« 永倉新八、反乱 | トップページ | 視覚素子は笑う 他 »

山男

後巷説百物語Kwai books山男 京極夏彦☆☆

 山男はいるのか?
 行方不明になった娘が三年後、赤子を抱えたぼろぼろになった姿で発見された。
 山男にさらわれたと娘は言うのだが…。
 時代は明治。妖怪の仕業と片付けることが出来た時代とは違う。
 罪は罪として裁かれる。例え同情すべき点はあっても…。
 自由人が自由人として生きて行けなくなるのは少し寂しい。
 遊牧民、ロマ、ベドウィンは定住していくのだろうか。
 ベドウィンは大丈夫ではないかと思うけれど、他は危ない。
 定住人間の感傷だろうか。

|

« 永倉新八、反乱 | トップページ | 視覚素子は笑う 他 »

京極夏彦(3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45625/1194868

この記事へのトラックバック一覧です: 山男:

« 永倉新八、反乱 | トップページ | 視覚素子は笑う 他 »