« インビジブル | トップページ | メトロポリス »

偶像崇拝

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」第7話 偶像崇拝☆☆☆☆
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 04

 ある国で革命を成功させ、今は各国でゲリラ活動をする英雄マルセロ。
何度も暗殺されそうになりながらいまだに健在である。
この男が日本に頻繁に出入りしていて、公安9課が調査にあたる。
 マルセロは暴力団と接触していた。ついに探し当てた工場で見たものは…。
 直接的には関係ないけれど「ロベレ将軍」を思い出した。と言っても見てないけれど…。
本物のロベレ将軍が死に、
変わりにある駄目男がロベレ将軍としてレジスタンス活動を探るために送り込まれると言う話だが、
この駄目男、次第にロベレ将軍のような英雄になっていくのである。
皆に英雄として扱われるうちに、英雄として行動しちゃうようになるのである。全然違う話なんだけど…。
 何か英雄を必要とする人々のために無理するところが…。
象徴って結構大事だモンね。
クルド人の事を考えると、もし彼らに一人でも国を作った英雄がいたら、
今彼らは自分達の国で暮らしていたんじゃないかと…。
あのような一人の偉大な人はどうやって出来るんだろう。教育で作れるものではないと思う。
日本はやはり幸せな国だ。

攻殻機動隊に非常に詳しいサイト:野良犬の塒

|

« インビジブル | トップページ | メトロポリス »

攻殻機動隊 S.A.C(13) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1236636

この記事へのトラックバック一覧です: 偶像崇拝:

« インビジブル | トップページ | メトロポリス »