アニメ・コミック

2016年7月15日 (金)

漂流 エンブレイシング マクロスΔ#14

マクロス伝統の三角関係も健在。

今回は船の調子が悪いので新しいのとドッキングしないといけないのだが、
ドッキング用のシステムがなく、すったもんだの話。
ラグナからの難民達の不安もあるし、ラグナに残った人々はヴァール化する気満々のりんごを渡されてるし、王が死に、エースが負傷したので、ウィンダミアの馬鹿は被害者意識いっぱいだし…。
自分たちは偉いから、ヴァール化は加害ではないのね。
まあ、人間にも、人を道具としか思っていない人たちがいるが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

トゥラーン軍侵攻 アルスラーン戦記風塵乱舞#1

ギーヴは宝剣ルクナバートを探しに来たナルサスと会う。

タハミーネは子供を取り上げられたみたいだ。
その子がアルスラーン?
ラジェンドラが教えてくれたのでトゥラーンの兵は追い返せたが、
教えはしても兵は出さない食えないラジェンドラ。
まあ、王としてはふさわしいが。
お互いが疲弊することを望んでいる。
で、原作終わったっけ?
どうなるのかな。
蛇王が問題なんだが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

激情 ダイビング マクロスΔ#13

フレイアの歌がハインツ様に勝った。

ラグナの民はプロトカルチャーの遺跡の力で増幅されたハインツの風の歌に犯されそうになったが、フレイアの力とワルキューレの力で助かる。
味方の放った武器で死んだ人もいるかもしれないが…。
どっちもどっちだったりして、困ってしまう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

新大陸 ダ・ヴィンチと禁断の謎 シーズン2#5

えっ、ほんとに、アメリカ大陸?

なんと偽法王の息子も試練を潜り抜けたらしい。
えらく頭がいいな。
で、ロレンツォはナポリ王の試練を受ける。
歴史ではロレンツォはナポリの支援を受けるから、結果はわかっている。
ロレンツォの奥様はジュリアーノの子を身ごもった女性が盗み聞きしたおかげで陰謀から逃れる。
愛し合ってるのは、その奥様と、救い主の男みたいだが…、いっか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

キング・オブ・ウィンド マクロスΔ#12

戦闘シーン無し。

ミラージュは副長に。
連合艦隊側でも、惑星に巨大な影響を及ぼすかもしれないのに、遺跡を壊す動きがあり、
いろいろと不穏。
しかしワルキューレとΔ小隊は戦うのみ。
ハインツも歌を感じる者にも本当のプロトカルチャーとみなが繋がってる事が見えると良いな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

追憶 ジェリーフィッシュ マクロスΔ#11

調べたところ、遺跡の無い星にまで歌が届いていた。

他の遺跡も支配されれば、歌の結界が張られ、ウィンダミア人いがいの人の精神が支配される。
王は自ら出る事を決め、ハヤトはメッサーの穴を埋める事を決意する。
ウィンダミア人が自分たちが一番と信じ込んでる事がなんだが、よくあることだね…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

うしおととらの縁 うしおととら#39

最後です。

いろいろな方が犠牲になりましたが、いろいろな人が助けてくれました。
少し哀しいけど、そう幸せな日々。
どっとはれ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

最終局面 うしおととら#38

体から毒気を白面の者が放ったので、多くの者が結界から逃げなければならなかった。

しかし、うしおととらは残り、白面の者と戦う。
残った者達もそれぞれの縁により、
妖怪や死者に助けられる。
とらは鎧になった字伏達からとらはうしおから多くの物を食べたと告げられる。
これが最後に繋がるんだよね。
しょうがない、あれしかないと思う、最後は。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

閃光のAXIA マクロスΔ #10

メッサー死去。

敵のエース、キースによって。
プロトカルチャーの遺跡が無い惑星までハインツの歌によりヴァール化。
美雲とフレイアとハインツは遺跡によって別空間に意識が飛び、気を失う。
そして、除隊したはずのメッサーが現れ、カナメの歌に乗って、小隊の危機を救うが…。
人の意識をコントロールするなんてサイテーなのに、自分たちが一番すぐれた種族なのに、地球人に辱めを受けたと思ってるからな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

最強の悪態 うしおととら #37

とらは真由子の言葉で戦う気力を取り戻し、(一番堪えたのがうしおの離別の言葉だったのが哀しいな。まあ、うしおは基本まっすぐだから、いろいろわからないのだろう)、妖怪の共闘の説得に人間が応じ、ハマー機関は死ぬ前に、うしおに渡した小型キルリアン振動機を発動させ、たくさんの字伏達がとらの鎧になり、小夜は冥界の門を開けて、そこから出た死者達が白面の者を押し返し、最後の決戦になるんだな、…、とらは…そして妖怪達は…。

仕方が無いな…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