« 置き去りの軌跡 | トップページ | 暴かれた策略 »

惨劇の森

「惨劇の森 The Patient’s Eyes」コナン・ドイルの事件簿 MURDER ROOMS 第2話 ☆☆☆☆☆
脚本:デビッド・ピリー(David Pirie)監督:ティム・フィウェル(Tim Fywell)撮影:クリス・シーガー 音楽:ジョン・ラン

 森の一本道を自転車で走る女性。森のはずれには首吊り用の柱。女性が後ろを振り返る。
ナズグルみたいな格好の奴が(顔が見えん)自転車で追って来る。スピードを上げる女性。

 ポーツマスの駅に降り立つドイル(チャールズ・エドワーズ Charles Edwards 声:森田順平)。
学友のターナヴァインが一緒に診療所をやらないかと誘ったのだ。診療所には「診療代は頂きません。
薬代だけ頂きます」という紙が貼ってある。
ドイルが患者を診て、薬は要らないから良いものを食べて栄養を取れとアドバイスする。すると友達が怒る。
薬代でかせいでいるのだ。

 週に一回の有料の日。ミス・ヘザー・グレイス(ケイティ・ブレイク Katie Blake 声:森永明日夏)が現れる。
彼女は時々目がかすむのだ。
そして彼女は森で自転車にのった顔が見えない人間に追いかけられる事をドイルに話す。
彼女は両親を殺人鬼イアン・コートレーに殺されており、彼女自身も当の森の中に裸足で逃げた過去があった。
そして彼女は良くイアン・コートレーの夢を見る。おかげで周りの人間には妄想と思われていた。
ドイルはヘザーが一人、森の中を自転車で行くとき、森を張る事にする。誰もいなかった。

 友達が自分の患者を獲ったとドイルを責める。ドイルは一人で診療所を開く事にする。

 ドイルは又森を張る事にする。今度はナズグル野郎が現れる。しかしドイルがちょっと目を離した隙に見失う。

 ドイルがヘザーの事を手紙に書いたのでベル博士(イアン・リチャードソン Ian Richrdson 声:勝部演之)が来る。

 ヘザーは間もなく両親の遺産を受け継ぐ予定だった。グリーンウェルと言う先生が彼女に求婚していた。

 ドイルは又森で張るが結局ナズグル野郎を見失う。夜、ドイルは森の近くの空き家の二階に人影を見る。
屋敷に入るドイル。窓辺にひるがえる布を見て、窓辺に近づく。後ろから押されて窓から落ちる。

 ヘザーが現在身を寄せている叔母夫婦の家に行くドイルとベル教授。
叔父のコレクションは電気うなぎ(多分)とかタランチュラとか蛇とか怪しい生物ばかり。
叔父の外套はあのナズグル野郎と同じものだった。

 自ら志願して例の道の見張りをやっていたターナヴァインの助手ベインズ。
そのベインズが森に生き埋めにされていた。

 ドイルとベル教授はグリーンウェルに会いに行く。
ヘザーと両親が住んでいた屋敷、イアン・コートレーが両親を殺した惨劇の屋敷に今夜来てくれれば、
ヘザーに私が必要な証拠を示すと言うグリーンウェル。
屋敷に行ったら争う声がして、二階に上がったらグリーンウェルは血を流して倒れていた。不審な影を追うドイル。
反対にやられてしまう。

 ヘザーがいなくなる。

 グリーンウェルが持っていたメモ帳にあった「一つの愛」という文。そして木に刻まれた文字。
ベル教授は森を探索する。森には資材置き場に通ずるトンネルがあった 。
ヘザーを手ひどく振ったという海軍の男ホーラー。彼がナズグル野郎だったのだ。
しかしベル教授にはまだ気になる事があった…。

 面白かったです。イギリスのドラマは私の好みです。もちろん時代の雰囲気が良く出ています。

 ヘザー役のケイティ・ブレイクはジュリエット・ビノシュ似の美人。ドイルは彼女と良い雰囲気になるのですが…。
ホームズの女嫌いのルーツはこれだと言う話なのかな。

 第一話の「ドクター・ベルの推理教室」のドイル役のロビン・レイン(Robin Laing)。ヘイゼルの瞳。赤毛。
177センチ。1976年2月16日生まれ。既婚。息子一人。その他の情報は下記のサイトで
Robin Laing - The Actor (not the folk singer)
結構ハンサムだったので、補足です。イアン・コートレー役の方も誰だか知りたいです。


|

« 置き去りの軌跡 | トップページ | 暴かれた策略 »

コナン・ドイルの事件簿(3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1621589

この記事へのトラックバック一覧です: 惨劇の森:

» BS2「コナン・ドイルの事件簿」(再) [ブログ ド ガジュマル (改装済)]
あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします(*^∇^*)ノ゛[:ピピピ:] いやー、そうきましたか!今度はコナンドイルですか〜。 再放送とはいえシャーロックホームズファンとしては見逃せませんぜ! コナン・ドイルって医者だったんですね?!知りませんでした。 作家自身ををドラマ化するとは・・・BBCすごいです。 興味ある方はNHKのサイト除いてみてください。 「ドクターベルの推理教室」 学生時代のコナン、青臭い!!青臭いぞ!!![:青りんご:]笑... [続きを読む]

受信: 2006.01.04 19:33

« 置き去りの軌跡 | トップページ | 暴かれた策略 »