« マスター・アンド・コマンダー | トップページ | 暗殺の二重奏 »

熱砂の放浪者

グインサーガ93「熱砂の放浪者」栗本薫 ☆☆☆☆

 アモンと一緒にクリスタル・パレスからノスフェラスへ古代機械によって飛ばされて来たグイン。
気が付いてみれば一人きりだった。しばらく砂漠を一人歩くグイン。

 砂漠に突然、水と食べ物を持った若い女が現れる。怪しみながらもグインはその女が持っている水を飲もうとする。そこにグラチウスが現れる。女はある魔道士の術で作られたもので、水ももちろん罠だった。
グインはグラチウスと一緒にグル・ヌーに行くことにする。

 しかしグラチウスはグル・ヌーの奥に進むにつれ、このまま進むのに躊躇を覚えるようになる。

 そこのロカンドラスが現れ、グインは彼と一緒にグル・ヌーの奥にある星船に向かう。そこにはアモンがいた。

 愛する主人公グインと愛すべきひょうきん者グラチーことグラチウスが登場する嬉しい巻。
グラチー、本当はとんでもない悪党なんだけどね~。憎めない。
おまけに世界の謎に肉薄する巻で嬉しいことこの上ない。

 衝撃だったのはスカールさんの体がグラチウスのおかげで良くなったと思ったら、そうでは無かった事。
スカールさん、愛しているのに~(涙)。


 

|

« マスター・アンド・コマンダー | トップページ | 暗殺の二重奏 »

小説「な~わ」(17)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1489567

この記事へのトラックバック一覧です: 熱砂の放浪者:

« マスター・アンド・コマンダー | トップページ | 暗殺の二重奏 »