« 読み書きの苦手をのりこえて | トップページ | 逃亡者 第8話 »

アヴァロンの霧

「アヴァロンの霧 THE MISTS OF AVALON」2001年 米 原作:マリオン・ジマー・ブラドレー(Marion Zimmer Baradly) ☆☆☆
 
 5世紀のブリテン島。イングランドの人々はサクソン人の侵入と戦っていた。

 ヒロイン・モーゲイン(ジュリアナ・マルグリーズ Julianna Margulies)はイグレイン(キャロライン・グッドール Caroline Goodall)とコーンウォール公ゴーロイスの娘で母同様不思議な力を持っていた。
母の姉ヴィヴィアン(アンジェリカ・ヒューストン)は湖の貴婦人と呼ばれるアヴァロンの巫女で大地の女神に仕えていた。
アヴァロンは霧に覆われていて、大地の女神に許されなければたどり着けない島だった。
この5世紀のブリテン島ではキリスト教の教えが普及しつつあった。
ヴィヴィアンはイングランドを救うためにイグレインは次の王との間に息子を作らなければならないと言う。
夫への裏切りになると拒否するイグレインだが、結局次の王と恋に落ち、王を殺そうとする夫から救うため、
王に魔法の力で危険を知らせる。
夫は死に、イグレインは王との間にアーサー(エドワード・アタートン Edward Atterton)を生む。

 モーゲインとアーサーは仲のいい兄弟だった。
しかし二人ともまだ子供のうちに、モーゲインは次期大地の巫女として修行を積むためアヴァロンへ、
アーサーは教育のためマーリンの元へ引き取られる。
 
 モーゲインが霧を払う力をつけた頃、
ヴィヴィアンの息子ランスロット(マイケル・ヴァータン Michael Vartan)がアヴァロンを訪ねてくる。
ハンサムなランスロットにモーゲインの胸はときめく。霧の幻影で遠くにいるはずの人々が見える。
ランスロットはその中の一人の女性と話せないかと(?)モーゲインに言い、
モーゲインの力でランスロットはその女性と話をする。

 「ベルテインの祭り」の日、モーゲインはヴィヴィアンの命令で仮面をつけ、
やはり仮面をつけた一人の男と結ばれる。
モーゲインはその相手がランスロットであれば良いと願ったが、相手はアーサーだった。
 
 王が戦いで死にアーサーは即位する。ランスロットはアーサーの友になっていた。
アーサーが結婚する相手とランスロットに紹介した女性はあの霧の中の女性グイネヴィア(サマンサ・マシス Samantha Mathis)だった。

 モーゲインもアーサーに会いに来ていた。
しかしそこでアーサーに自分は仮面をつけて結ばれた女性を愛していると言われ、真実を知る。
モーゲインはアーサーの子供を身ごもっていた。モーゲインはおろすことにする。
しかしヴィヴィアンに止められ、結局生むことにするが、アヴァロンに戻る事は拒む。

 モーゲインの母の妹モーゴース(ジョアン・アレン Joan Allen)は野心の持ち主だった。
モーゲインが出産の後の高熱でうわごとでアーサーの子供と言ったのを聞き、
その子を利用するため自分が育てたいと申し出る。

 アーサーとグイネヴィアとの間には子が出来なかった。
アーサーは自分のせいかもしれないと思い、ランスロットに三人で一夜を共にして欲しいと申し出る。
グイネヴィアとランスロットが惹かれあっている事は明らかだった。
しかし子は出来ず、ランスロットは結婚する。
グイネヴィアは自分が信仰するキリスト教を裏切り、モーゲインに相談したからだと思い、
モーゲインにノース・ウェールズの王と結婚する事を勧める。
モーゲインは王の方では無く、その息子の方との縁談と勘違いし、喜んで受ける。
気付いた時には断る事が出来る状況では無かった。

 モーゲインとアーサーの子モードレッド(ハンス・マシソン Hans Matheson)は成人し、
その前にヴィヴィアンが現れ、アーサーの子であることを告げる。
モードレットはモーゴースと共にアーサーを倒そうと画策する。そして…。

 この作品は復刊ドットコムで復刊をお願いしている作品のドラマ化(現在交渉中)。
本が読みたい。

 モーゲイン役ジュリアナ・マルグリーズはER(ER 緊急救命室 I ―...ER)の看護婦キャロル・ハサウェイ。
ジョアン・アレンは存在感がある。

 ランスロット役マイケル・ヴァータンはハンサムで「エイリアス」(エイリアス ~2重スパイの女...ALIAS Season One)でヴォーンという役らしい。
身長183。1968年11月27日にフランスで生まれている。
父がフランス人で母がアメリカ人。彼が5歳の時に離婚している。
彼はフランスの父(ミュージシャン)とアメリカの母との間を行ったり来たりして育った。
フランスでは18で徴兵されるのでアメリカに移った。
多くの人に役者に向いているといわれ、アクティングスクールに入学。
フランスの映画でデビュー。
彼は俳優になろうとする前、ビリヤードのプロになりたかった。ホッケーをやる。
ドリュー・バリモアは無名の彼を25年目のキスNever been Kissedの相手役に推した。
彼のおばはシルヴィー・ヴァルタン。絵を描いてギターを弾く。
http://us.imdb.com/name/nm0890232/bio
(私は英語力が無いので間違っているかもしれません。)

 ハンス・マシソンはレ・ミゼラブルLES MISERABLESのマリウス役の人。

   

|

« 読み書きの苦手をのりこえて | トップページ | 逃亡者 第8話 »

テレビ(19) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1405637

この記事へのトラックバック一覧です: アヴァロンの霧:

« 読み書きの苦手をのりこえて | トップページ | 逃亡者 第8話 »