« ターミネーター 3 | トップページ | スパイダーマン2 »

トンボ

「トンボ」ゲド戦記外伝より アーシュラ・K・ル=グウィン ☆☆☆☆
Ⅰ アイリア Ⅱ ゾウゲ Ⅲ アズバー Ⅳ アイリアン

最後まで書いてます。注意!

 アイリア一族は豊かな領地を持ち、土地と人身の把握に努め、収益は土地に還元し、
専制的な君主が手出しをしようものなら、これと闘って押し返していた。
 しかしこの一族も少しずつ変わり、衰えていき、今では相続をめぐって互いに争うようになっていた。
 なかば廃墟と化したナラの木に囲まれた古い館。
 その所有者のアイリアは全領土は自分の物と主張して裁判を起こし、遺産を空しく費やしてしまった。
 今は自分のぶどう園でできた赤ワインを飲みながら過ごしていた。彼にはトンボと呼ばれる娘がいた。
 娘の母親はどこか西の方の島の出で、トンボの出産がもとで亡くなっていた。トンボは家政婦に預けられた。
 トンボが13になるとぶどう園の管理人と家政婦は主人にお嬢さんもそろそろ命名式をお挙げにならないとと進言した。
 彼らが西池のまじない師か村住まいの魔女にやらせましょうかと聞くと、
主人はあんなもの達にやらせるのかと怒り出し、家政婦らは仕方なく仕事場に戻った。
 トンボは自分で村住まいの魔女バラの所に行って名づけてもらう事にした。
 バラによるとトンボは何か大きな力を持っていると言う。トンボはバラから「アイリアン」と言う名まえをもらう。

 西池のアイリア家の当主カバノキは、貴族の間で本物の魔法使いを雇う事が流行になっていたので、
ゾウゲと言う若者の魔法使いを雇った。
 彼は杖もマントも手にしていなかったが、ロークに帰れば正式の魔法使いの称号が与えられると言っていた。
 主人の末娘バラからナラの木に囲まれた館の娘が花盛りの木のように美しい人と聞いて興味を持ったゾウゲは、丘を登って館まで行って連れてきた馬を犬に噛まれてしまった。
 そこでトンボが犬達をおとなしくさせた。 
 ゾウゲはトンボを手にいれたいと思い、トンボは彼からロークの事を聞きたがった。
 トンボは男といつわってロークの学院に入る事にし、ゾウゲはそれを手伝う事にした。

 トンボは学院の扉を叩いた。守りの長はトンボが女と知りながら中に入れた。
 彼女の事は長達の間で議論になったが、とりあえず彼女は様式の長アズバーと一緒に森の中で暮らした。

 学園は彼女をめぐって二つに分かれてしまった。
 彼女を追い出すべきだと主張する呼び出しの長トリオンはかつて死の国の石垣の向こうから戻ってきたのだが、
脈が無く死んだと判断された。
 しかし彼はよみがえり、黄泉の国から戻ってきた自分が大賢人になるべきだと主張した。
 呼び出しの長はとうとう院生達やその他の長達を使って彼女を実力で追い出そうとした。
 彼女は全てがあるがままの姿でいるという丘の上で会おうと主張。
 丘の上でトリオンは乾いた骨になり、彼女は竜になって仲間の元に飛ぶのだった。

 トンボの英語名はdragonfly。最初から最後は暗示されているのだろう。竜が暗示するものは何か?原初の力?  この世界の女達も太古の力と通じている。
 と言ってもル=グウィンは具体的に象徴を考えて書いているわけではなく、物語から汲み取っているのだろう。
 物語が人間と竜は元々一つのものだと教えたのだろう。
 トンボは竜の心に突き動かされてロークに行く。
 死者である呼び出しの長を死者に戻し、学院に竜と人間の関係を示唆する。
 ル=グウィンは女だけど、なぜ学院は男だけという事になったのか。
 もちろん実際の私たちの世界では過去大学は男だけのものだった。
 そして不思議な力と女の結びつきは強い。あっ、駄目。私の頭ではどうもうまく汲み取れないや。
ゲド戦記外伝

私よりよほど優れた書評です
蒼穹の回廊書評

|

« ターミネーター 3 | トップページ | スパイダーマン2 »

ゲド戦記外伝(2) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/3105081

この記事へのトラックバック一覧です: トンボ:

« ターミネーター 3 | トップページ | スパイダーマン2 »