« 鋼鉄都市 | トップページ | 逃亡者 第4話 »

リトル・ヴォイス

リトル・ヴォイス 監督:マーク・ハーマン イギリス 1998 ☆☆☆☆
 
 ビリー(ユアン・マクレガー)は伝書鳩をこよなく愛する青年。電話工事の仕事をしている。
工事に行った先で無口な女性LV(ジェイン・ホロックス)と出会う。

 LVは母(ブレンダ・ブレッシン)と二人暮し。母親は非常におしゃべりで口が悪い、厚化粧の女だ。

 そんな母の新しい男レイ・セイ(マイケル・ケイン)。LVの家に来る。
そしてショートによる停電になった時、聞こえてきた歌声。
LVは父親が残したスタンダートナンバーのレコードを何度も何度も聞いているうちに、
歌手そっくりに歌えるようになっていたのだ。
レイ・セイは彼女を売り出そうとする。

 ユアン・マクレガーはこういう暖かみが有る役が良く似合う。「ビッグ・フィッシュ」も良かった。

 ブレンダ・ブレッシン、マイケル・ケイン、ジム・ブロードベンドと芸達者な役者がそろっている。
ジム・ブロードベンドはクラブのオーナーで、司会もやる役で、ムーラン・ルージュの役を思い出させる。

 彼女は結局才能を活かさず、ささやかな幸せを選ぶのだろう。
確かに芸能界は大変だろうから、その方が幸せかも。
結局、人まねの才能だし、オリジナルではない。
でも芸術は何でも模倣から始まるし、彼女もいつかオリジナルになるかもしれない。
大いなる才能には大いなる責任が伴う(正確じゃないかも)と言うスパイダーマン、才能を活かせ!(これもうろ覚え)と言うグッド・ウィル・ハンティング。難しいね。

 LVの父親が愛するレコード三枚の内に、マリリン・モンローのが入っているのは嬉しい。
マリリン、可愛いもの…。
フランク・シナトラの「カム・フライ・ウィズ・ミー」はどうしてもキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの方を思い出す。
ライザ・ミネリの母親だと言うのはわかったのに(そっくり)、ジュディ・ガーランドの名前が出てこなっかた。
ああ~ぼけ。
ザ・ベリー・ベスト・オブ・...
マイ・ウェイ~ベスト・オブ...
BEST of BEST
 

|

« 鋼鉄都市 | トップページ | 逃亡者 第4話 »

映画「ら~わ」(7)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1294425

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ヴォイス:

« 鋼鉄都市 | トップページ | 逃亡者 第4話 »