覇王別姫 再見

豆子は6本指で、奇形ゆえに、劇団入りを断られ、母親が6本目の指を切断。

母親は女廊の女で、女郎では、男の子を養ってはくれない。

豆子は「女として生まれ」というセリフを「男として生まれ」と言ってしまう癖がなかなか抜けず、石頭がその癖を直す。

豆子はその時から、心が女性になったと言うことかな。

役者としての道が開けるが、美童ゆえに、醜い爺のえじきに。あのすさまじさ、さすが、中国、リアリティある。

で、大きくなっても、梨園(中国の音楽養成所とか。あの世界の重鎮ということか?)袁さんのご寵愛を受ける。

あの、運命の剣は、最初のひひ爺の持ち物だった、よな?そいつから袁が購入。最後まで、哀しい感じで、活躍…。

袁さんも、動きが優雅で、美しかった。

コン・リーは強気な美女で、最後まで小楼を守ろうとしたのだが…。

丸い眼鏡をかけた蝶衣、すぐには、蝶衣と気づかなかった。菊仙と小楼が愛し合ってる姿を見る事になってしまうが。

叩かれまくりの、きつい修行時代。そのやり方が正しいと信じ、小四にも同じようなやり方をしてしまう蝶衣。

ちゃんと髪型を整え、きっちりした中国服、又はスーツ姿のレスリー・チャンも美しいが、阿片吸引中の乱れた彼も美しい。

で、阿片のせいで、声が出なくなり、抜こうとするが、その苦しみの最中、母の助けを呼び、開放するのは同じ妓楼の女であったコン・リー。

西太后の名前が出てくる時代、日本兵の時代、国民党、共産党、文革と振り回されすぎなひどい時代。

日本軍は小楼の衣装をぞんざいに扱い、国民党は劇をバカにし、共産党は労働者の劇を要求、文革は京劇を否定。

蝶衣の小楼への思いは報われず、菊仙の普通の生活への望みも報われず、小楼も傷つく。

蝶衣は役に入れ込むあまり、最初から、あの剣の存在は危なかったな。

見えを張っているような、作劇的?な感じの演出。

厳しすぎる、事事。

美しさ。

いろいろ詰め込まれた傑作だと思う。

中国が再びこのような映画が作れるようになる事を願う。

鬼滅の刃 S1Ep6 鬼を連れた剣士

人を鬼にする鬼は一体しかいないとか。鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)

その鬼なら、禰豆子を人に戻す力があるかもしれぬとか。

で、初仕事。

鬼が少女たちをさらっているので、少女は家から出ぬのだが、廊下に浮かぶ黒いシミ。

そして少女が寝ると、布団の周りが黒く染まり、腕が6本出てきて、少女はさらわれる。

なかなかに怖い。

炭治郎が、技を駆使して、鬼3匹?と戦う姿がかっこいい。頼もしい!

炭治郎の鼻能力によると、鬼の匂いは同じらしい。つまり1匹が3匹にわかれているとか。

1匹は言葉話せる状態ではなく、なんかカミキリムシみたいな感じで鳴いている。

ほかは、もう十分食べたという、斜に構えた奴と、食べたいと言う奴。

16歳までの少女が良いらしい、肉が柔らかいので。

炭治郎の危機には、禰豆子が出てくるのが嬉しい^^

音楽も良い。

 

刑事フォイル S8Ep1 ハイ・キャッスル(High Castle)

ハイ・キャッスルとはこの回に出てくるウィスキーの銘柄。

 

最初の二人の少年の盗みシーンが出てくるのだが。

 

で、数年後、男が殺されて。

 

で、フォイルは、その男が持っていたメモに、情報機関にとって大事な男の名前が書かれていたので、殺人事件の調査を命じられる。

今回のキモは、女性問題かな。

戦争が終わって、主任を解かれた女、アダムに抗議。

しかし、女性の後釜は、戦争で傷を負ってしまった男性だったりして。

いや、その前に、女性は子ども産め!みたいな風潮もあり、組合も女性には冷淡。

サムも妊娠したが、仕事は続けたい状況なので、子ども育てろよ!っていうアダムと対立。

ま、サム、危ない仕事を引き受け、後悔するのだが。

アダムも女性の事があり、外と内で態度が違いすぎたと反省。

男が帰ってきたら、女性は降格はきついが、あの傷痍軍人もきついわ。頭抱える問題だぬ。

事件そのものは、語る必要はないかな。

いつものように、上司と対立するのだが。

バレンタイン役のティム・マクマラン(Tim McMullan)、ビロードのような良い声だな。

今回、英語を聞いてみました。

最後に出てきた女性は、殺された男の妻かな。

透析治療を受けにアメリカへ。その資金は夫が持ち帰ったダイヤ、収容所に入れられたユダヤ人の物。

私も、フォイル同様、目の前にいないユダヤ人より、目の前の病気で苦しんでいる女性の方を取るかな。

正義って一体なんだ?

