書籍・雑誌

2016年9月20日 (火)

崩壊への序章 ウェイワード・パインズ シーズン2#8

ジェイソン君は恋人と二人だけで生き残る気満々。

しかし恋人は妊娠できない体で計画崩壊。
なんでジェイソン君がリーダーなんだ?
どこかの髭ぼうぼうのおじさんはアビーを殺さず配管通ってアビー達に囲まれ、殺されず。
彼女のおかげ。
崩壊するのか、この街。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

髑髏の庭 ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2#4

ティリオンはサーセイの愛人をスパイにすることに成功。

ジョフリーの残忍さが効いたな。
ロバートの庶子はあやうくマウンテンに殺されそうになるが(毎日殺してる)タイウィン・ラニスターがきて助かる。
この絶望的な城からなんとか逃げるけどさ、アリア達は。
メリサンドルは影の子どもを産む。
ああ、思い出した、バラシオンの末弟はこいつに殺されるんだよな。
兄の方は私が読んだ所までは健在で、元気に王都を攻撃してたな。
デナーリスはクァースの13人組に受け入れられる、ドラゴンを見せずに。
ザロ・ゾアン・ダクソスの口ききだが、これ、何かの罠だっけ?
ドラゴン欲しい人はいっぱいで、彼女は彼らと戦うのよね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

グレート・ギャツビー ネタバレ、覚書

  • ジェイ・ギャッツビーの本名はジェームズ・ギャッツ。
  • ギャツビーはデイジーに自分がデイジーと同じ階級であると思わせていた。
  • 残念ながらレオナルド・ディカプリオの映画は見てないが、ロバート・レッドフォードの映画は見てる。あの、ハンサムにしか似合わないと思ったピンクのスーツ、原作でもしっかり着てる。
  • デイジーの夫トムの愛人マートル・ウィルソンを轢いたのはデイジー。
  • マートルは夫に浮気をさとられ、二階に閉じ込められ、夫は遠くへ引っ越す事を考えていた。夫にぶたれたマートルは家を飛び出し、轢かれた。
  • デイジーはひき逃げした。
  • トムはデイジーが運転していた事は知らない。
  • ウィルソンは浮気相手は知らなかったはずだが、まっすぐトムの所に来、トムは彼が銃を持っているのを見て車の持ち主を教えた。
  • ウィルソンはギャツビーを殺して、自分も死んだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

グレート・ギャツビー 始まりと終わり

in my younger and more vulnerable years my father gave me some advice that I’ve been turning over in my mind ever since. “Whenever you feel like criticizing any one,” he told me, “just remember that all the people in this world haven’t had the advantages that you’ve had.”

僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。
「誰かのことを批判したくなったときには、こう考えるようにするんだよ。」と父は言った。「世間のすべての人が、お前のように恵まれた条件をあたえられたわけではないのだと」

Gatsby believed in the green light, the orgastic future that year by year recedes before us. It eluded us then, but that’s no matter — to-morrow we will run faster, stretch out our arms farther. . . . And one fine morning ——

So we beat on, boats against the current, borne back ceaselessly into the past.

ギャツビーは緑の灯火を信じていた。年を追うごとに我々の前からどんどん遠のいていく、陶酔に満ちた未来を。それはあのとき我々の手からすり抜けていった。でもまだ大丈夫。明日はもっと速く走ろう。両腕をもっと先まで差し出そう。…そうすればある晴れた日にー

だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

グレート・ギャツビー 抜粋

彼はとりなすようににっこり微笑んだ。いや、それはとりなすなどという生やさしい代物ではなかった。まったのところそれは、人に永劫の安堵を与えかねないほどの、類い稀な微笑みだった。そんな微笑みには一生のあいだに、せいぜい四度か五度くらいしかお目にかかれないはずだ。その微笑みは一瞬、外に広がる世界の全景とじかに向かい合う。あるいは向かい合ったかのように見える。それからぱっと相手一人に集中する。たとえ何があろうと、私はあなたの側につかないわけにはいかないのですよ、とてでもいうみたいに。その微笑みは、あなたが「ここまでは理解してもらいたい」と求めるとおりに、あなたを理解してくれる。自らがこうあってほしいとあなたが望むとおりのかたちで、あたなを認めてくれる。あなたが相手に与えたいと思う最良の印象を、あなたは実際に与えることができたのだと、しっかり請け合ってくれる。
ギャツビー役は微笑みが大事なんだな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

塩の街

初めの視点の人は主人公達を説明し、世界を説明する役割を果たすが、死ぬために旅をしていた。

そして主人公達は世界を救い、その後が描かれる。
私は図書館戦争は、この設定はないだろと思い、挫折したし、
空の中はそこそこ良かったが、これはとても好き。
世界も、主人公達も、非情な天才も、エピソードの人達も。
塩に侵された世界って結晶世界を思い出すね。
こっちは前向きで、あっちは後ろ向きだが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

幻獣の書 タニス・リー

タニス・リーのファンです。

闇の公子シリーズが素晴らしかったですね。

で、幻獣の書もほしい…

幻獣の書 (パラディスの秘録) (創元推理文庫)

新品価格
¥1,058から
(2015/2/17 16:01時点)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

ノーストリリア

今、本だらけで買えないけど、買いたい…。

コードウェイナー・スミスの本はエヴァの人類補完計画の元で、私は1冊しか読んでない。


ノーストリリア (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥1,058から
(2015/1/13 21:08時点)

| コメント (0) | トラックバック (0)