツマンで彼女がいるそうです。
 銃撃事件を起こす少年達は初めは殺人や殺人未遂の体験がある子の中から捜そうと思ったんですが、
ピンと来る子がいず、
そう言えば二人とも犯行前なのだからと犯人の少年達と似たような悩みを抱えた少年を選んだそうです。
 登場人物達が交わす会話はほとんどアドリブ。

 誰が殺されたのかとかはこの映画ははっきり示しません。
 警察が介入する場面も撮ったそうですが、しっくりこないので使わないことにしたそうです。
 実際それは大事な事では無いのでしょう。日常の積み重ねの上にある非日常。
 問題を抱えている子は大勢いるのに、どういう道筋をたどってかはわからないけれど、殺戮を実行した子。
 もちろん殺された人達が一番可哀想ですが、犯人達もどこか気の毒。殺しを実行した子達としなかった子達の差。 さほど無いような(やっぱりあるのか)。学校は結構閉じているから、他にも価値基準がある事がわからない。
 周りに何と言われたって自分が自信を持っていれば良いんだけど。いじめは気持ちを萎えさせるけどね。
 いじめする子も問題がある子だと思うけど。

 校庭も校舎も結構広々としていて綺麗。ジョン・ロビンスンの綺麗なサラサラヘアはブリーチ。美少年ですね。
 美少年がもてるとは限らないけれど。
 私はイーライが好みですが、ネイサンみたいなスポーツマンが一番もてるでしょう。
 ミシェル、初め男の子と思っちゃいました。

 アレックス役の子が弾いたおかげでベートーヴェンが使われているわけですが、とってもピッタリで、
アレックス役の子に感謝です。
エレファント デラックス版ELEPHANT

なるほどと思ったサイト
映画で英会話/Tango Tango!!
映画≠日誌
Augustrait

|

« 遊びの時間は終わらない | トップページ | 学園祭がやってくる☆ »

映画「う~お」(11)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2854439

この記事へのトラックバック一覧です: エレファント:

» 【シリアス】「エレファント」/ガス・ヴァン・サント [Augustrait]
“こんな嫌な めでたい日もない” 注; 今回の映画評では、実験的に解題的要素も採り入れています。かなりの長文なうえ、映画の細部についても言及し、非常に先... [続きを読む]

受信: 2005.03.21 13:00

« 遊びの時間は終わらない | トップページ | 学園祭がやってくる☆ »