 

歴史秘話ヒストリア 五・一五事件 チャップリン暗殺計画

チャップリンが運転手に応募した高野虎市に会った頃は、移民としてやってきた日本人に対する反発が強かった頃。

チャップリンは自分を「世界市民」と言い、日本人にも差別なく接した。

世界を旅する事を決めたチャップリン。

ヨーロッパ各地で愛国心が高まっていて、戦争の匂いを感じる。

五・一五事件の首謀者は日本で首相と会うチャップリンの暗殺計画をしていた。

海軍軍縮に反発していた海軍。

アメリカ人を暗殺する事によって、海軍軍縮を無しにする計画。

シンガポールで病気になったチャップリンは遅れて日本に着きそうだったが、

香港で歓迎されず、すぐ日本に行き、その航海も順調で、日本に早めに到着。

しかし、皇居前で頭を下げる、それができないのであれば、せめて車を降りてくれとか、

しじゅう心配そうな高野の様子に、チャップリン、自分から、首相に会うのを後にして、相撲見物を提案。

難を逃れる。

高野、チャップリンの金遣いの荒い妻と対立、辞める事に。

独裁者、その頃ヒトラーの人気は高く、素晴らしい政治家を揶揄していると批判されたが、蓋を開けてみれば好評。

(映画のシーン、ヒトラーとムッソリーニの相手より椅子高い作戦は素晴らしいな。私も、ヒトラーと地球儀風船のシーンは好き。

そして、もちろん、最後の感動の演説シーン)

戦後、高野は、チャップリンとの関係で、影響力が強すぎると六年くらい?収容所入り。

出た後は、市民権を無くした日系アメリカ人のために尽力。

一方、冷戦になり、その考え方が共産主義的と考えられたチャップリンは、国外追放。

その後、高野が反アメリカ的だと証言してくれれば、国外追放を解除すると言われたが、応じず。

晩年、故郷の広島に住んだ高野。

アメリカからチャップリンが日本に来たが、チャップリンは常に前を向いている人だからと、会いに行かない。

PSYCHO-PASS S1 Ep6 狂王子の帰還 再見

狂王子って誰だ?

槙島の事か?

今回、S2のラスボスっぽいの登場。ラスボスの一部と言うべきか。

大事なパートナーを無残に殺されたら、しかも、相手が、さしたる理由もなく殺しているとわかったら、その相手、抹殺したいよな。

どう見てもシビュラシステムが間違ってる。

今回の槇島の手先は、シェイクスピアでは、マクベスやタイタス・アンドロニカスが好み。

タイタス・アンドロニカスは残酷過ぎて、一番人気がない奴ね。

あの、ネット遮断されていた工場の事件からなのか?、誰か黒幕がいて、手段を調達して、勝手に殺害動機を持つ相手に送りつけてたと判明、とういか、そうだろうと思われる。

しっかし、今回の手先は、なんで、あんな風になったのかな。彼女は、槇島のような特殊例ではないだろうし。

あの、彼女の虚ろさに気づいた少女が犠牲にならない事を祈る。

今回の犠牲者、色相が濁るのも当然だよな。母親の再婚相手が自分をいやらしく見つめていて、彼女の部屋に勝手に入っている。母親に訴えてくても、彼女の父親の借金を返すには、その男の力が必要となったら…。

酒は今では、中毒になる事を恐れるあまり、ほとんど飲まれておらず、そんな事関係ない執行官の方が飲んでいると判明。

執行官の六合塚(くにづか)弥生と分析官のセクシーな女性、唐之杜志恩(からのもり しおん)は恋人関係にあるみたい。

どろろ 18 無常岬の巻

百鬼丸、いたち、しらぬい、多宝丸達、四つ巴の争い。

アクションが素晴らしい。

音楽が素晴らしい。

いたち、最後にどろろをかばってくれた。

しらぬいの爆弾による、岩崩壊で兵庫は死んだのだろうか。

彼の大きな鉄槌による戦いは素晴らしかった。

百鬼丸を殺したとして、どのくらい、醍醐の地はもつのだろうか。

百鬼丸がどろろにあって、顔を近づけるシーンはドキドキした。

ま、キスは無いよね。

どろろこそ、ただ一人、自分のそばにいる者として、再認識したから、その存在を確認したかったのだろう。

 

おしい刑事 2

風間俊介がジャニーズとは信じられないぐらい、顔、イケメンとは言い難いが、演技、コメディ演技がめちゃくちゃうまい!

