« 奇跡の詩 サード・ミラクル | トップページ | グランドストリーム 他 »

秘密の絆

「秘密の絆 Inventing the Abbotts」米 1997 ☆☆☆☆
監督:パット・オコナー(Pat O’Connor)原案:スー・ミラー(Sue Miller)
脚本:ケン・ヒクソン(Ken Hixon)撮影:ケネス・マクミラン(Kenneth MacMillan)音楽:マイケル・ケイメン(Michcel Kamen)衣装:アギー・ゲラード・ロジャーズ

 1957年、
ダグ・ホルト(ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix)は近所の金持ちアボット家のパーティーに兄貴のジェイシー(ビリー・クラダップ Billy Crudup)と一緒に行く。
アボット家は三人の美人の娘達で有名だった。
長女のアリス(ジョアンナ・ゴーイング Joanna Going)は鉄鋼業で金持ちのピーター・バラニンガム(アレッサンドロ・ニヴォラ Alessanndro Nivola)との結婚が決まっていた。
兄貴は次女のエレノア(ジェニファー・コネリー Jennifer Connelly)と親しかったが、
彼女は他の男とも親しげな様子を見せていた。
一人手持ちぶさたのダグに話しかけてきたのが末娘のパメラ(リヴ・タイラー Liv Tyler)。
パメラは真面目な良い子だった。

 ジェイシーとエレノアは肉体関係になり、
エレノアの父親(ウィル・パットン Will Patton)と母親(バーバラ・ウィリアムス Barbara Williams)はその関係に反対だった。
エレノアは遠くのクリニックに送られる。アリスがピーターと別れて実家に戻って来る。ジェイシーはアリスに近づく。
ジェイシーはある噂を信じていた。
母親(キャシー・ベイカー Kathy Baker)が父親が亡くなった後、アボットと不倫の関係になり、
それ故に父の特許を盗まれたのだと。
母には近所との付き合いが無かった。

 結構良かったです。もっとドロドロした感じかと思っていましたが、郷愁系でした。
あの頃のワンピースは良いですね。サマードレスって言うのかな。
ダグとパメラのカップルは純情系だし、景色は綺麗だし。

 ビリー・クラダップはハンサムだが、ホアキンと兄弟という設定に違和感なし。
ホアキン、メル・ギブソンとも違和感無く兄弟だったし、まさか演技力で似せているとか…。
本当の兄、リヴァーの方が似ていないような。
ホアキン、確かこれがきっかけでリヴ・タイラーと付き合っていたんじゃなかったっけ。別れちゃったけど。

 雑誌プレミアのホームページでホアキンが「Walk the Line」と言う映画の撮影中に突然、
壁に頭を打ち付け始め、救急車で病院に運ばれたという記事が載っていた。
彼はカントリー・シンガー、ジョニー・キャッシュを演じているんだけど、
キャッシュの弟が事故死したエピソードがリヴァーが死んだ時の事を思い出させたらしい。
いまだにトラウマなんだね…。ホアキンの目の前で倒れたんだもんね。あれは私もショックだった。
リヴァー、菜食主義者で、環境問題にも関心が深く、まさかドラックをやっているなんて思ってもみなかったから。
彼の背後には何か暗いものがあったのかな。私はホアキンが好き。
グラディエーター」のコモドゥスで惚れたんですが…。
クイルズ」の彼も素敵だった。
この前「バックマン家の人々」を見たが、
結構普通の美少年系の少年で、やっぱり子供の時の顔で大人になったらどうなるかはわからないな。
スペースキャンプ」ではぷっくり系じゃなかったっけ。
リヴァーも「エクスプローラーズ」ではぽっちゃり系だった。

|

« 奇跡の詩 サード・ミラクル | トップページ | グランドストリーム 他 »

映画「な~ほ」(17) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/2047280

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の絆:

« 奇跡の詩 サード・ミラクル | トップページ | グランドストリーム 他 »