« 二人のヒーロー | トップページ | オーシャンズ11 »

大いなる勇者

「大いなる勇者 Jeremiah Johnson」1972年 米 ☆☆☆☆☆
監督:シドニー・ポラック(Sydney Pollack)原作:レイモンド・ソープ(Raymond W.Thorp)ロバート・バンカー(Robert Bunker)脚色:ジョン・ミリアス(John Milius)エドワード・アンハルト(Edward Anhalt)撮影:デューク・キャラハン(Duke Callaghan)音楽:ジョン・ルベンスタイン(John Rubenstein)ティム・マッキンタイアー(Tim McIntire)
大いなる勇者JEREMIAH JOHNSON

 ジェレマイア・ジョンソン(ロバート・レッドフォード Robert Redford)は前から山男になりたいと思っていた。
 ロッキー山脈の奥に分け入る。初めは魚一匹満足に取る事が出来ない。ある日山で凍死している男を発見する。  その男は死体を見つけた人間に銃を譲ると書いていた。有難く頂く。欲しかった50口径のホーキンだった。

 クマのツメ(ウィル・ギア Will Geer)と名乗る男に出会う。彼に山の暮らしのノウハウを教わる。
 以前魚を取ろうとしている所を見られたクロウ族の赤シャツ(ジョアキン・マルティネス Joaquin Martinez)にも会った。
 ジェレマイアはクロウ族と友好関係を築く。春になり、ジェレマイアは一人で行動する事にする。

 ある日、移住者の白人の子供がネイティブ・アメリカンに殺された現場に出会う。
 2体の死体の側には気が狂った女(アリン・アン・マクレリー Allyn Ann Mclerie)がいた。
 その女はただ一人残った少年(ジョシュ・アルビー Josh Albee)をジェレマイアに押し付け、
自分はどっかに行ってしまう。
 少年は一言もしゃべれず、ジェレマイアは彼にケイレブと言う名前を付ける。

 ある日、首まで埋められた男(ステファン・ギーラッシュ Stefan Gierasch)を見つける。
 その男はデル・ギューと名乗った。マッド・ウルフという族長にやられたのだ。
 デル・ギューによるとケイレブの家族を殺したのも彼ららしい。
 ジェレマイア達は彼らを見つける。
 ジェレマイアは彼らからデル・ギューの持ち物を奪い返すだけのつもりだったが、デル・ギューが殺戮を始める。
 結局全員殺してしまった。

 翌朝フラットヘッド族に出会う。ジェレマイアは狂った女の敵討ちを誓った男として神聖視されていた。
 そこの酋長(Richard Angarola)に贈り物をしたら、
返礼として酋長の娘スワン(デル・ボルトン Delle Bolton)を贈られてしまう。
 断る事は非常に非礼な事で、出来なかった。
 ジェレマイアはデル・ギューと別れ、ケイレブ、スワンの三人で旅を続ける。

 川の近くの土地を気に入るジェレマイア。そこに家を建て、三人で仲良く暮らす。なかなかに楽しい日々。
 そんな時、
マルヴェイ中尉(ジャック・コルヴィン Jack Colvin)とリンクィスト牧師(ポール・ベネディクト Paul Benedict)が現れる。
 フェザー・メサと言うところで馬車が三台立ち往生しているので助けに生きたい。
 ジェレマイアに道案内をしてくれと言うのだ。
 道の途中にクロウ族の墓があった。神聖な場所で本来通ってはいけない所だが、ここを通らないと遠回りになる。  結局通る事にする。彼らと別れ家路に着いたジェレマイアは胸騒ぎに駆られる。
 急いで家に帰ると、ケイレブもスワンも殺されていた。クロウ族の仕業だ。
 怒りに駆られた彼は、クロウ族を見つけて殺す。それからクロウ族が一人一人現れては、彼を狙うようになって…。

 何か神話的なお話でした。最後にはジェレマイアはすっかり伝説の人物になってしまうし。
 クロウ族の刺客が一人ずつ来るのは敬意の現われなんでしょうね。
 それにしても、どうせ殺すのならケイレブ達じゃなく、墓を通った人達にすれば良いのに…。
 ケイレブ、せっかく生き残ったのに可哀想でした。
 ケイレブもスワンもジェレマイアが望んだ人達ではありませんが、すっかり仲良くなって幸せだったのにね。

 クロウ族の男が歌を歌ってジェレマイアの戦意を削ぐのは印象的でした。 なんか怒れる神を鎮めるみたいな…。

 どうやら主人公メキシコ戦争に参加して、すっかり下界がいやになったみたいですね。
 最後に手をあげている男はクロウ族の赤シャツですよね。もう戦いは終わりという事ですよね。

 良い映画でした。饒舌ではなく、雄大な風景にふさわしい描き方でした。ユタ州、綺麗ですね。

|

« 二人のヒーロー | トップページ | オーシャンズ11 »

映画「う~お」(11)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2585466

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる勇者:

» 大いなる勇者 [::: SCREEN :::]
(1972/シドニー・ポラック監督/ロバート・レッドフォード、ステファン・ギラシュ、アリン・アン・マクレリー、ウィル・ギア、マット・クラーク)  数ヶ月前にNHK-BSで流れたのを録画していたもの。30年前に見て以来<ジェレマイア・ジョンソン【原題:JEREMIAH JOHNSON】>という名前は忘れたことがない。♪ジェレマイア〜 ジョンソン〜♪という唄のフレーズも。  レッドフ�... [続きを読む]

受信: 2005.04.27 17:39

« 二人のヒーロー | トップページ | オーシャンズ11 »