« かあさん死んだ | トップページ | シルミド »

ヘリが運んだ夫婦の愛!

「ヘリが運んだ夫婦の愛!」救命病棟24時 第三シリーズ 第三話 ☆☆☆
脚本:福田靖 音楽:佐橋俊彦 演出:若松節朗

 河野医院は医薬品が底をつきつつあった。
 院長の河野定雄(平田満)の説得もあって、ついに進藤一生(江口洋介)はここで患者を診ることをあきらめる。
 病院の前に集まっていた被災者達には近くの学校の救護所に行ってもらう。

 そんな時、院長の息子の和也(小栗旬)ががれきに埋まっていた母親の敬子(山口美也子)を連れてくる。
 進藤の診察では彼女はクラッシュ症候群にかかっている恐れがあった。
 それは阪神淡路大震災の時に初めて広く知られた症状で、筋肉が長時間、圧迫され続けると、細胞が壊れ、
中のカリウムが大量に血液に流れ込むというもので、心停止をする恐れさえあった。
 早急に人工透析を受ける必要がある。
 院長は看護師の河原崎美江子(深浦加奈子)と一緒に学校の救護センターに行くことにして、
進藤は敬子さんを背負って和也と一緒に東都中央病院に行く。

 東都中央病院には寺泉隼人(仲村トオル)が妻の香織(渡辺典子)を連れてきていた。
 そこで寺泉は磯部望(京野ことみ)と一緒にやって来た娘の千尋(福田麻由子)に会う事が出来た。
 秘書の青木杜夫(小須田康人)が連れてきてくれたのだ。
 寺泉は香織達を残して秘書と一緒に首相官邸に行ってしまう。しかし香織は見た目より重態だった。
 彼女もまたクラッシュ症候群だったのだ。
 しかし病院には人工透析に必要な大量の水が無く、小島楓(松嶋奈々子)は苦悩する。
 そんな時進藤が敬子を背負ってやって来る。小島は寺泉に電話する。
 患者の搬送のためにヘリを寄越してくれと頼むためだ。
 寺泉は自衛隊のお偉いさんに土下座してヘリを頼むが、断られてしまう。寺泉は会議に出ずに、ヘリを捜しに行く。

 一縷の望みを託して進藤達は敬子と香織を屋上に運ぶ。そこにヘリが来る。

 政治家は偉ぶっているという一面的な見方は反対ですが、皆から先生、先生と言われ続ければ、
誰でも勘違いをする恐れはあります。
 家族を大事にするのは当たり前の事ですし…。
 寺泉は内閣に入るチャンスを棒に振って妻を助ける事を選んだんですよね。
 寺泉の代わりになる人材が議員の中にいる可能性は高いですが、家族の代わりはいませんから、
正しい判断だったと思います。
 重症患者の搬送は大事な事ですし。
 自分のお金でヘリをやとったんですね
 (どっかの経営コンサルタントのヘリ?コンサルタントという文字は読めたが…)。
 自分のためにやったくせに、今回限りだぞと偉そうでしたが、このドラマが終わる頃には、
もう少し人の立場にたって考える力をつけている事と期待します。

|

« かあさん死んだ | トップページ | シルミド »

救命病棟24時(6)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2695029

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリが運んだ夫婦の愛!:

« かあさん死んだ | トップページ | シルミド »