« 海峡を渡るバイオリン | トップページ | 魚が家を訪ねる里 »

アリスなんかに負けてたまるか☆

「アリスなんかに負けてたまるか☆」学園アリス 第3話 ☆☆☆☆
脚本・シリーズ構成:横山雅志 絵コンテ・演出:谷田部勝義 作画監督:吉本拓二 飯飼一幸 原作:樋口橘 監督:大森貴弘 キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤良明

 佐倉蜜柑(植田佳奈)は日向棗(朴ろ美)に一体何のアリス(才能の事?)があるのかときかれる。
しかし蜜柑は自分がどんなアリスを持っているのか全然知らない。
そんな事を考えていたら心読み君(松本恵)にすっかり心を読まれる。

 正田スミレ(斎藤千和)達、
棗流架(安田美和)ファンクラブの連中が鳴海先生(石田彰)に蜜柑のアリスは何かと聞き、
蜜柑の学園入学条件が一週間以内にクラスになじむ事だとばれる。
棗は蜜柑に北の森に行き、無事に帰ってくれば、おまえのアリスを認めてやると言われ、行く事にする。
優しい学級委員長の飛田裕(大浦冬華)が付いて来てくれる。
二人が北の森に向かうと底なし沼にはまるが、そこにレスキュー50ラビットの立て看板が…。
ボタンを押してみたら鳥形おまる様飛行物体に乗った今井蛍(釘宮理恵)が来、助けてくれる。
金はしっかり要求されるが…。蛍もなしくずしに付いて来てくれる。
北の森に入るとそこには斧で薪を切るテディベアがいた。

 正田スミレ達に啖呵を切る蜜柑を見て、わたしゃ蜜柑にほれました。
その通りや、蜜柑!アリスがなんぼのもんじゃーい!!

 「勝手に手出ししないで。
このバカ泣かして良いのは私だけだから」
これが愛情宣言と言わずして何だと言うのでしょう!蛍が女で残念です。
まあ、前向きに考えれば、男と女なんてメンドイだけだから、一生付き合える純愛と考えれば良いか…。
それにしても蛍、テクニシャン。冷たく見せて、ちょぴっと優しさを見せると言うのはうまいです。
ちょっとサドっぽいが…。しかし蛍、守銭奴。

|

« 海峡を渡るバイオリン | トップページ | 魚が家を訪ねる里 »

学園アリス(20) 」カテゴリの記事

コメント

面白かったです

投稿: うさ子 | 2006.01.17 19:19

はつ、ありがとうございます。
最近、ブログをおろそかにしている私ですが…。
再放送も見てます。
私が今萌えているのは蛍と台湾版「花より男子」の道明寺ですね。

投稿: tyantyan | 2006.01.17 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2095482

この記事へのトラックバック一覧です: アリスなんかに負けてたまるか☆:

« 海峡を渡るバイオリン | トップページ | 魚が家を訪ねる里 »