いや、ジャニーズ関係ないや。

今回は押井は嫌いなツンデレ属性の美人語学力バカ高刑事、灰田(石川恋)が、犯人間違えるので、事件解決に関わりたくない押井を、1時間ねばって、連れ出す。

彼女、小さい時に、警察が取り合ってくれず、悲しい思いをしたらしい。

押井は、犯人は間違えるが、かならず事件を解決するんで。

で、今回の、恋の相手、&、犯人はおまえだ役はメイファちゃん(久保田紗友)、中国人。

犯人はヘルスの意味を知らなかった人。

押井が推理を詰めてくれたおかげで無事解決。

伊多田清(いただき! 板尾創路)が、押井が犯人ではないと言った人物が犯人だと、最初に光一を捕まえるのが笑えるな。

ある意味、それほど信頼されてる押井。

真犯人は、押井の推理を聞いて、ちゃんと真犯人を当てた灰田がしっかり、逮捕する。伊多田が逮捕しようとするが…。

とにかく、風間俊介さんが素晴らしい!

酒が飲めず、彼女に好かれるための嘘も言えず、大泣きする、押井、かわいい^^

刑事フォイル S7 Ep3 ひまわり( Sunflower)

どうすればいいんだか、判断が難しいお話。

 

アダムの方は。

戦中に、戦後に時価で買い戻せるという条件付きで、国の事を思って、自分の広大な土地を売った人が、戦後、土地代が2倍になった事を不審に思い(おかげで買い戻せない)、いろいろたらい回しに会い、アダムに陳情。

その土地には、アダムが尊敬する政治家が関わっていて、残念な事に、土地の見積もりをした人は、政治家に言われて、2倍にしていた。(土地の元所有者が襲われた事は関係なかった)

なんでって、土地の元所有者は、土地で金儲けを考えていたが、政治家としては、戦後のイギリスにとって大事なのは、食料なので、農地にしておきたかったから。

動機はよくても、個人に嘘をついたって事で。まずいよな。その元所有者、土地買い戻すために、苦労してたし。

政治家は辞職。

フォイル(マイケル・キッチン Michael Kitchen)の方は、国益に適うので、ナチの男(ラース・アイディンガー Lars Eidinger)を守らなければならなくなり。

その男、まあ、本人が言っている通り、あの状況で、捕虜を連れて行くのは無理があるのだが、最後の生き残りは、今も、ひまわりの記憶と共に、ひどく苦しんでいる。

ナチの男は、仕方なく殺したようには見えないし。

楽しんでいたとも言えんが。

結局、フォイルとバレンタイン(ティム・マクマラン Tim McMullan)は組織の上層部を裏切り、アメリカに彼を引き渡す。

見事なフォイルの推理のおかげで、ナチの男が生きている事も(あ、確かに負傷していた。気づかんかった)、どこから逃げるかも、おわかり。

あれで良かったんだろう。

諜報活動的に良かったかどうかわからん。

ま、上層部は、アメリカに引き渡すと言いながら、裏切っていたわけで。

しかし、ナチの男も、下宿先の主人も、その下宿の住人も見事にタバコを吸っていて、なんか印象的。

ナチの男がタバコを捨てると一瞬、捨てられたタバコが光った。

 

