« ビルとテッドの地獄旅行 | トップページ | しずれの音 他 »

さいたまチェーンソー少女

「さいたまチェーンソー少女」桜坂洋☆☆☆

 SFマガジン2004年9月号に載っていた短編です。
 なんとなくこれが一番気になったので、これについて書きます。
 話はライトノベル風。
 見た目が良いとはとても言えない、性格も暗い、メガネっ娘が心変わりした恋人を殺して私も死のうと、
チェーンソーを持って、学校に乗り込む話。このメガネっ娘、かのテキサスのチェーンソー男の孫らしい。
(私は怖がりなので、元ネタの映画は見てません)
 この娘バッタバッタと殺していきます。なぜか逃げない学校の人たち。恋人をあっさり取った美人の転校生。
前世からの関係があると言うたった一人の電波系(しかしなぜか当てる)の友達。
そして友達よりも恋人が大事な、性格が暗い主人公。なぜか心に残ります。
チェーンソーでのアクションというのもすごい。
 最後彼女は雄雄しくも旅立つのだが、続き読みたいです。あるのかな?
よくわかる現代魔法集英社スーパーダッシュ文庫

|

« ビルとテッドの地獄旅行 | トップページ | しずれの音 他 »

小説「さ~と」(10)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1187646

この記事へのトラックバック一覧です: さいたまチェーンソー少女:

« ビルとテッドの地獄旅行 | トップページ | しずれの音 他 »