« ペロー・ザ・キャット全仕事 | トップページ | 素直な悪女 »

逃亡者 第11話

「逃亡者」第11話 9月26日☆☆☆☆

 警察に追い詰められる永井(江口洋介)。真犯人は郡司(別所哲也)と国枝(加藤浩次)だった。

 しかしそこに八木(近藤芳正)が現れ、郡司と国枝を逮捕しようとする。
八木と一緒に峰島(阿部寛)や尾崎カオル(水野美紀)も現れた。
藤堂ナツミ(黒川智花)の違法な移植手術の事がばれたのだ。国枝は拳銃で自殺する。

 永井は看護師長(片平なぎさ)によって匿われていた陸(鈴木宗太郎)と再会する。

 永井は淳子(戸田菜穂)の墓参りに行く。
そこで淳子の患者に出会い、その子から淳子がうさぎと喧嘩していたという話を聞く。
その頃、峰島とカオルも事件に疑問を抱いていた。

 淳子が喧嘩していた相手は淳子の父来栖慶介(原田芳雄)だった。来栖こそ事件の黒幕だった。
来栖が移植手術をしたのだ。淳子は父親を告訴しようとしていた。峰島やカオルも現れ、来栖は逮捕される。

 実の父親が娘を殺す。病院がそんなにも大事だったんでしょうか。
今の御時世、確かに良い小児科病院は貴重です。でも娘を殺すほどのものかどうかは疑問です。まあ、お話だし。

 楽しんで見てました、このドラマ。
最終回はやっと見ましたが、9話、10話を見てなかったりするいい加減なドラマ好きです。

ぱぱの背中
「逃亡者」のことならこちらのサイトかと思います。


|

« ペロー・ザ・キャット全仕事 | トップページ | 素直な悪女 »

逃亡者(4)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1569234

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡者 第11話:

« ペロー・ザ・キャット全仕事 | トップページ | 素直な悪女 »