« 磯波 | トップページ | 竈の秋 »

閑日

ラピスラズリ閑日 山尾悠子☆☆☆☆☆

 ファンタジーと言って良いのでしょうか?ゴーメンガーストを思い浮かべますが、あんなに重たくないし、ずっと硬質。
 冬眠をする館の主たち。そして大勢の使用人達。冬の館。
使用人達の天国。雪が積もった窓の桟。本来なら冬眠しているはずの少女がふと目を覚ます。
窓から外を眺めるとゴーストが急勾配の屋根の上にいる。
ゴーストは頭からつま先までをすっぽりと長い帷子で覆い隠してい、男か女かも分からない。
少女の部屋は外から鍵がかかってい、少女は外に出られない。
 今は夏だけど(といっても今日は肌寒いが)、この話を読むと冬が来る。
音を吸い込む雪の静けさ。(イヤに静かだと雪が振ってるのかなと思う)いかにも清潔な感じの冬の空気。
手足のかじかみ。冬の物語。

|

« 磯波 | トップページ | 竈の秋 »

ラピスラズリ(2) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1215297

この記事へのトラックバック一覧です: 閑日:

» 山尾悠子 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
Counter: 419, today: 25, yesterday: 2 山尾悠子 † 名前:山尾悠子(やまおゆうこ) 【blogmap... [続きを読む]

受信: 2005.02.18 15:55

« 磯波 | トップページ | 竈の秋 »