« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 21グラム »

人が人を救うという事

「人が人を救うという事」「救命病棟24時」第3シリーズ 第1話 ☆☆☆☆
原作・脚本:福田靖 音楽:佐橋俊彦 演出:若松節朗

 小島楓(松島奈々子)は悩んでいた。
 恋人の加賀裕樹(石黒賢)にシアトルに一緒に行ってくれないかと言われたのだ。
 一時は行く気になったのだが、日本に一時帰国していた進藤一生(江口洋介)に会った事によって心は揺れ動く。 迷っている気持ちを恋人に伝えると「もう駄目だね」と言われてしまう。そんな時、巨大な地震が起こる。

 実は私はこの「救命病棟24時」というドラマシリーズはあまり好みではなかったりする。
 どうもひねくれているせいか、真っ当なドラマが苦手だ。
 しかし今回のテーマ「災害時の病院」というのは興味があるので、しばらく見てみようかと思う。
 
 関東大震災の映像を見た事がある。
 初期の時は所々火が出ているのだが、皆それほどあせって逃げてはいなかった。
 しかしこの地震で死者9万9331人、行方不明者4万3476人を出してしまっている。
 火は瞬く間に燃え広がってしまったのだ。怖い。

|

« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 21グラム »

救命病棟24時(6)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2545249

この記事へのトラックバック一覧です: 人が人を救うという事:

« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 21グラム »