« ホワイト・オランダー | トップページ | 機動警察パトレイバー2 »

座頭市

座頭市 」2003年 日本  ☆☆☆☆☆
監督・脚本・編集:北野武 撮影:柳島克己 音楽:鈴木慶一 

 居合いの達人として有名な盲目の按摩、座頭市(ビートたけし)。
彼が泊めてもらった家の女主人おうめ(大楠道代)の困った甥、新吉(ガダルカナル・タカ)が良く行く賭場に行く。
座頭市はさいころの音で丁か半かがわかり、新吉もおかげでもうけさせてもらう。
その金でやとった流れの芸者おきぬ(大家由祐子)とおせい(橘大五郎)。
実は二人は三味線に刀を仕込んでいたが、それが座頭市にばれる。
二人は大店の子供だったが、強盗に一家を惨殺されていた。
二人はその時、密かに飼っていたネズミを見に、縁側の下に入り込んでいたのだ。
二人はその時聞いた「くちなわの頭」という言葉を頼りに、仇を追って流れていた。

 賭けに勝ち続ける座頭市に賭場はいかさまを仕掛ける。
しかし座頭市はそれを見抜き、あっと言う間にその場にいた人間を次々と斬ってしまう。
その賭場を仕切っていたのは銀蔵(岸部一徳)を頭とする地元のやくざで、
銀蔵は服部源之助(浅野忠信)と言う凄腕の用心棒をやとっていた。
一方おきぬとおせいも、実は銀蔵とも通じている扇屋(石倉三郎)と問題を起こす。
扇屋は腕にヘビの入れ墨をしていた。

 最初の斬り合いから、センスが良いと思いました。
確かに残酷には違いないけれど、スピーディーで面白いアングル(かな?)。うまく言えないや。研究していると思う。タランティーノの「キル・ビル Vol.1」より良いアクションなんじゃないかな。
ハッとしました。
大友克洋さんの「童夢」の見開き一面の団地の間を主役二人が飛ぶシーンを見た時の興奮と一緒という感じ。
ああ、だめ、私には感性が無い。うまく表現できない。

 しつこい位に挿入される仲間切っちゃうとかのドジ場面。でも、実際ありそうだよね。
笑いを入れる感覚も悪くないと思う。過剰にリズム感を強調するのも結構好き。
日本の映画ってどっか暗くて真面目という印象があるから、明るいと嬉しい。
最後のタップシーンは狙いはとても好きだけど、本場にはどうしても負けちゃう感じ
(少林サッカーのド素人達の踊りのシーンは好き)。
でも明るく祝祭的にするのは大賛成!

 いろいろと決り切っていないし、欠点はあるけれど、とっても楽しめました。大満足です!

 

|

« ホワイト・オランダー | トップページ | 機動警察パトレイバー2 »

映画「さ~し」(13) 」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。

最後のシーンはほかの方のブログを見ていても、本当に意見が真っ二つに分かれてますね。僕はあのシーンは好きになれなかったですが、全体の作品の出来には拍手です!非常にかっこよく撮れている映画だと思いました。

投稿: ウギー | 2004.12.21 03:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2305588

この記事へのトラックバック一覧です: 座頭市:

» 座頭市 [ウギーの蹴球七日 -蹴球・映画・旅行・アメリカ日記-]
今日は朝一番で銀行に行って(土曜は午前中しか開いてないので)、帰ってきてチェルシー、マンUともに勝った事にちょっとがっかりしながら、借りてきたDVDの中のもう一... [続きを読む]

受信: 2004.12.19 07:48

« ホワイト・オランダー | トップページ | 機動警察パトレイバー2 »