« 素直な悪女 | トップページ | 猟奇的連続殺人 »

舎利姫

「舎利姫」人魚シリーズ3夜叉の瞳より 高橋留美子☆☆☆
夜叉の瞳

 さっきまで生きていた子供が突然骨になる。それを見た旅の僧侶は思う「やつのしわざか…」

 人魚の見世物をしている老人。12歳の時に人魚の肉を食べたと言う娘が現れる。その娘が刀で腕を少し切る。
しかしその傷跡がすぐ消える。人魚の肉は飛ぶように売れる。それを見ている先ほどの僧侶。

 娘を「物の怪」と言い「成仏せいっ!」と襲う僧侶。娘を助ける湧太。
娘を父親の元に連れて行き、湧太は一晩泊まらせてもらう。寝ていたら娘に襲われ、湧太は家を出る。
僧侶に出会う。

 娘は僧侶が人魚の肝を使って反魂の秘術で蘇らせた者だった。
見世物の男はそのやり方を見て各地で反魂の術を行っているらしい。
僧侶は七日間法力を高めるから、その間娘を見張ってくれと湧太に頼む。
湧太は娘なつめと過ごすうちになつめと生きても良いかと思い始める。

 この本を見たとき「あっ!人魚シリーズだ。出てたんだ。知らなかった、クソー!」と思いながら買いました。
実は「夜叉の瞳」がるーみっくわーるどスペシャルの形で一度出て、
それから少年サンデーコミックススペシャルの形で出たんだと思ったんですね。
私、人魚シリーズの本の形も好きでしたから、できればそちらで欲しかったんです。
「夜叉の瞳」は初めから少年サンデーコミックススペシャルとして出版されたんですね。知りませんでした。

 なつめ、犬猫を殺してはガツガツ食べてます。やっぱり化け物と思いましたが、そうでもなかったです
(私もお肉、食べてるし)。
生きようと思っていたのに…。何が正しいのかはわかりませんね。

|

« 素直な悪女 | トップページ | 猟奇的連続殺人 »

コミック(14)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1585135

この記事へのトラックバック一覧です: 舎利姫:

« 素直な悪女 | トップページ | 猟奇的連続殺人 »