NHKスペシャル「”駅の子の闘い~語り始めた戦争孤児~」

戦災乞食と呼ばれた戦後の駅の子達。

幼い弟と妹を連れ東京に仕事を探しに来た少女。
仕事は無く、駅に泊まった。
終戦直後の上野は連日のように死者が出た。
終戦からかなり経っているのに、今でも涙が出る。
一日一本のさつまいもを他の人に見えないようにして、兄弟三人で分け合う。
大人は駅の子供のことなど気にしなかった。
三ヶ月後お金が尽きる。
彼女は弟と妹を預け、自分は仕事探しをする。生き別れになる。
東京都養育院。やせ細った子ども達。
たくさんの子供達が死に、土葬した。
政府は孤児を家庭に預けようとしたが、支援は無く、家庭にとっては負担となるだけだった。
ある少年は栄養不足で失明しそうになった。
親戚の家から逃げ、駅の子になった。
親戚の家では、言葉でいじめられた、と言うより、責められた。
お金も食べるものもなく、盗みをするようになった。
そして、栄養不足から、深夜激しい頭痛に襲われるようになり、片方の目がほとんど見えなくなった。
仲良しのかめちゃんが世話をしてくれた。
政府は失業者の増加と大勢の引揚者の対応で忙しく、子供の事は無視せざるを得なかった。
しかし戦中では孤児達は靖国の子として、大切にされた。
靖国の子の一人は広島。母親は一ヶ月苦しんで死んだ。ぐじぐじとした背中にはウジが這っていた。
彼は株式の世界に入る。
やはり昔の事を思い出すと涙が出る。
GHQが対策を求めた。
浮浪児を一週間以内に東京からいなくなるようにし、専門の施設を作れと要求。
しかし、施設には食料は足りず、体罰を行う施設、檻に入れる施設も出、脱走する子どもたち。
世界が豊かになっても、駅の子は貧しく、世間の目は無関心から、憎しみに変わった。
出てけと言われ、食堂で食べようとすると水をかけられ、野良犬と言われ。
学校には孤児だけを集めた教室があり、黒板に犬小屋とか書かれ、教師はそれを消さず、物が無くなると孤児がやったと言う。
あの優しいカメちゃんは列車に飛び込んだ。
社会に逆らって生きてやると思った。
熊谷徳久元死刑囚。生涯、犯罪を続けた。句読点が無い文章。人のものを奪っても食べる。盗んでも食べる。
犯罪者の7,8割は子供の頃、人間らしく育てられてない人ばかりだったという死刑囚。
児童福祉法が出来、子供の人数に応じたお金が配られるようになった。
疥癬、梅毒第三期、子どもたちの病状。
カメちゃんを亡くした小倉さんはあちこちを転々とし、両目が見えなくなったが、京都で保護され、施設に入れられる。
施設の職員に反抗してばかりの小倉さんを施設の指導員の黒羽さんが銭湯に連れて行く。
疥癬にかかった小倉さんの背中をさすってくれた。初めての事で心が動く。その後も黒羽さんは小倉さんを気にかけ、彼はマッサージ師になり、家庭を持った。

ワッと泣きたい時がある
父さん 母さん 遇いたいよ
ゆうべ見た夢 母さんの
だっこしている 僕の夢

施設の歌。

兄弟と東京に出た金子さんは結婚したが、上野駅で暮らした事は夫には言えなかった。

学校でいじめを受けた人は学校を一日を休まず、優しい先生になった。

しかし、昔の事は忘れない。日本人は人間は冷たいところを持っている。

小倉さんは、体験を話し始めた、自分の体験を今の人に活かしてもらうために。

目撃!にっぽん「故郷と祖国~加藤登紀子 サハリンへの旅~」

樺太に行く加藤登紀子さん。
ロシア人が百万本のバラを歌って出迎える。あの国の歌だものね。
国境の手前の川、小さな川、そこで沢山の人々が命を落としたそう。
一部、ロシア語で百万本のバラを歌う加藤登紀子さん。
40万人の日本人が暮らしていた。
1400人以上の人が残された。
日本、ロシア、朝鮮の料理がそろっている、日系ロシア人の食卓。
ウォッカで乾杯。

14で子供を産み、そのため日本に帰る事ができず、子供が憎かったと言う女性。
そして日本人への差別。
桜への思い。
40を過ぎてソビエト国籍を取得。5人の子供がいた。
加藤登紀子さんが生まれたのはハルビン。
満州鉄道の社員だった父。
三人兄弟の末っ子の加藤さん。
2歳8ヶ月までハルビンで育った。
戦後、飢えや寒さで17万人が死んだ。
加藤さんの家族は全員無事に日本に帰った。
お店で働いて、祖国を失ったロシア人に出会う。
サハリン生まれの北海道人、加藤登紀子さんのサハリンでのコンサートに行くために、サハリンに行く。
日本に帰り、財産をなくし、行商をして、父や家族を亡くした、貧しくて。
樺太の神社は今は日本に勝利した記念の広場になっていた。
「ふるさと」を歌いながら、故郷はサハリンと言う女性、かつては日本、今はロシア。
彼女は日本の魂になりたいという、死んだら。ひ孫もいるが。
最後にふるさとを客席の人と歌う登紀子さん。

«映像の世紀プレミアム 第10集「難民 希望への旅路」

カテゴリー