« アイ’ム ホーム 1~3 | トップページ | アイ’ム ホーム 4~8 »

これがウチのアリス☆

「これがウチのアリス☆」学園アリス 第4話 ☆☆☆☆
脚本:島田満 絵コンテ・演出:ワタナベシンイチ 作画監督:服部憲知 監督:大森貴弘 キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤良明 シリーズ構成:横山雅志 音楽:吉森信
学園アリス 1 (1)花とゆめCOMICS

 可愛いテディベアは凶暴な奴だった。
ミスターベアというそのくまは、昔作った人形に必ず魂が宿るアリスの持ち主が、初めて作ったテディベアで、
一説によると目玉のボタンを間違えて付けたので、あんなに凶暴になったとか。
佐倉蜜柑(植田佳奈)はベアに徹底的にボコられたが、今井蛍(釘宮理恵)は耐寒耐熱防音、
衝撃にも強い寝袋シェルター「いもむし一号」の中にすばやく入り身を守る。
そしてリモコンでベアに水をかける。
ベアは水に弱かった。(しかし、あれじゃ顔のぼこぼこはしばらく治らないはず…。漫画でリアルぼこぼこはダメね)

 「自分の身一つ守れないのにこんな危険なゲーム受けて。
少しは巻き込まれたこっちの迷惑も考えて欲しいものね。
あんたの足りない考えでやっていけるほどこの学園は甘い所じゃないのよ。
このゲームこれ以上続ける気なら、こっちに火の粉が飛ぶ前に、その甘えた根性何とかしてちょうだい。」
蛍の鋭い指摘に蜜柑へこむ。(私もへこむ)

 食事を取ってたら、巨大ヒヨコ出現。中等部で飼っている突然変異のヒヨコ、ジャイアント・ピヨ。
お腹がすいているもので、泣きながら追いかけてくる。
後ろからつつかれ、頭がたんこぶだらけになる蜜柑。(普通血が出ます)
この状態を打開するために蛍は飛田裕(大浦冬華)の幻の力を使い乃木流架(安田美和)を呼ぶ。
流架は動物フェロモンの持ち主だった。
幻につられてやってきた流架は蜜柑に不細工と言い、蜜柑、大魔神のように腕を顔の前で上げると怒り顔になる。
流架が何とかしてくれないと、蛍が吹き矢をヒヨコに打ち込むと脅す。(「私、鶏肉好きだし…」by蛍)
見るなと命じて流架が発揮した能力は効果覿面。中等部の生徒に無事連れて行かれる。

 流架がだまされて北の森に連れて行かれたみたいだと聞いた日向棗(朴ろ美)は北の森に行く。
委員長と蛍を火で囲み、蜜柑にアリスを見せろとせまる。棗に襲いかかる蜜柑。強力なアリスを発揮しようとする棗。アリスは発揮されなかった。
山田瀬里菜先生(山田美穂)のアリスで蜜柑達の様子を見ていた鳴海先生(石田彰)が来る。
そして棗の額にキスして、棗ノックダウン。
蜜柑のアリスは自分に向けて放たれた攻撃アリスを無効化するものだった。

 流架とジャイアント・ピヨとのラブシーンは爆笑物。確かにあんな身も世もない姿は周りには見せられません。
流架は動物と一緒にいると無茶苦茶幸せなんだろう。
でも流架は、棗が自分の強すぎる攻撃的なアリスで苦しんで笑えなくなっているので、
なるべく笑わないようにしているのだ。良い奴だ。
蜜柑、棗が欲しくも無いアリスに苦しんでいると聞いて、棗の悪口を言った事を泣いてあやまる。
蜜柑のここが良い所。素直な感激屋さんだ。

 いつも的確に動く蛍。惚れ直しました。流架の恥ずかしい姿を写真に取る事も忘れない。

 鳴海先生は流架とは違ってフェロモンを発揮してもさほど恥ずかしい姿をさらけ出さないですむのね。
流架は動物を心底愛しているが、鳴海先生は愛していなくてもアリスを発揮できるから
(鳴海先生は基本的に人間を愛しているのかな)。
でも棗の額にキスする姿もちょっぴり恥ずかしい。

棗が北の森に現れたときはピアノの音だけが流れ、蛍が煙玉を爆発させてからはテンポの良い音楽に。
うまいと思いました。

|

« アイ’ム ホーム 1~3 | トップページ | アイ’ム ホーム 4~8 »

学園アリス(20) 」カテゴリの記事

コメント

念動力は攻撃系には入らないの?
3話で浮かされてたけど・・・

投稿: | 2008.02.13 12:38

わざわざ読んでくれてありがとう\(^o^)/
攻撃系とは危険能力系の事ですね♪
危険能力系はペルソナの下、学園の裏稼業を担当してい、非常に特殊で、少数です。
念動力さんでは力が足りないんでしょう。
念動力さんは潜在系です。
ちなみに、私間違って解釈してましたが、
心読み君も潜在系です。
中には本当に危険な能力の人もいて、
ペルソナなんてその代表ですが、
かなり可哀想です。

どうかこれからも「学園アリス」、よろしくお願いします!!

投稿: 管理人 | 2008.02.13 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2142409

この記事へのトラックバック一覧です: これがウチのアリス☆:

« アイ’ム ホーム 1~3 | トップページ | アイ’ム ホーム 4~8 »