« レジェンド・オブ・メキシコ | トップページ | プロモーション・ソフィア »

ブレーク・スルー 他

ラスト・エグザイル LAST EXILE
監督:千明孝一 キャラクターデザイン、原案:村田蓮爾 アニメーションキャラクターデザイン:堀内修、ムラオミノル、田中雄一 プロダクションデザイン:前田真宏、小林誠 美術監督:小倉宏昌
音楽:Dolce Triade シリーズ構成:千明孝一、GONZO 企画・制作:GONZO
ラストエグザイル No.08
ラストエグザイル No.09
ラストエグザイル O.S.T.

「ブレーク・スルー Breakthrough」 第16話 ☆☆☆☆脚本:神山修一 絵コンテ・演出:越智博之 作画監督:原修一

 ソフィア・フォレスター(山崎和佳奈)は帝都に帰る。
そして父親にデュシスは寒さで滅び、このアナトレーも又熱に侵されようとしているのだから、
争っている時ではないと訴える。しかし彼女は幽閉される。


 デュシスが攻撃してくる。宰相マリウス(岩田安生)が皇帝(北村弘一)と相討ちになる。
ソフィアも殺される所だったが、ウルバヌスの前艦長のヴィンセント・アルツアイ(郷田ほづみ)に助けられる。
ヴィンセントはウルバヌスの艦長職に戻り、ソフィアを乗せる。

「メイキング・マテリアル Making material」 第17話 ☆☆☆☆
脚本:冨岡淳広 絵コンテ・演出:吉田徹 作画監督:谷口守泰、中本尚子、さのえり、植田二三子

 ヴィンセントはデーヴィッド・マドセイン(秋元羊介)と協定してデュシスを退ける。
ソフィアはデュシスの司令官と会談する事にする。

 シルヴァーナはホライゾンケープに行く。そこではギルドを攻撃するための準備をしていた。
そこでかつての運び屋仲間に会うクラウス・ヴァルカ(浅野まゆみ)。
ヴァンシップ乗り達がなぜ戦争のために集まっているのか。
それはかつてクラウス達の活躍を見たノルキアのマドセイン公爵(?)の考えによるものだった。
自分達のせいでヴァンシップが戦争に使われると知り複雑な思いをするクラウス達。

一回見ただけでは世界情勢がわからないのはまずいと思う。話に深く関わっているのだから。
世界は滅びつつあるのか。デュシスの移民艦ってどこに行くの?宇宙?デュシスは寒くて、アナトレーは暑いの?
このエネルギーの不均衡はギルドのせい?確かにあの科学力はエネルギーを食いそう…。

 LAST EXILE(2クール)
お世話になりました。

|

« レジェンド・オブ・メキシコ | トップページ | プロモーション・ソフィア »

ラストエグザイル(7) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1875293

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーク・スルー 他:

« レジェンド・オブ・メキシコ | トップページ | プロモーション・ソフィア »