« 密林航路にうってつけの日 | トップページ | リトル・ヴォイス »

鋼鉄都市

鋼鉄都市アイザック・アシモフ ☆☆☆☆☆

 またまた書く物が無くなってしまいました。で、うろ覚え、昔読んだ話。

 やたらと人がいるニューヨーク。そこの刑事ベイリは地球外の住人の殺人事件の捜査を任される。
パートナーとして押し付けられたのが人そっくりのロボットR・ダニール。地球ではロボットはきらわれていた。

 このR・ダニールに私は惚れてたんだよね。後は愛しのロボットと言えば「銀色の恋人」のロボット。

 何かこの話、ファウンデーション物と繋がって大きくなるらしいが、ここではそこまで膨らんでいない。
最初はダニールに反発していたベイリが、最後には友情を感じる。
SFミステリーなんだろうけれど、私にとってはロボット友情物だね。
 

|

« 密林航路にうってつけの日 | トップページ | リトル・ヴォイス »

小説「あ~こ」(18)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1287788

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼鉄都市:

« 密林航路にうってつけの日 | トップページ | リトル・ヴォイス »