« 模倣者は踊る 他 | トップページ | さいたまチェーンソー少女 »

ビルとテッドの地獄旅行

「ビルとテッドの地獄旅行」監督ピーター・ヒューイット☆
 テッド:アレックス・ウィンター ビル:キアヌ・リーブス 死神:ウィリアム・サドラー

 ネットで調べると、ロックファンはより楽しめるらしいが、私はロックファンではないので☆一つ。
と言っても、悪いと言うわけではなく、下ネタが無いのはえらい。それなりに楽しめる。
 もちろんキアヌが好きだから見たわけだが、この役が地に一番近いと言われているキアヌ。
彼、別にバカではないけれど、バカっぽく見えるんだよね。ひたすらに人が良さそうなのも地に近そうな…。
 ビルとテッドが確立した体制に不満を持つ男が、過去にビルとテッドの偽者のロボットを送り込み、
彼ら二人を殺してしまう。
恋人達が危ないので、死んだ二人は恋人を助けようと奮闘。警察に勤める父親に乗り移って、
警察を動かそうとしたり、交霊術に夢中な母親にコンタクトを取ってどうにかしてもらおうとするが、
逆に母親達に地獄に追い払われてしまう。
 地獄では数々の危機(お婆ちゃんにキスを強要されるとか…)を乗り切り、死神に取引を申し出る。
これがボードゲームやなんかでの勝負なのだが…。

|

« 模倣者は踊る 他 | トップページ | さいたまチェーンソー少女 »

映画「な~ほ」(17) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1180941

この記事へのトラックバック一覧です: ビルとテッドの地獄旅行:

« 模倣者は踊る 他 | トップページ | さいたまチェーンソー少女 »